ぎっくり腰の整体治療

札幌でぎっくり腰の整体治療なら谷井治療室

札幌ぎっくり腰整体治療院 ぎっくり腰画像ぎっくり腰の整体治療についての詳しい説明は、以下のアドレスをクリックしてご覧ください。↓ ↓ ↓

札幌整体ぎっくり腰専門整体治療院 谷井治療室 http://www.taniithiryousitu.com/strained-back/

ぎっくり腰とは、突然の腰の痛みに襲われ、そのほとんどが強い痛みのために体を動かすことが困難になる急性の腰痛症です。

ギックリ腰の原因としては、腰部の筋肉や筋膜、腰椎椎間関節の関節包の捻挫によるものと思われます。

ぎっくり腰の患者さんの臨床上の特徴は、腰部の筋肉の硬さのアンバランスが見られます。例えば、腰部の筋肉を触診すると、右の腰部の筋肉は柔らかく平坦な感じがするけれど、逆に左は硬く盛り上がっているという感じです。

ぎっくり腰の方は、この腰部の筋緊張の左右差と同時に、腰椎の捻じれが混在しています。腰椎は側方への弯曲と、回旋が複合した形の歪みを持っています。これにより、腰椎間を繋ぐ椎間関節に無理がかかる状態が起こります。特に椎間関節を包む関節包に無理な力がかかり続けます。

常に関節包に無理な力がかかっているため、そこには余裕がない状態が続いています。そのため、ちょっとしたストレスがかかると、破綻を来たし、ぎっくり腰となってしまうのです。

ぎっくり腰整体治療の関連筋

ぎっくり腰整体治療院 札幌 腰方形筋画像

【ぎっくり腰整体治療の関連筋 腰方形筋】

腰部の筋肉もまた然りで、緊張に左右差があるということは、一方は頑張り過ぎになり、逆側はさぼり気味になります。ぎっくり腰の整体治療において最も重要な腰部の筋肉は腰方形筋です。この筋肉はぎっくり腰だけでなく、坐骨神経痛や、脊柱管狭窄症などその他の腰痛症における整体治療にも欠かせない筋肉です。

腰方形筋は、ぎっくり腰の整体治療で見逃されがちな部位で、通常の整体やマッサージなどでは脊柱起立筋群は重要視するが、腰方形筋の方は割愛されてしまいます。その理由は、腰方形筋の位置が腰部外側の深部に位置するため、整体治療の際に触診や施術がしづらいということからです。

ぎっくり腰の際には、腰方形筋の緊張が強くなり、特にその左右差が強くなります。実はこの緊張は、ぎっくり腰になる前から存在しているのです。日常の悪い姿勢や、疲労の蓄積で骨盤や腰椎の歪みが強くなると、腰方形筋が緊張度を増して、それ以上歪まない様に筋肉による自然のコルセットをつくります。

しかし、頑張り続けている側は常に仕事をし続けていることになりますので、疲労の蓄積が起こりやすく、こちらも破綻を来たし、ぎっくり腰となってしまいます。

腰部の筋肉を包む筋膜も、緊張を強いられている側は、いわゆる肉離れを起こしやすくなり、これが破綻を来たすと、ぎっくり腰になるのです。

この様にぎっくり腰の原因部位は様々ですが、その背景には体のバランスの左右差が大きいという根本的な原因があるのです。ぎっくり腰は一度なると繰り返しやすいとよく言われます。それは何故かといいますと、ぎっくり腰とは、急性の腰痛症または、腰部捻挫の急性症状のことを言いますので、そこには炎症反応があります。この炎症は1~2週間もすれば、たいがい治まってしまいます。

しかし、ぎっくり腰の原因である、身体のアンバランスは残ったままなので、疲労やストレス、無理な姿勢などが重なると、左右差が強くなり再びぎっくり腰を起こしてしまうのです。

ぎっくり腰は、症状としては腰が痛いので、治療のポイントも腰ばかりに目が行きがちですが、実は腹部の筋肉に問題があるケースが多くあります。腹部の筋肉と言っても表層部の腹直筋や、腹斜筋などではなく、深層部の筋肉になります。

札幌 整体ぎっくり腰治療院 大腰筋画像

【ぎっくり腰整体治療の関連筋 大腰筋・腸骨筋】

その筋肉は、大腰筋と腸骨筋です。これらの筋肉は腰椎を前面から支える重要な筋肉で、腹部の最深部にあるため触診が難しく、的確に診断し施術することを困難にしています。

ぎっくり腰の際には、大腰筋の緊張に左右差を生じます。これにより、ぎっくり腰の患者様の立位の姿勢を見ると、前傾姿勢になり腰がくの字に曲がった形になります。

ぎっくり腰の整体治療で、この大腰筋と腸骨筋が的確に治療されると、ぎっくり腰の回復が劇的に良くなることがありますので、絶対に外せない筋肉です。

ぎっくり腰整体治療と仙腸関節

札幌ぎっくり腰治療院 谷井治療室 骨盤画像

【ぎっくり腰整体治療の重要部位 仙腸関節】

また、ぎっくり腰やその他の腰痛症に関わる重要な箇所が、骨盤の仙腸関節になります。この関節の機能障害が全身のバランスを崩す大きな要因になります。谷井治療室では仙腸関節を細分化して矯正する独自の治療方法を行っています。

次に重要な関節が第5腰椎と仙骨の間の腰仙関節と、第4腰椎と第5腰椎の間の椎間関節になります。この2か所は腰部椎間板ヘルニアの最も多く発生する部位で、力学的にも大きな力がかかる部分です。腰椎の椎間関節の関節機能の改善にも、様々な治療法がありますが、ぎっくり腰の患者様でも痛みや無理のない方法で的確に施術します。

これらの理由から、ぎっくり腰の整体治療で大切なのは、左右差と前後差のないバランスのとれた状態に調整することです。きっくり腰になりやすい方は、「ぎっくり腰の芽」をもっています。その芽を摘まないと、ぎっくり腰を繰り返しやすくなってしまうのです。

そのためには、まず正しい診断が大切になります。谷井治療室では、キネシオロジーテストを使って、ぎっくり腰の真の原因を調べます。そして、オステオパシー、カイロプラクティック、MTS療法などを用いて、それぞれのぎっくり腰の状態に合わせた施術を的確に行います。

巷では、「ぎっくり腰一発解消!」「ぎっくり腰を一発で治す!」などの宣伝を見かけますが、谷井治療室ではそのようには考えていません。何故ならば、ぎっくり腰は腰部周辺のケガと捉えていますので、いくら良い治療をして、治るべき環境を整えても、ケガが癒えるまでにはそれなりの時間は必要なのです。

ただし、整体治療を何もしないよりも、確実に回復は早くなります!

的確に整体治療をすることにより、バランスの良い身体となり、ぎっくり腰が治りやすく、再発しづらい状態になります。

ただし、いくら整体治療でバランスを整えたといっても、これは恒久的なものではなく体は日々変化していきます。

ぎっくり腰の芽を育てないで、快適な毎日を過ごすために定期的な施術をおすすめいたします。

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村