治療は基礎が一番大切です

谷井治療室の治療では、患者さんの身体を調整する際に、いきなり高いレベルの調整をするのではなく、階層的もしくは段階的に施術をしています。

何故ならば、初診の患者さんや、前回の施術から長期間あいてしまった方などは、身体的なバランスがかなり狂っているため、基礎からつくり直さねばならないからです。

聖書のマタイによる福音書における山上の説教で有名な7章24~27節でも家と土台について記されています。

「そこで、わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている。

雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲っても、倒れなかった。岩を土台としていたからである。

わたしのこれらの言葉を聞くだけで行わない者は皆、砂の上に家を建てた愚かな人に似ている。

雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家に襲いかかると、倒れて、その倒れ方がひどかった。」

何事も基礎、土台が大切である。施術においても、土台ができていないのに、その上に様々な施術を積み上げてしまうと、砂上の楼閣の如く崩れ去ってしまうのです。

この様な理由から土台がしっかりできてから、次の治療を前に進めることは一見、遠回りなようで実は近道なのです。体が治るためには時間と回数が必要で、これはビルを建てるのによく似ています。

皆様もご存知のように、大きなビルを建てるには、まず深い穴を掘り基礎をしっかりとつくります。

そして、その基礎の上に一つ一つ階を積み上げていくのです。人の体も基礎的な部分ができていないと、肉体の改善もままならなくなります。体は全身がそれぞれ繋がり合っていますので、基礎がしっかり出来上がると、他の部分もそれに連動して変化していきます。この変化に全身をなじませるのには、少し時間が必要となります。

そして、この段階を足掛かりに、さらにその上のレベルの施術を行うと、またそれに応じて全身が変化します。

そしてまた、ここを足掛かりとして、その上のレベルの施術をするというように、一つ一つ階段を昇るように施術を行うと全身のバランスがさらに安定してきます。

この様に階を積み上げる時には、2~3階をいっぺんに積み上げることはできないのです。このあたりの判断は、臨床経験とともに、キネシオロジーテストにて診断するとわかるのです。キネシオロジーテストでは、患者様の体が本当に望んでいる施術箇所しか基本的には出てきませんので、これにしたがって施術をして行けばオーバーアジャストになるリスクは少なくなります。

私も駆け出しの頃は、ここの判断をミスして、ずいぶんと失敗したものです。

臨床家として、これらの失敗は、一生忘れることはないでしょう。そしてこの失敗から学んだ基礎、土台の大切さをこれからの臨床への礎として歩んで行きたいと思います。

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村