水野南北 開運の極意

水野南北(みずのなんぼく)は、江戸の中頃に京都に住み、聖徳太子を教祖として尊び、さらに神道、儒教、仏教の三道を深く研究した。 尚、三年間、散髪屋の小僧になって頭の相を研究し、三年間、風呂屋の三助(さんすけ)〔銭湯で垢すりや髪すき等のサービスを提供する男性のこと〕をして体の相を研究し、三年間、火葬場の隠亡(おんぼう)〔火葬場において、死者を荼毘に付し、遺骨にする仕事に従事する作業員〕をして、死者の骨相を徹底的に究めるなど、東西の相法を研究するのみではなく、実地についても深く研究を積み重ね、百発百中当たらざるなしといわれた古今東西、類をみない権威者で、門弟、六百余人と称せられた。

「水野南北 開運の極意」・・・・万に一の誤り無し

私は長年、ずっと人の人相を占ってきたが、ただ人相のみで判断すると 金ができ出世し長生きをする相の人で 貧乏し若死にをする人があり、 貧乏で若死にをする相の人が 実際では金ができ、 出世をし長生きをする人があって なかなか当たらぬことが多く残念に思っていた。

ところがある時 ふと食物が大事では?と気づき、 人の運不運、寿命はみな食物、飲物をつつしむか、つつしまないかによって決まるのではあるまいかと、ためしてみたところ、一年前には大難が来るようになっていた人が、 断然飲食いをつつしんだため、大難をまぬがれただけではなく、かえって良いことがあり、生涯貧乏である相の人が 飲食をつつしんだため相応の富貴を得て、今は大変出世している人があり、前々から病弱短命と判断していた人が、毎日飲食をつつしんだため、心身共健康で 長生きしている人が少なくなく、こんな例をあげると数えきれない程である。

それからは、人を占うのに まずその人の飲食の様子をきいて、それによって一生涯の運、不運を判断したところ、万人に一人の失敗もないことがわかり、 人の運命は全く飲食一つであると確信し、私の相法の極意であると定めた。

そしてこれを人にすすめるだけではなく、 私自身が率先して実行し、一生涯、唯、麦を一日一合五勺だけとし、(現代では玄米一日一合から一合五勺) 酒は大好物だがこれも一日一合と定めた。

これは唯自分のためばかりではなく、みんなが一日も早く飲食をつつしんで、開運幸福長寿を得られるように、切望してやまないからであった。

人間一生の吉凶は皆ただその人の飲食による。恐るべきは飲食である。

つつしむべきは飲食である。

飲食がもちまえより少ない人は人相が悪くても吉であり、相応の幸せを得、長生きし晩年幸福である。

飲食がもちまえより多い人はたとえ人相が良くても何事も順調に行かず、手遅ればかりで生涯気苦労が絶えず、晩年不幸せである。

少食で、厳しく定めている人は、たとえ貧乏して悪い人相であっても相応の幸せがあり、長生きして何事も大抵不自由することなく晩年幸せであり、ひ弱そうに見えても病気をすることがない。

大食であって、その上量も時間も決まっていない人は問題外で一生涯運はよくならず、ついに家庭をこわし、病気になる。

飲食に定めがあっても時々少しでも多かったり少なかったりすると、収入もまた多かったり少なかったりする。

飲食が一定していて変化がないと収入もまた一定して変化がなく、ただ食事を一定して厳重に守るのが良い。

寿命の長い短いは、ただ人相だけでは定めにくく、平常の食事の量を調べて占うと万人に一人の失敗もない。

病気のない吉相の人であっても若い時から毎日贅沢な食事の人は年をとって胃腸の病気になる。

毎日仕事に精を出すだけでは立身出世するものではなく、一所懸命、倹約して、大食をつつしみ少しでも天から頂いている食物を延しこれを基礎として立身出世を計るより他はない。

飲食に贅沢三昧をし、したい放題をして、立身出世を望むのは大馬鹿だ。返す返すも飲食をつつしむことが第一です。

厄年に大難の相があってもいつもおごった食事をせず厳重に定めている人は厄をまぬがれる。

酒や肉を多く食して肥え太った人は一生涯、出世発展することがなく、つつしまないと晩年不幸せである。

自分が後々、立身出世しようと思うならばまず第一に食を減らして厳重に定めること。

これができる人は必ず立身出世をし、できない人は生涯立身出世の見込みがない。

繁盛している家の運が尽きてつぶれようとしておっても、もし後継ぎの主人がその食事を減らして厳重に守ると収入が自然に伸び、家運は栄える。

たとえ貧乏で苦労の多い人相でも自分自身で、貧乏人らしく粗末なものを食べ、これを厳重に守り抜くときは自然に貧しさから抜け出して相応の財産ができる。

これを自福自得という。 普通、「気が強い」というのは、ただ強気一方で、がむしゃらに非道を押し切ってするのをいう。酒や肉を、たらふく飲み、たらふく食べていかにも元気強そうに見栄を張るのは、本来、天理に背くもので長くは続かない。

つつしみがあって、そうして身を立てる人であってこそ、始めていついつまでも長続きする。

たとえ千日千夜祈ったとしてもそこに誠がなかったならば、決して神命には通じない。

もし誠をもって祈ろうと思うならば、自分の命を神にささげよ。

飲食は、わが命を養う本であり、飲食をささげることは自分の命をささげるのと同じである。

神は正直な人の頭(こうべ)に宿られる。濁ったものは受けられない。

ふだん三椀であれば、毎日お膳に向かって、自分の信ずる神仏を心に思い祈るならばどんな願いでも叶えられないことはない。

一つの道に秀れているものは、たとえつつしみが堅固であったとしても天は更に困窮を与えられることがある。

これは更に一層道に励まそうとされる天の御心である。

大人はこんなことに心を煩わされずますますその道に励むので、遂に天下に名を残す。

小人は心がすぐに乱れてつつしみを捨て、天を恨むので、一生ふらふらして目的を達成することができない。

たとえ小人であっても飲食をつつしんで、厳しく決めると心は乱れない。

心が乱れなかったなら、そのうちにきっと目的を達すること疑いなし。

だから先ず飲食をつつしみ、そのほかどんなことでも善いということを実行して天運を待っておるがよい。運はめぐるである。善いことも悪いこともみんな自分の実行に従ってまわってくる。

運は報いである。 自分で一度善いことをすれば、その報いは必ず自分にまわってくる。吉凶ともその報いがまわってくることは、天地の法則である。

運は、はこぶである。自分の行う善事が小さくてもこれをだんだん積み重ねていくときは、終いには天下の大きな善事を成し遂げる。

命のある間はどんな人にも運がある。朝早くから起きて、毎日の仕事に精を出し、その上飲食をつつしんで怠らなければ、自然に天理にかなって運は段々開けてくる。これを開運という。

飲食をつつしんでおると心も体も健康で、気が自然に開けてくる。気が開けると運もそれにつれて開けてくる。決して誤りはない。まず三年つつしんで見なさい。それで、もし運が開けなかったならば、世界に神様はおられない。水野南北は天地の大敵である。

人相の善い悪いをはっきり知ろうと思えば先ず自分で飲み食いをつつしみ、いっさいの無駄をなくし、そうして三年続けたならば、人相の善し悪しは自然にはっきりする。私はいつもこれを実行して、自然の善し悪しを自分で十分に納得してから、みんなの人相の判断をした。これが占いの大道である。 自分でこれをしなくて、どうして人の善し悪しを占う事ができよう。人を占うことは要は自分のつつしみだ。私の相法皆伝の極意はけっしてこのほかにはなにもない。              

「水野南北 開運の極意」より~

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村