背中の痛みと整体治療

背中の痛みとか背中の張りを主訴として、谷井治療室にご来院してくださる患者様は多くいます。実は背中の痛みはかなりの割合で発生している症状なのですが、首こり、肩こりや腰痛に紛れてしまい、あまり注目されない部位になっているというのが現状です。

背中は位置的に首と腰に挟まれた間の部分なので、背中の上の方のコリや痛みは肩こりと一緒にされ、背中の下の方のコリや痛みは腰痛と一緒に扱われてしまうちょっと影の薄い部分なのです。

背中のこりや痛みは以下のように様々な要因で発生します。

  • 首、肩こりの延長線として発生するもの
  • 腰痛の延長線として発生するもの
  • 肩甲骨とその周囲の筋肉の問題
  • 肋骨の問題
  • 胸椎の問題
  • 内臓の反射
  • 自律神経の問題
  • 経絡的な問題

実はこれだけいろいろな問題が現れる大切な部分なのですが、自分で手が届きずらく目視で確認もしづらい場所なので他の部位に比べると、背中の症状は漠然とした感じになりがちです。

よく「男は背中で語る」とか、「自分の後姿を見せる」などの表現がありますが、臨床の現場でも背中ほど雄弁に全身の状態を語る部位は無いと思います。

背中は面積としてかなり広い部位ですので、その情報量も多く触診において様々なヒントを与えてくれます。

まず背中の皮膚の色つやの状態で大まかな健康状態が分かります。健康な皮膚は適度に湿り気を帯び皮膚の色も均一です。逆に背中の一部または全体に皮膚が乾燥していたり、あざ、シミがあったり、血色の悪いところなどがあるのは何らかの異常を示していることがあります。

腰の悪い患者様に散見されるのが、腰部に太い毛が生えているものです。人間の身体は弱い所を守ろうとしてその部分に毛を生えさせるのですが背中に生える毛もそのような理由のものがあります。

触診で実際に皮膚や筋肉や椎骨に触れてみて感じることもたくさんあります。うつ伏せの患者様の脊柱の上を真下に押すと椎骨の可動性のあるなしが概ねわかりますし、背筋の場合もその発達具合や硬さ、左右差や部分的なコリまで触診で分かります。特に左右の肩甲骨の間の部分の緊張は寝不足や過度のストレスなど自律神経の緊張を表すことがあります。

また内臓の調子が悪いと、その関連部位の椎骨や筋肉に緊張が現れます。鍼灸の施術で用いる背部兪穴(はいぶゆけつ)も内臓や経絡との関連を表しています。

私は学生時代に胃を壊して入院したことがありますが、その時の症状は胃の不調もさることながら、胃の裏にあたる背中が痛くて、布団から起き上がる際にもゆっくりでないと起きられなかったことを思い出します。これなども内蔵体壁反射で胃の不調と背中の痛みが、お互い足の引っ張り合いをしていた状態なのです。

呼吸器系の疾患にも関連が深く、上背部の硬さと喘息や風邪の諸症状とも繋がっています。上部胸椎や肋骨を調整するとこれら呼吸器の症状が楽になることが多く、風邪などで長引く酷い咳も軽減することがあります。

私も30代の頃に酷い風邪をひいた時があり、咳が止まらなくなりました。その時、治療院の同僚に胸椎3番を治療してもらったら途端に呼吸がぐっと楽になり、咳の発生頻度がだいぶ少なくなったのを覚えています。治療中も咳が出てしまうので、患者様に対して全く説得力がなく困り果てていたので、この時ばかりは本当に感動しました。

肋骨の動きも重要で、左右で24本の肋骨それぞれが呼吸の際に、胸郭を広げたり狭めたりの動きに連動して動くのです。丁度バケツの取っ手が動くように上下に動きます。若いうちは肋骨の動きも柔軟性があるため、外から見ても呼吸の度に胸が広がるのが分かります。

しかし、高齢になると全身の関節の可動性が少なくなり、肋骨の動きも少なくなります。これにより高齢者の方の肺活量は少なくなります。深呼吸をしてもらっても胸郭は広がらず、肩で息をするようになります。呼吸は新鮮な空気を取り入れるとともに、体の中の老廃物を吐き出すための排泄機能でもあります。

この機能が落ちてくると、ガス交換の能率が落ち、疲れやすくなったり活力が出なくなったりします。深い呼吸には精神を安定させる作用もあるため、各種瞑想法やヨガ、禅宗の僧侶の座禅などの調息にも欠かせません。

若い人でも部分的に肋骨の動きがロックしているものが、かなりの頻度であります。この肋骨の可動性を調整しますと呼吸が深く楽になり、その周辺の筋肉も緩むので肩こりや首こり、五十肩などにも効果を発揮します。

最後に肩甲骨についてですが、肩甲骨と胸郭の間は本来の関節ではありませんが、機能的には関節と同じなため、この部分の可動性の低下は、四十肩・五十肩とも関連しますし、肩こりの治療に際しても重要な部位となります。肩甲骨周辺の筋筋膜性の拘縮があると、上肢帯の可動性の低下を招きます。四つ足動物であれば、肩甲骨が前足の骨盤に当たりますので、それだけ大切な部位になるのです。

この様に背中は、その範囲が広いので痛みの原因となる部位も多岐にわたります。頸椎や骨盤と比べ意外と軽視されやすい部位ですが、本当はとても大切なところなのです!

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

不眠症の治療は体から

札幌整体治療院 谷井治療室 不眠症画像

谷井治療室にお越し下さる患者様の主訴は、腰痛や肩こり、ぎっくり腰などの筋骨格系の問題に由来すものが多いのですが、より細かく問診をしてみると、「最近あまり眠れていないのです」「なかなか寝付けない」「夜中に何度も目が覚める」「もう少し寝ていたいのに明け方に目が覚めてしまう」「寝ても疲れが取れない」「寝た気がしない」などと不眠症の症状を訴える方がいます。

日本人の成人の20%が慢性的な不眠を訴えており、日本人成人の15%が日中に過剰な眠気を感じているそうです。

厚生労働省の平成25年「国民健康・栄養調査」では、睡眠に関して以下のような特徴を示します。

睡眠の質の状況として、男女とも「日中、眠気を感じた」と回答した者の割合が最も高く、男性 37.7%、女性43.0%である。その他の項目では、「睡眠時間が足りなかった」と回答した者の割合が男性では 30 歳代、女性では 20 歳代および 40 歳代で約4割となっている。

情報ソース:平成25年「国民健康・栄養調査」の結果(厚生労働省)

また、最新のデータとなる平成27年「国民健康・栄養調査」では、調査結果のポイントとして、1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合が増加ということが挙げられています。

睡眠の確保の妨げとなっていることについて、「特に困っていない」や「その他」を除くと、20~50歳代男性では「仕事」が最も高く、20 歳代31.6%、30 歳代39.3%、40 歳代40.5%、50 歳代32.2%である。

20 歳代女性では「就寝前に携帯電話、メール、ゲームなどに熱中すること」が33.3%と最
も高く、30 歳代女性では「育児」が32.7%、40 歳代女性では「家事」が27.9%と最も高い。

また、1日の平均睡眠時間別にみると、6時間未満の者では「特に困っていない」や「その他」を
除くと、男性では「仕事」「健康状態」、女性では「家事」「仕事」の順で高い。

睡眠の確保の妨げになっていることがある者のうち自分の睡眠の確保のために最も必要として
いることは、20~50 歳代の男性では「就労時間の短縮」、20 歳代の女性では「就寝前に携帯電
話、メール、ゲームなどに熱中しない」、40 歳代の女性では「家事のサポート」、60 歳以上の男女では「健康状態の改善」が最も高い。

平成27年「国民健康・栄養調査」の結果より

1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合は、ここ数年で増加傾向にあり、睡眠の妨げになっていることは、男性では「仕事」、女性では「育児」「家事」が、睡眠不足の原因として挙がり、20~29歳の若者の睡眠不足の要因が、「就寝前に携帯電話、メール、ゲームなどに熱中すること」ということで、パソコン、携帯電話、スマートフォンの急速な普及による現代の世相を表しています。

1日の平均睡眠時間は、男女とも「6時間以上7時間未満」が最も高く、それぞれ33.9%、
34.2%である。1日の平均睡眠時間が6時間未満の者※の割合について、この10 年でみると、
平成19 年以降有意に増加している。

睡眠の質に関する項目については、1日の平均睡眠時間別にみると、6時間未満の者が、
男女とも全ての項目において有意に高い。6時間未満の者では、男女とも「日中、眠気を感じ
た」が最も高く、それぞれ44.5%、48.7%である。

※1日の平均睡眠時間が「6時間未満の者」とは、1日の平均睡眠時間が「5時間未満」又は「5時間以上6時間未満」と回答
した者である。

平成27年「国民健康・栄養調査」の結果より

この調査の対象は20歳以上の成人であるため、10代の中高生などのデータをとったら、「就寝前に携帯電話、メール、ゲームなどに熱中すること」という原因の睡眠不足がもっと増えるのではないでしょうか。

睡眠時間の不足と、不眠症が徐々にではあるが、確実に増えているのが現状で、眠らないという生活習慣から、眠れないという不眠症に移行しているものもあるのではないでしょうか。

不眠症を訴える患者様の身体をキネシオロジーや触診で調べますと、頸椎に特有の歪みを示します。この部分を段階的に調整していくと自律神経のバランスが整い睡眠に対する体の環境が整います。

パソコンや携帯、スマホ、などを扱っている姿勢は、どれも頸椎に不自然なストレスを与える姿勢で、ここから肩こりや首こりが恒常的になり、その結果として頸椎が歪み、最終的に自律神経のバランスを崩して不眠症になってしまうという構図がうかがえます。

風が吹けば桶屋が儲かるのことわざは、あまり関係のなさそうなものが繋がる因果関係を示していますが、パソコンやスマホと不眠症との関係はもっと信憑性が高いのです。

因みに風が吹けば桶屋が儲かるとは、以下の論法になります。(かなりのこじ付けです)

大風で土ほこりが立つ → 「土ぼこりが目に入って、盲人が増える 」→ 「盲人は三味線を買う(当時の盲人が就ける職業に由来)」→ 「三味線に使う猫皮が不足し、猫が殺される → 「ネコが減ればネズミが増える」→ 「ネズミは桶をかじる →「 桶の需要が増え桶屋が儲かる

不眠症と整体治療

不眠症の原因としての体の歪みへのアプローチは、その他の対策に先行してまず行うべきであります。重篤な不眠症の場合、自力でそのわだちから抜け出すのは容易ではありません。抜け出せないから不眠で苦しんでいるわけで、そういう時は頸椎を中心とした歪みの治療を考えることが不眠症回復への一番の近道になると思います。

身体が出来ていないと、意識や精神力もついてきません。カウンセリングなどで心の面から治そうとしても、体に歪みが強いと心にブレーキがかかってしまうのです。

例えば、インフルエンザに罹って高熱にうなされて寝ている時に、「さあ!気合を入れて仕事をしなさい」と言われても無理なことと同じで、まずは体なのです!

武道の世界などでよく「心」「技」「体」といいますが、本当はこの順番は間違っています。

正しくは、「体」「技」「心」もしくは、「体」「心」「技」が正しいのです。まずは体がしっかり整ってから出ないと、「心」も「技」もついてこないのです。

私の尊敬する中村天風師も、人間に必要な6つの力を以下の様に述べています。

  1. 体力
  2. 胆力
  3. 判断力
  4. 断行力
  5. 精力
  6. 能力

この様に先ずは「体力」=「体」なのです。不眠症も精神療法で治そうとしてもなかなか結果が芳しくないのは、そのためなのです。

体に歪みがあると、寝ていても力が抜けていないのです。患者様を診察台に寝かせ筋肉の硬さを触診すると、首や背中や腰の筋肉が硬く凝っていてカチカチの人がいます。ご本人様は仰向けに寝て力を抜いているつもりでも、歪みのため筋肉の凝り固まりが取れないのです。

これは、本人の意思とは無関係に力が入っているため、絶対に寝ていても力が抜けません。ということは、寝ていても筋肉は収縮という仕事をし続けているということです。

これでは、眠れないし、寝たと思っても疲れが取れないのも無理はありません。

しかし、頸椎や骨盤の歪みを矯正しますと、筋肉は無駄に凝る必要がなくなります。そして心身ともにリラックスした状態になるのです。

当院にお越しの不眠症でお悩みの患者様も、施術後はよく眠れるようになったと仰る方がたくさんいます。繰り返しになりますが、不眠症の治療は、まずは体のバランスをとることから始まります。

谷井治療室ではキネシオロジーで問題の箇所を調べ、オステオパシー、カイロプラクティック、MTS療法を軸とした独自の整体療法で、首こり、肩こりなどの原因を調整し全身のバランスを整えます。

病は気からといいますが、不眠症の治療は体からです!

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

体の歪みと細胞の寿命

札幌整体治療院 谷井治療室 赤血球画像人の細胞は日々生まれ変わっています。私も学校などで「ヒトの細胞数は、60兆個あります」と教えられてきましたし、あん摩・マッサージ・指圧師の試験でもこのような問題が出ていて、正解は60兆個と答えていたと思います。

ところが、『人体生物学紀要』(Annals of Human Biology)という雑誌の2013年11・12月号に、「人体の細胞数の推定」という論文が載り、今までの定説を覆しました。これによると人体を構成する細胞数は37兆個になるそうです。

60兆個から37兆個になったからといって、それがどうしたの?・・・と言ってしまえばそれまでのことで、確かにどちらの数でも普段の生活にあまり関係ないし、どちらの数字も大変多いので、ピンとこないのは仕方が無いことでしょう。

60兆個から37兆個に減ったとしても、驚きが減ったということではありません。37兆個といえば、仮に動物の細胞の大きさの平均を10ミクロン位だとして、これを一列にならべれば地球を9周以上も回る膨大な距離に相当します。

もともと一個の受精卵から出発し、2倍、4倍、8倍・・・と自然の摂理の中でその数を増やし、最終的にこの数まで増えるのだから、まさしく人体は小宇宙であるし、これは驚嘆に値するものです。

「昔常識、今非常識」と言いますが、この様に定説が覆ることはよくあることですし、いつかはこの37兆個という数字も覆るかもしれません。

人の寿命は、ほとんどが100歳未満です。稀に100歳を超える長寿者もいますが、その人数は圧倒的に少なくなります。因みに現在生存している方で世界最長寿者は、イタリアのエマ・モラノ=マーティヌッジィさんで、117歳、日本人では鹿児島県の田島 ナビさんで、116歳です。凄いですね!

どんな長寿者も、37兆個の細胞が日々新陳代謝してバトンリレーをしながら肉体を維持しています。心臓の心筋細胞や、神経細胞は再生しないと学校で習いましたので、これら一部の細胞を除いて、人の細胞にはそれぞれの寿命があり、古くなった細胞は死んで、新しい細胞に切り替わっていきます。

個々の細胞の寿命には諸説ありますが、以下にそれぞれの細胞の寿命を記します。

  • 消化器上皮細胞 1日
  • 白血球(色々) 2~200日
  • 皮膚細胞    20~30日
  • 肝臓細胞    20日
  • 赤血球     120日
  • 筋肉細胞    6~12ヶ月
  • 頭髪      4~6年
  • 骨細胞      7年

これら細胞の寿命を見ると、いろいろなことが分かります。消化器の上皮細胞はたった1日の寿命しかないということは、消化管の粘膜上皮はそれだけ環境が厳しく重労働だということになります。確かに食べたり飲んだりしたものが次々と消化管に送り込まれて来ますので、それらの飲食物との摩擦や消化液の影響など細胞の寿命を短くする要因がたくさんあります。

最長寿の骨細胞でも約7年の寿命しかありませんので、肉体的には7年前の自分はもう存在しないということになります。

体の歪みと細胞の新生

人の体は様々な理由で歪みます。ある人は、上半身が右に傾き、またある人は左に傾きます。その他にも前後の傾きや左右への捻じれなどがあり、実際には様々な方向の歪みが複合しています。

カイロプラクティックやオステオパシー、MTS療法、整体治療などでは、これらの歪みを矯正します。歪みのある部分は、一部が縮んだ状態になっており、その反対側は引き伸ばされたようになっていることが多いです。

縮んだ側にも、引き伸ばされた側にも、関節包や靭帯、腱、筋肉などがあり、それぞれが無数の細胞でできています。

そして、その一つ一つの細胞は縮んでいる側では圧縮され潰されており、引き伸ばされている側には引っ張りの張力がかかっています。ここに重要な問題が潜んでいます。この歪みは細胞がその寿命を迎え新しい細胞に代わっても残り続けるのです。体の癖は癖として残ったまま細胞だけが新陳代謝していくので、細胞が新しいものに切り替わったからと言って、歪みまで治ってしまうということは決してありません。

この様に歪みのある部位は、血液やリンパ液の循環も悪くなりますので、せっかく新陳代謝で新しい細胞に生まれ変わっても、その細胞が置かれる環境は劣悪な環境になるのです。その結果これらの細胞は活力を失い、これらの細胞が集まって構成される、腱や靭帯、筋肉なども劣化した質の悪いものになってしまいます。

これがまた更なる歪み固定化の要因となり、病気慢性化の原因となります。慢性化した肩こりや腰痛の患者様の筋肉を触診すると、古タイヤのゴムの様に硬くなっており、明らかにその質の低下がうかがわれます。この様になってしまうと、いくら整体治療などで矯正しても、なかなか改善されないか良くなるとしても時間のかかる場合が多いのです。

筋肉細胞の寿命が6~12か月ということを考えると、カイロプラクティックやオステオパシーなどで段階的に歪みを整えていったとしても、全ての筋肉細胞が新しいものに切り替わるのに半年から1年はかかるので、仮に治るための条件が全て十全に整ったとしても、改善までにこれくらいの期間はかかるという計算になります。

体の歪みは諸病の原因になります。病院の入院病棟に行くと分かりますが、重病の人ほど背骨の歪みが酷いのに気づかされます。背骨が歪むと内臓も機能低下を起こしますので、免疫力も低下し病気に罹りやすくなってしまうのです。

この様に身体の歪みを慢性化させないために、谷井治療室ではMTS療法、カイロプラクティック、オステオパシー、整体治療などを独自に統合させることで、関節の歪みや機能不全の改善に対応しています。

せっかく生まれ変わってくる新しい細胞を、正しく整った身体という良い環境で迎え入れてあげようではありませんか。

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

長生学園で教えていただいた仏教聖典

札幌整体治療院 谷井治療室 夕焼け画像

https://blog.foto.ne.jp/

私が20代の頃、東京の大田区にあります、「あん摩・マッサージ・指圧師」の国家資格が取得できる専門学校にお世話になっておりました。こちらの学校はちょっと変わった学校で、仏教に関係のある専門学校なのです。浄土真宗の一派である「真宗長生派」を名乗り、正式名を「宗教法人 総本山長生寺附属 長生学園」といいます。

週に一回は我々学生もお経を唱えたり、ありがたい説教を聞かさせていただいたりしていました。入学時に購入した教材の中にも、仏教聖典が入っておりこれを題材にした説教もありました。

私もその当時は、仏教のことなど何もわからなかったのですが、何故だか仏教聖典だけはよく読んでいました。その中に以下のような教えが出ており、とても心に残っていましたので掲載いたします。

この宇宙の組み立てはどういうものであるか、この宇宙は永遠のものであるか、やがてなくなるもであるか、この宇宙は限りなく広いものであるか、それとも限りがあるものでるか、社会の組み立てはどういうものであるか、この社会のどういう形が理想的なものであるか、これらの問題がはっきり決まらないうちは、道を修めることはできないというならば、だれも道を修め得ないうちに死が来るであろう。

例えば、人が恐ろしい毒矢に射られたとする。親戚や友人が集まり、急いで医者を呼び毒矢を抜いて、毒の手当をしようとする。

ところがそのとき、その人が、「しばらく矢を抜くのを待て。誰がこの矢を射たのか。それを知りたい。男か、女か、どんな素性のものか。また弓は何であったか。大弓か小弓か、木の弓か竹の弓か、弦(つる)は何であったか、藤弦(ふじつる)か、筋(すじ)か、矢は籐(とう)か葦(あし)か、羽根は何か、それらがすっかりわかるまで矢を抜くのは待て。」と言ったら、どうであろうか。

いうまでもなく、それらのことがわかってしまわないうちに、毒は全身に回って死んでしまうに違いない。この場合にまずしなければならないことは、まず矢を抜き、毒が全身に回らないように手当をすることである。

この宇宙の組み立てがどうであろうと、この社会のどういう形のものが理想的であろうとなかろうと、身に迫ってくる火は避けなくてはならない。

宇宙が永遠であろうとなかろうと、限りがあろうとなかろうと、生と老と病と死、愁(うれ)い、悲しみ、苦しみ、悩みの火は現に人の身の上におし迫っている。人はまず、この迫っているものを払いのけるために、道を修めなければならない。

仏の教えは、説かなければならないことを説き、説く必要のないことを説かない。すなわち、人に、知らなければならないことを知り、断たなければならないものを断ち、修めなければならないものを修め、さとらなければならないものをさとれと教えるのである。
だから、人はまず問題を選ばなければならない。自分にとって何が第一の問題であるか、何が自分にもっともおし迫っているものであるかを知って、自分の心をととのえることから始めなければならない。

仏教聖典より

「この宇宙の組み立てはどういうものであるか・・・これらの問題がはっきり決まらないうちは、道を修めることはできないというならば、だれも道を修め得ないうちに死が来るであろう。」

この様に、あれやこれやと理論、理屈を述べている間に人は確実に歳をとり死んでしまいます。今何が一番大事なのか!何を優先しなくてはいけないのか!何を第一義とするのか! 人生には決断と覚悟を要求されることが多々あります。

自分探しの旅だとか、この学校は自分に合っているのか、この会社、この仕事は自分に向いているのか、この男性または女性は自分にとって生涯の伴侶として相応しいのか、右へ行けばよいのかそれとも左へ行った方がいいのか・・・人の悩みは尽きません。

臨床の現場でも、「この腰痛の原因はなんですか?」「この肩こりの原因は何ですか?」などと質問を受けることがありますが、本当のところはわかりません。それでも施術はしなくてはいけないのです。

腰痛や肩こりの真の原因はわからなくても、いま目の前の患者様が如何にすればバランスが整うのかを主眼として施術を行えば、結果は自ずとついてくるのです。

一番端的な次のような例があります。急性のぎっくり腰で激痛に苦しんでいる患者様を目の前にして、長々とその原因を追究している姿を思い浮かべてください。これほど愚かなことはないと思います。この様な時は、速やかに必要な処置を行い、できるだけ患者様に苦痛を与えないことが肝要です。

私は長生学園の学生としては、決して真面目な優等生ではありませんでしたが、仏教のお話や、この学校の理念である「霊肉救済」には何故か心惹かれるものがありこの方面の事は自分なりに探求していました。

私も優柔不断なところもありますし、理屈っぽいところもあり、判断を決めかねることもあります。こんな愚かな自分ですが、この様な時に先程挙げたお釈迦様の教えが背中を押してくれるような気がしています。

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

プラス思考で実践を積み重ねることは大切です!

洞察力、感性、直観力などは、人に教わったり本を読んで身につくものではなく、実体験から自分で体得することだと思います。学校では、知識は教えてくれます。半ば強制的にそれを詰め込まれ、受験戦争も記憶力の勝負となっているのが現状です。(私は完全に落ちこぼれていましたが・・・)

生きるための材料の一部は与えてくれますが、その活用法までは教えてくれません。

皆さんは、額に汗して学校で学んだ、方程式や関数、微分、積分などの知識を、大人になってからどの程度活用していますか? 学校で学んだことの何割がいま活かされているのでしょうか。

やはり、社会に出てからの実体験での学びの方が、比重としては大きいと思います。

職場での学びと育成方法には、OJTとOff -JTの2つに分かれます。 OJTは、「On the Job Training」の略で、読んで字のごとく、仕事をやりながら育成を行うもので、現場で学ぶとはこのことです。それに対して、Off -JTは、「 Off the Job Training」であり、仕事から離れたところでの育成で、主に集合研修などの座学がこれに該当します。

学生時代の勉強のほとんどは、Off -JTに当たります。多くの学校の先生は教育大学を卒業して、いきなり教員になってしまうため、実社会で他の職業経験がありません。そのため自分たちが教えている科目やその内容が、実際の仕事でどう活用できるのかを教えられないのです。

ここで誤解してほしくないのは、学校の勉強が無駄だといっているのではなく、これは大切であると、落ちこぼれだった私でも思います。しかし、これだけでは社会で通用しないので、実際の業務に、この知識をどう落とし込んでいくかが大切になってきます。

現在使われている「学」という字は戦前は「學」と書いていました。學のかんむり部分の臼(キュウ)は、手を表しているそうです。本当の学びは、手によって実際に体験、経験して初めて成されるからです。

私が治療の世界で駆け出しの頃、お世話になった先生は、とにかく実践の大切さを説かれ、治療院を開業できなくても、出張治療などで臨床経験を重ねることを強く勧めてくださいました。

当時の私には、開業資金の持ち合わせもありませんでしたので、ひたすら出張治療に明け暮れました。お蔭様で、そこで多くの失敗とともに、大変貴重な学びを得ることができたのには本当に感謝しています。

徒然草

徒然草の第150段に次の文があります。(現代語訳)

芸事や稽古事を始めようとする人で「下手なうちは人に隠しておこう。こっそりと稽古をして、うまくなってから人前に出て披露するのが恥をかかなくていい」などと言う人がよくいるが、こんなことを言う人はけっしてどんな芸も身につけることは出来ないものだ。

むしろ、まだ下手なうちからうまい人の中に混じって、まわりからけなされたり笑われたりしても、それを恥とはせずに、平気で受け流すようにしないといけない。そうして、怠けず自己流にならずに、長年の間稽古に励んでいるなら、たとえ生まれつきの才能がなくても、才能があるのに怠けている人よりも早く上達できるものだ。そして、そういう人が最後には能力を飛躍的に伸ばして、誰もが認める第一人者となるのである。

今でこそ天下の名人と言われているような人も、最初は下手だと言われて、ひどい恥をかいたこともあったのである。しかし、そんな人が、その道の決まり事を厳密に守り、しきたりを重視して我流に流れないことによって、世に名の知られた名人となって、多くの人たちを教え導く立場についているのである。このことは、どの芸事でも同じことである。(第150段)

チャレンジ精神

結果を出すのは、他人の30倍チャレンジして、他人の20倍失敗して、他人の2倍の成果を得る位のものだと思いますが、それでも前に進み続けることが大切です。

チャレンジするには、少しだけ勇気も必要になります。こんな実例がありました。

出張治療を専門で行っているある治療家が、治療院を開業しようと考え、自分の出身地を視察に行ったそうです。そうしたら、その街には治療院や整体院、カイロプラクティックなどの同業者がすでに沢山開業しておりました。

そこでこの方は、「こんなにも同業者がいたら、後発である自分には、とても太刀打ちできない」と、すごすごとその場を立ち去ったというのです。

私はこの話を聞いて、もったいないなと思いました。ものは考えようで、その街に同業者が多いということは、潜在的に治療を必要としている方が多いということです。

アフリカに靴を売りに行った話

有名な営業の話ですが、ある二人の「靴売り」のセールスマンがいます。

 二人ともアフリカに靴を売りに行くことになりました。

当時のアフリカには靴を履いている人が一人もいません。

一人は「誰も靴を履いていないのでダメです」と報告し、帰ってしまいました。

もう一人は「すごいです!誰も靴を履いていないから、ものすごい市場です!」と興奮し、会社に靴を送るようにと連絡しました。

その結果、ものすごく靴が売れたという話です。

目の前の現象は一つでも、その解釈は無限です!プラス思考か、マイナス思考かで結果は違って来ます。

何事も積極的に実践を重ねることが大切ですし、そこからしか学べないことって多いですね!

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

体温の話

以前のブログでも体温(低体温の治し方)の事を書きましたが、今回も体温関連のお話になります。

体温測定は家庭で調べられる最も簡単な健康に関する検査で、どのご家庭にも体温計はあるのではないでしょうか。

風邪をひいた時などに体温を測ったりしますが、この様な習慣はいつ頃から始まったのでしょうか。

百島祐貴(ももしま すけたか)医師の著書、『ペニシリンはクシャミが生んだ大発見』 平凡社新書に、体温計の記載がありましたので、その抜粋をご紹介します。

体温測定

世界で初めて体温計を作ったのは、イタリアの医学者サントリオ・サントリオ(Santorio Santorio/1561~1636)で、曲がりくねったガラス管の一方の端を球状に膨らませ、反対のの端を水の入った容器に入れた温度計を作りました。

球状の部分を口でくわえると、管内の空気が膨張して水面が下降し、その変化を目盛りで読み取ります。これが世界で最初の体温計です。

サントリオは、アリストテレス、ガレノスなどの様に主観的な記述に頼ってきた医学に対し、「計量」という概念を持ちこみました。

彼は、「体は数字で支配され時計の様に正確に動いている」と言っていました。

しかし、この当時はまだ温度の基準というものがなく、せっかく測定した体温を客観的に判断する材料がありませんでした。

温度目盛りの基準を最初に提唱したのは、ドイツの物理学者ファーレンファイト(Daniel Fahrenheit/1686~1736)です。これは、当時、寒剤(氷、塩化アンモニウム)を使って得られた最も低い温度を0度とし、自分の体温を96度としたもので、現在でいう華氏目盛り(℉:ファーレンハイト)です。

その後1742年にスウェーデンの物理学者セルシウス(Anders Celsius/1701~1744)が、水の氷点を0度、沸点を100度とする摂氏目盛り(℃)を定めました。

こうして、体温を測定、記録できるようになりましたが、診断に体温測定を用いるようになるには、この後さらに100年以上を要します。

体温を実際の医学に応用したのは、ドイツの臨床医カール・ヴンダーリッヒ(Carl Reinhold August Wunderlich/1815~1877)です。彼は25000人の患者に延べ100万回以上の体温測定を行い、1868年に刊行された著書『諸疾患における体温の変化』にまとめています。

彼は、健康人の体温はほぼ一定であること、その正常範囲は36.3~37.5度であると述べています。こうして19世紀後半には、体温測定は基本的な診療行為の一つになりました。

小型体温計の完成

ヴンダーリッヒが最初に使用した水銀体温計は、長さ30センチメートルもある大きなもので、検温には20分を要し、不便でした。

現在のような小型の体温計を開発したのは、アメリカの神経内科医オルバット(Thomas Clifford Allbutt/1836~1925)です。オルバットが作った水銀体温計は長さ12センチメートル、検温時間も5分で、根元の水銀が溜まるところを狭くして検温後も水銀柱が下がらないように工夫してあり、現在の体温計とほとんど変わりません。これにより体温測定が急速に普及しました。

オルバットが小型体温計を作ったのが1866年(慶応二年)、ヴンダーリッヒの著作が発表されたのが明治元年です。当時の日本は、ヨーロッパからの輸入品でしたが、第一次世界大戦勃発により輸入が難しくなり、国産の必要に迫られました。

こうして生まれたのが赤線検温器株式会社で、現在の総合医療機器メーカー、テルモ株式会社の前身です。北里柴三郎も発起人として名を連ねていました。

これはアルコールを使った体温計でしたが、「赤線」の名は目盛りを読みやすくするためにアルコールに赤く着色してあったことに由来します。

現在の体温計

オルバット式の水銀体温計は現在でも使われますが、テルモでは、1984年に水銀体温計の生産を中止して、電子体温計に切り替えています。最近、あまり見かけなくなったはずですね。 最近は電子体温計が広く普及しています。現在の体温計にはコンピューターが内蔵されていて、検温時の温度変化を予測することによって、短いものでは30秒ほどで体温を測れます。さらに最近では、鼓膜が放出する赤外線を検出して、体温を瞬時に測定する耳式体温計も開発され、小児科病棟で活躍しています。

命の範囲

札幌整体治療院 谷井治療室 体温計画像

【オルバット式の水銀体温計】

上の写真は、オルバット式の水銀体温計ですが、この体温計には大切なことが記述されているのです。

人の体温は通常この目盛りの範囲に収まるようになっています。健康な時の体温の平均値は36.89℃±0.34℃(腋窩:ワキ下検温)になります。※1) また、この範囲から少しくらいずれていても、おかしくはありません。

※1ここにあげた日本人の平均体温値は、1957年に報告された東京大学田坂定孝先生の研究によるものです。 東京都内の10~50歳代の健康とみなされる男女3,000人余りを対象に、午前、午後、また四季を通じてデータを集めました。測定時は椅子に腰かけ、水銀体温計による30分間の腋窩検温を行いました。体温が36.89±0.34℃の範囲にあるのは全体の73%にあたります。またこの研究を中心的に行った町野龍一郎博士の別の文献※によれば、検温時間について「普通の検温の場合10分間かければよい」と結論づけられています。

※ 町野龍一郎,日本温泉気候学会雑誌,22(4), 34-60, 1959

(テルモ体温研究所より)

オルバット式の水銀体温計の目盛りにあるように、35度から42度が人が生きられる範囲の体温を示しています。この範囲を超えてしまうと人は生命を維持することはできないのです。

体温の平均値が36.89℃±0.34℃とは、意外と高いんですね。これは現代の日本人よりもこの当時の日本人の体温の方が体温が高かったということです。このことは、現代の多くの医師が指摘しているところで、最近は低体温の人が多くなっていると石原結實 医師も警鐘を鳴らしております。

低体温は免疫低下とも関連があり、癌やその他の疾患との関係を指摘されています。うつ病などの精神疾患も体温との関係があると言われています。

食生活を改善し、良く体を動かし、睡眠を十分にとって、ストレスの少ない生活を送ることができれば、おのずと体温は正常に戻ってくるのです。皆様もどうぞ気を付けてください。

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

思考と筋肉

今回は精神的なストレスと体のコリの関係をお伝えします。結論から申しますと、ストレスがあると筋肉は硬くなり、それが持続するとコリになります。そして、この状態が長く続けば続くほど体は無駄なエネルギーを消費し、結果として病気になったり、老化を早めたりしまいます。

ここにおもしろい実験があります。

まず自分の首の可動域を確認します。そのやり方は

1.顔をいっぱいまで右に向ける。(首が右回旋)
2.顔をいっぱいまで左に向ける。(首が左回旋)

この時の左右の首の回旋の感覚を基準として覚えておく!

つぎにとてもストレスな事をイメージする。(できるだけリアルに!)

そのイメージのまま、先程の首の回旋テストをする。

どうですか?

ストレスな事をイメージした時の方が、筋肉が硬くなって、首を回しづらくなったのではないでしょうか。 体は正直です。大切なのは自分の身体感覚の変化を感じる感性です。この感覚がわかるのと、そうでないのとでは自分の体を守る上で大きな差となるのです。

この感覚が鈍いと、今の自分が置かれている状況がわからなくなります。いわゆる、己を知るということが大切です。ストレスが筋肉を硬くすると言いましたが、具体的に申しますと、怒り、恐れ、恨み、妬み、愚痴、不平、不満、他人の悪口、不安、取り越し苦労、自己憐憫、貪欲などの感情は全てマイナス感情で筋肉を硬くしてしまいます。

仏教の世界でも、心の三毒として、貪・瞋・癡(とん・じん・ち)を取り上げ、煩悩を毒に例えています。

  • 貪・・・貪欲にむさぼる心
  • 瞋・・・怒りの心
  • 癡・・・愚痴、不平、不満など真理に対し無知の心

これらを克服することの大切さを仏陀が説いています。私も仏教系の専門学校に通わせていただいたので、これも何かのご縁と、仏教系の本は何冊か読ませていただきました。お釈迦様の教えはいろいろありますが、この貪瞋痴、心の三毒のことが特に心に残っています。

これらをもう少しかみ砕いて別角度から表現すると、マイナス感情、ネガティブな思考、消極的な思いは全て身体をめぐる気・血・水の流れを停滞させ、筋肉が硬くなり、コリをつくってしまいます。

ではどうしたらよいのかと言いますと、これらマイナスの感情をプラスの感情に変えればよいのです。と簡単に言ってもなかなか出来ないのはわかります。それでも自分の心と体を守るために少しづつでも改善出来たらよいのではないでしょうか。

  • ありがとう
  • 感謝します
  • 許します
  • 信じます
  • 認めます
  • 愛しています

この様な感情や言葉は気・血・水の循環を良くし心身ともに健康の方へと向いてゆきます。

数年前に札幌にヒューレン博士が来てくださり、ホ・オポノポノについての講演会がありました。ホ・オポノポノは「ありがとう」「ごめんなさい」「ゆるしてください」「愛しています」という4つの言葉を唱えるだけの、とても簡単な問題解決法です。( 本当はもっと深い学びがあるのですが、それについては個々に学習してください)

これらからも、良い言葉、積極思考がいかに健康や運命などを好転させるかがわかります。まずは自分に向けてこれらの言葉を言ってあげるといいと思います。筋肉は確実に緩み呼吸も深くなります。

良い言葉を唱えた後にキネシオロジーテストをすると、筋力が強くなっているのがわかります。この力がイコール、生きる力となるのです。

逆に消極的な言葉を言った後にキネシオロジーテストを行うと、筋力は極端に弱くなります。ということは、生きる力も弱くなってしまうということです。

言葉と思いに注意して日常を送れたら、いろんな事がだんだんと良い方に好転してゆくと思います。ご参考にしてみてください。

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

歯と姿勢

今回のテーマは姿勢についてです。腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど様々な症状は普段の姿勢と関連がとても深いのです。

先日読んだ本に面白い内容がありましたので、その本を参考に姿勢について考えていきたいと思います。その書籍の名前は「背すじは伸ばすな」 山下久明著 光文社新書  という本です。

この本の著者は、歯科医でありますのでその方面からの造詣が深い内容となっておりました。この中で特に強調されていたことが、舌についてです。舌が口の中でどの位置にあるべきかということがまず問われています。

普通の状態で、舌が上あごに付いているのか、上あごから離れて下に落ちているのか、どちらのタイプかということが姿勢のみならず、全身の健康に深くかかわっているとのことです。皆様はどちらのタイプですか?

結論から申し上げると、舌は上あごに付いている状態が正常で、下に落ちていたら異常ということです。

人間は直立二足歩行をするため、頭を頸椎をはじめとした脊椎で支えています。その頭の中には大切な脳を治めています。そして、この脳が歩く、走るなどの日常動作の中で揺すられることはとても都合が悪いのです。

そこで、脳を振動から守るダンパー(衝撃吸収機構)の役目をするのが、舌ということです。著者はこれを舌ダンパー構造と説明したいます。舌は筋肉の塊でその舌が上あごにくっ付いていると、舌骨舌筋や、オトガイ舌骨筋、甲状軟骨(のど仏)などが連動して働き結果として頭の揺れを防ぎ、脳を振動から守っているというのです。

我々人類が属するホモサピエンスはこの舌ダンパー機構を強化したグループで、その特徴が下顎骨(下あご)のオトガイ部の発達と、額(前頭葉)の発達に現れているということです。

そこで疑問なのはなぜ舌が上あごに付いていない人がいるのかということです。その原因は食生活の乱れにより、特に離乳期に柔らかいものばかりを食べさせたため、歯も含めた口腔内の発達が悪くなったことが問題とされています。

著者の山下久明先生もこの本の中で取り上げている、プライス博士(Dr.W.Price)の研究を以下にご説明します。

「食生活と身体の退化」という本の抜粋です。歯科医師のウェストン・プライス博士(1870~1948)は、1930年代から世界14か国で、10数年にわたる現地調査を行い健康の秘訣を求めました。

調査対象として選んだのは、病気に苦しむ人々ではなく、健康な人々でした。博士が伝統的な自給食を摂っている人々に見たのは、完璧な歯列、ほとんど虫歯がなく、結核に対する強い免疫力、そして総合的に優れた健康体でした。

その彼らが、精白小麦、白砂糖、植物油、缶詰などの近代食品を摂りはじめると、退化の徴しがすぐさま現れ、虫歯、顎の変形、歯並びの乱れ、関節炎、そして結核に対する免疫力の低下が猛威を振るうのです。プライス博士は、「食生活と身体の退化」の中で200枚もの写真とともに、私たちの先祖の英知を明らかにしてくれました。

札幌整体治療院 谷井治療室 歯の写真札幌整体治療院 谷井治療室 歯の写真

上の写真は北アメリカ先住民の少女の写真です。左の少女は伝統的な食生活をしており、素晴らしい歯と歯列弓をもっている。右の少女は、近代化した食生活により、鼻孔の狭まった顔面骨と、歯列弓が著しく未発達で、歯並びも悪い。  

札幌整体治療院 谷井治療室 歯の写真札幌整体治療院 谷井治療室 歯の写真

上の写真は、サモア人の子供である。左の子は、健全な伝統食で育ち、歯や顔面骨の発達が素晴らしい。右の子供は、白人の持ち込んだ食生活により、歯も顔面骨も健全に発達できていない。

プライス博士は、その土地でとれたものを使った伝統食で育った人々は例外なく心身ともに健全であったが、白人が持ち込んだ文明食によって伝統食を捨てた人々は、心身ともに退化していることをつきとめました。

これは今から70~80年前の話です。 今日の日本の食生活も伝統食を捨て、欧米化してしまいました。そして現在、あらゆる病気が蔓延しています。

  旧約聖書に出てくるアダムとイブの食べた禁断の木の実の話は有名ですが、これをプライス博士の研究に当てはめると、エデンの園にいたアダムとイブ(未開の原住民)を、ヘビ(白人)がそそのかして、禁断の木の実(精製穀物・白砂糖・加工食品など)を食べさせた結果、人類は堕落してしまった・・・ と、なるような気がします。

札幌整体治療院 谷井治療室 アダムとイブ画像

プライス博士の残した言葉をここに記します。   

「生命があらゆる面で十全であるためには、この母なる大自然に従って生きなけらばならないのである。」

食生活の重要性がわかったところで、もう一度「背すじは伸ばすな」の話に戻ります。姿勢保持時にかかわる舌ダンパー機構を正常に働かせるために、まず大切なのは舌を上あごに付ける習慣をつけることです。そのための詳しい舌のトレーニングは、書籍をご覧になって頂くのが良いと思います。

もう一つ大切なことは、上下の歯と歯の間(安静空隙)を開けておくことです。正常な人は食事以外で一日に上下の歯が当たっている時間が17~20分というデータが出ています。

もし心当たりがある方は、歯を食いしばったり、上下の歯を合わせないように隙間を開けておきましょう。その他のポイントの詳細は下の書籍をご覧ください!

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

低体温の治し方

札幌整体治療院 谷井治療室 冷えイラスト最近、臨床の現場において感じることは、低体温症の患者さんが多いなということです。多くの方が平熱で36度台前半で、なかには35度台の方も散見されます。 特に何らかのアレルギー疾患を強く持っている患者さんでは、その率が高くなっています。

人間の体温は本来36.5度が適正値で、それよりも下回ると酵素の活性が低下したり、免疫力が低下したりと、いろいろ問題が出てきます。人間の体には常在菌が存在し、消化管など体内に100兆個以上、皮膚に1兆個以上いるといわれています。宿主である人間を構成している細胞数が60兆個といわれていますので、全身の細胞数よりも細菌の数の方が多いことになります。  

「免疫力」という言葉をよく耳にしますが、その70%はこれら常在菌がつくっているのです。低体温の状態ですと、この常在菌のバランスが悪くなり免疫力の低下を引き起こします。  

それでは低体温の治し方をお伝えいたします。世の中にはいろんな治し方があるでしょうが、あまりお金がかからず安全で、誰にでもできる簡単な方法というコンセプトでお伝えいたします。  

まずマクロビオティックなどの食養法では人間の体質を陰と陽で表現します。陰性体質、陽性体質などと表現することもあります。一般的に陰性体質の人の特徴は次のようなものです。  

虚弱体質、冷え性、細胞のむくみ、顔色がわるい、動作が緩慢、やる気や活力がない、疲れやすいなどの症状がよくみられます。 また、陰性体質の人には甘党の人が多く、その他にもフルーツや夏野菜など陰性の(体を冷やす作用がある)食べ物を好む傾向があります。  

低体温症の人はこの陰性体質に属しますので、これを改善するには陽性の方向へ体質改善してあげればよいことになります。では、陽性体質にするにはどうすればよいのでしょうか。まずは毎日お風呂に入ることです。患者さんに聞いてみて驚いたことは、忙しいとか面倒だとかの理由で、シャワーだけで済ませている人が多いことです。これではかえって体を冷やしてしまいます。低体温症を治したければ、お風呂に入ってゆっくり温まってください。  

次に梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)という飲み物を飲むことをおすすめします。作り方は簡単です。用意するものとして、番茶、梅干、醤油、生姜の4種類です。ここで一つだけ注意することがあります。用意するものは全て本物であることが大切です。自然食品店に行くと三年番茶という商品が置いてありますので、それをお使いください。  

そして、梅干と醤油も本物を使ってください。よく患者さんに、「本当の醤油って何ですか?」と質問されます。本当の醤油とは自然食品店などに置いてある本醸造の醤油のことをいいます。食材が揃ったら、次に作り方ですが湯飲みの中に梅干を一個入れ、醤油をティースプーン一杯入れて、生姜をすりおろしてその絞り汁を5~6滴入れます。そこにあつあつの番茶をそそぎ、箸などで中の梅干を細かく崩して出来上がりです。  

次に、この梅醤番茶を飲むタイミングについてです。低体温症の改善に最も良い飲み方は、お風呂に入りながら飲むことです。これで体の中と外の両方から温まり体質改善にとっても良いのです。これを最低一か月間は続けてみてください。  

尚、高血圧症などで、塩分の摂取を制限されている方は梅醤番茶に変えて、白湯を入浴しながら飲んでみてください。  最後に、白砂糖の摂り過ぎは低体温症を悪化させますのでご注意ください!

次に体の歪みと冷えについてです。長期的に歪んでいるところは、同時に冷えをもっています。歪みがあると血液循環が悪くなりますので、その結果冷えてしまうのです。

足の冷えなども左右差が顕著な場合があり、坐骨神経痛などの症状が出ている側などは、足先も冷えて冷たくなっていることがよくあります。

また、水虫なども血液循環の悪い方の足方が悪化しやすいですし、足の角質のひび割れも、血液循環の悪い方がより強く出ます。

全身どこでも歪みのあるところは血液循環が悪くなりますので、免疫力が落ちたり神経痛が出たりと、様々な悪循環に陥ります。

そこで、全身の歪みを正すことが大切であるとの結論に至るのですが、ただ闇雲に骨をボキボキしても歪みは治らないのです。

結果的に歪んでしまったところを治すのではなく、なぜ歪んでいるのかの真の原因を調整しなくてはいけません。

所謂メジャー治療が大切になります。余談になりますが、そのためには患者さんの体の声を聴けるかどうかが問われますが、そこでキネシオロジーテストは大変に役に立ちます。

ちょっと話が脱線しましたが、歪みは冷えに直結しますし、冷えは血液の汚れをつくります。歪みを正すことが健康への第一歩となるのです。

低体温や冷え性は、癌や難病との関連も危惧されていますので、決して楽観視できません。次にソフトな樹脂製湯たんぽを使った体の温め方についてお伝えいたします。

人間の体で、特に温めてほしい場所が以下の通り3カ所あります。

・肝臓(右脇腹)・・・解毒作用

・腎臓(腰部)・・・・排毒作用

・腸(下腹部)・・・・造血作用

上記の3カ所を、ソフトな樹脂製の湯たんぽで、各部位それぞれ15~20分づつ温めることをお勧めいたします。3カ所トータルで45~60分です。(低温火傷にはご注意ください!)

湯たんぽは、ドイツ、フーゴ・フロッシュ社製湯たんぽ  がおすすめです!(谷井治療室でもお取り扱いしております) 以前は、コンニャクやアイロンなどを使って温めていましたが、コンニャクは手間がかかるのと、4~5回使うと縮んでしまい、保温性も落ちてしまいます。アイロンは、電磁波の問題があります。よって、今はこの湯たんぽが一番良いなと感じております。

低体温や冷え性は、免疫力の低下をまねき、体内酵素の働きも低下します。これが様々な疾病の温床になっております。現在、闘病中の方だけでなく、病気予防・健康増進としてもおすすめいたします。

低体温の生理学ですが、そもそも体温はどこでつくられているかといいますと、細胞内小器官のミトコンドリアなのです。一つの細胞に数千個のミトコンドリアが存在するといわれています。このミトコンドリアの数が多ければ、おのずと体温は上がりやすくなります。 ではどうやってミトコンドリアを増やせば問のでしょうか? 

その答えは、運動によって筋肉を活性化することです。一般人と運動選手とでは、細胞内のミトコンドリア数に明らかな違いがあるそうです。やはり、楽をして結果を得ることは難しいようです。さあ、皆さん運動しましょう!

とはいっても、いったいどうすればいいのか困ってしまうでしょう。そこで私からアドバイスできることは、脚の筋肉を鍛えることです。人体の中で最大の筋肉は脚にある筋肉です。ここを鍛えれば最も効果的にミトコンドリアを増やせます。軽めのスクワットからでも始めてみてはいかがでしょうか。 ちなみに、運動の効果が表れるのには時間がかかりますので、続けることが大切です。継続は力なり!

次に書籍の紹介です。昔から、体を冷やすのは良くないと経験的に言われてきましたが、では何故いけないのかについて詳しく書かれた本に出会いました。 「究極の免疫力」 西原克成 著

冷たいものを飲んだり食べたりすると、腸の温度が下がります。その結果、抗原性のあるものや細菌が、腸から白血球を介して全身にばらまかれるそうです。これが病気の引き金となり、癌や難病をつくっているとのことです。

詳しくは、上記の本を読んでいただくのが一番ですが、とにかく体を冷やさないことが大事です。アイスを食べたり、冷たすぎるものを飲んだりすることは、自ら病気をつくっている様なものです。 私も気をつけなければと思いました。

冷えは万病の元ですが、どんなものが、いったい体を冷やすのでしょうか?

・お風呂に入らないで、シャワーだけで済ませてしまう。

・アイスを食べたり氷の入った飲みものや、冷蔵庫で冷えたものを飲む。コーヒーや、炭酸飲料を飲む。

・季節感のない食生活。 (冬にトマトやキュウリやナスなどの夏野菜やフルーツを多食したりする)

・お菓子の食べすぎ。(砂糖は特に体を冷やします)

・夏の冷房(そこでさらに、上記の体を冷やす物を食べる)

・ファッション重視の薄着

どうでしょう、これから冬本番です。また、クリスマスという甘~い誘惑などもありますが、どうぞ冷えにはお気をつけください !

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

日本人と肩こり

札幌肩こり専門整体治療院 谷井治療室 肩こりイラスト札幌で肩こりなどの整体治療を行う谷井治療室の谷井昌幸です。今回のテーマは日本人と肩こりについてです。

肩こりは、当院にご来院の患者様の中でも最も多い症状の一つです。よく英語には肩こりという言葉がないといわれますが、日本人が考える肩こりに相当する英語は、「stiff shoulder」になるそうです。しかし、これは正確な表現ではないようです。「stiff shoulder」だと、肩関節や肩甲骨周囲のこりというニュアンスが強くなります。

しかし、日本人の言う肩こりは、主に首から肩上部にかけての僧帽筋の上部のこりを指しますので、「stiff neck」の方がいいのかもしれませんが、これも我々日本人の肩こりとはちょっと違うような気がします。もともと日本人よりも欧米人の方が肩こりが少ないようですが、昨今のパソコンやスマートフォンなどの普及により、欧米人にも肩こりが増えているようで、「neck tension」(直訳すると首の張り)という言葉も出てきたそうです。(この言葉が定着するかは不明ですが)

ところで、「肩が凝る」という表現を日本で初めて使ったのは、夏目漱石だと言われています。明治期の終わりに書いた小説『門』に出てくるのですが、肩が張るという表現は、それ以前からあったそうです。

日々の臨床で患者様の肩こりを診させていただく中で、体型と肩こりは関連が深いと思っています。「なで肩」と、「いかり肩」とでは、圧倒的になで肩の方が肩こりになりやすいのです。そこで欧米人と日本人の体型を見ても日本人の方が、なで肩が多いのではないでしょうか?(特に女性にその傾向が強いと思います)

また肩こりは筋肉の量にも関係していると思います。日本人よりも筋量の多い欧米人の方が、肩こりが少ないようで、筋量が多い分姿勢を保持する能力にも長けているようです。

また、日本人は正しい姿勢を無理に取ろうとして、かえって筋疲労を強めているのではないでしょうか。背筋を伸ばして美しい姿勢を保持しつづけることは、短時間ならまだしも長時間になると僧帽筋をはじめとした筋肉にかなりの負担を強いることになります。そもそも、関節や筋肉は動くための構造物なので、同じ姿勢で動かさないようにしていること自体に無理がかかってしまうのです。

つまるところ、日本人に肩こりが多いのは、体型や筋量の問題と習慣的な姿勢の問題に加え、同じ姿勢での長時間労働をも厭わない勤勉さが関係していると思います。

最近の臨床で感じることは、肩こりの重症化による頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、首や肩から手までの痛みやしびれなどの神経症状、自律神経失調症などが原因の不定愁訴が急増していることです。これらの原因は、パソコン病ともスマホ病ともゲーム病とも言われる現代生活の歪みが主たる原因ではないかと思っています。

松井孝嘉先生の提唱している、頸性神経筋症候群(CNMS) は首こり、肩こりが原因で次のような17の症状が起きるとされていますが全くその通りだと思います。

緊張型頭痛、めまい、自律神経失調症、うつ、パニック障害、ムチウチ、更年期障害、慢性疲労症候群、ドライアイ、多汗症、不眠症、機能性胃腸症、過敏性腸症候群、機能性食道嚥下障害、血圧不安定症、VDT症候群、ドライマウス

上記のような症状で、根本的な原因の首こり、肩こりを治療しないで、病院を受診し間違った薬物療法を受け続けていると、症状が複雑化し本当のうつ病などになってしまう場合もあると松井先生は警鐘を鳴らしています。

確かに様々な不定愁訴が、全身のバランスをとることで解消することが、私の臨床においてもみられますので、やはり原因としての首こり、肩こりをしっかり治すことが第一義的に必要であると私も感じています。

日本人の勤勉さが仇となり、さらに昨今のパソコンなどの普及と相まって急増している首こり、肩こりですが、重症化しない様に全身のバランスを調整することを強くお勧めいたします。

そのために当院で行う整体治療である、カイロプラクティックやオステオパシー、MTS療法は、有効な手段の一つであると自負しております。

たかが肩こり、されど肩こりです!

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村