健康も運命も決断力が大切です

東京から札幌に来てすぐに、財団法人天風会のPRの一環で、札幌グランドホテルにて、当時、衆議院議員であった、尾身幸次氏による講演会がありました。義父の紹介で、妻と二人で参加したのを昨日のように思い出します。

それまで、中村天風師関連の著書は、30代の頃から何冊か読んでいましたので、尾身幸次氏のお話も大変良く理解できました。

北海道に移住する際に乗って来た、太平洋フェリーの中で読んでいた本も、中村天風師の「成功の実現」だったのです。

ここで中村天風師の略歴をご紹介いたします。

明治9(1876)年生まれ。 日露戦争の軍事探偵として満蒙で活躍。帰国後、当時不治の病であった肺結核を発病し、心身ともに弱くなったことから人生を深く考え、人生の真理を求めて欧米を遍歴する。 一流の哲学者、宗教家を訪ねるが望む答えを得られず、失意のなか帰国を決意。その帰路、奇遇にもヨガの聖者と出会いヒマラヤの麓で指導を受け、「自分は大宇宙の力と結びついている強い存在だ」という真理を悟ることで、病を克服し運命を切り拓く。帰国後は実業界で活躍するが、大正8年、病や煩悶や貧乏などに悩まされている人々を救おうと、自らの体験から“人間の命”の本来の在り方を研究、「心身統一法」を創見し講演活動を始める。 この教えに感銘を受けた政財界など各界の有力者の支持を受け「天風会」を設立。その後50年にわたり教えを説く。 東郷平八郎、原敬、北村西望、松下幸之助、宇野千代、双葉山、稲盛和夫、広岡達朗など、その影響を受けた人々は多様で、自らの人生、事業経営に天風哲学を活かしている。 昭和43(1968)年、92歳で生涯を閉じる。    「公益財団法人天風会ホームページより」        

尾身幸次氏も中村天風師の薫陶を直接受けた方であるのため、そのお話にも説得力があり、時折、拳で机をたたきながら、熱弁をふるっていました。

安定打坐(あんじょうだざ)など、書籍だけでは理解が難しい内容に対しても、講演会を通して理解を深めることができ、大変有意義なひと時を過ごすことができました。

札幌で新しく中村天風師の教えを学ぶ会を発足するということになり、私たち夫婦も早速入会させていただいたのです。

その当時は、札幌天風同好会という呼び名で会の活動を行っていました。参加者のほとんどが会社の経営者達で、私たちの様な年代の人間は少なく、ちょっと場違いな感じでした。そんな中でも皆さんには大変親切にしていただき、今でもそのご恩は忘れません。

その時に強く感じたことがあります。経営者の方々は皆、勉強熱心だということです。何歳になっても学び続けている姿勢に私も感銘を受けました。いろいろな方とお話をしてみますと、経営者と社員とは全く違う思考を持っていることに気づいたのです。

中村天風師が、成功のために必要な人間の6つの力について以下のように述べています。

  • 体力
  • 胆力
  • 判断力
  • 断行力
  • 精力
  • 能力

これらの6つの力が、人が真に健康に生きるために必要とされるもので、逆に健康や運命が阻まりし時にこそ、これらの力が大切になると中村天風師は述べていました。

札幌天風同好会のメンバーも前向きな積極思考の方ばかりで、6つの力の内の「判断力」と「断行力」にかけては、皆群を抜いていたと思います。この判断力と断行力を別の言葉で表現すれば、決断力となります。経営者の方々に共通していたのは、この決断力が普通の人たちよりも、はるかにあるということです。

人はどんな方でも、様々なひらめきや、インスピレーションを受けています。そのひれめきを前向きに判断し、瞬時に行動に移すのか、それとも逆に否定的な見解を示し、できない理由をあれこれと並べ立てるのかで、受け取る結果は180度違ってくると思います。

病気だからとか、お金が無いとか、時間が無いとか、様々な出来ない理由は上げられますが、こうやって何も進化向上のための行動を起こさないと、自分の健康も運命も、生活環境も何も変わらないと思います。

人は基本的に自分の環境を変えることを嫌います。身体の生理機能でもホメオスタシス(恒常性維持機能)というものが存在し、体温、脈拍、体液のpH(ピーエイチまたはペーハー)などを、常に一定範囲に収めようとします。これらの機能は、外部環境の変化から体の内部環境を守るという意味では大変重要な働きで、これなくしては生命の維持はかなわないのです。

だからといって、自分の習慣などを変えないとどうなるのかは、よくわかると思います。ほとんどの人が同じルーティンの中で日常を送っています。朝同じ様な時間に起きて、同じように歯を磨いたり顔を洗ったり、服を着替えたり、食事をとったりと、毎日毎日、同じような習慣の中で生きているのです。

気が付いてみれば、1年前とさほど変わらない人生を、送っているという方が多いのではないでしょうか。それ程、人は本質的に変化を望まない生き物なのです。これはいわゆる本能的なものなのです。

先に述べた経営者の方々は、先天的なのか後天的なのかは分かりませんが、一般人から見るとちょっと変わっている人種で、常に変化(進化向上)を求めているのです。それもストイックなほどにです。

ストイックといっても、これは傍から見てということで、当の本人達は楽しんでやっているのかもしれませんが・・・

私も治療院の経営をさせて頂いておりますが、遅まきながら、今その立場になって、決断力の大切さを、おぼろげながら感じています。(だからといって、できるわけではありません)

日々の臨床においても、良く治る患者様と、そうでない方との差にこの様な決断力というか、覚悟といっても良いようなものの有無を感じることがあります。

一歩踏み出すのも決断、その場にとどまるのも決断ですので、どちらも優劣で判断されるものではありません。しかし、一度きりの人生であるならば、後悔のないようにチャレンジしていくのも一考ではないでしょうか。

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村