恐ろしい廃用性萎縮

今回のテーマは、廃用性萎縮(はいようせいいしゅく)です。簡単に言うと、使わないものは衰えてしまうということです。

具体例で示すと、以下のようになります。

  • 寝たきりで歩かないと、脚の筋肉が委縮して歩けなくなる。
  • 噛まないで柔らかいものばかり食べていると、咬筋が弱くなり噛む力が落ちる。
  • 感情表現を抑圧すると、顔の表情筋が委縮し、表情に乏しい顔になる。 

寝たきりなどになると当然、骨も萎縮するし、内臓諸機能も低下しますし、精神機能も低下します。

体を使うという事は、「人間が生き生きと生きる」という人間本来の生き方の表れであり、そうしないと健康に生きられない人間も、所詮は動物の一つであることに変りないという事です。動物は「動く物」と書くように、活動的に動いてこそ動物であり、人間も全く同じでこれが自然の法則に従って生きるということなのです。

解剖学者の養老猛司氏によると、人間はコンピューターと似て、入力と出力を繰り返すことで生命を保っているそうです。

しかし、人間の場合、入力と出力のバランスが取れていません。入力のほうは目とか耳とか鼻、口など、いくつも入力装置があるのですが、出力のほうは、筋肉だけなのだそうです。

そのため筋肉をあまり使わないで衰えさせると、入力はできても出力ができなくなります。簡単に説明すると入力とは知覚のことであり、出力とは活動(運動)のことです。現代人の生活ではこの出力が極端に少なくなっているのです。

この出力装置として人に備わっているものは骨格筋だけなのです。この骨格筋がだめになると、人間の出力が全部なくなるという事が一般的には認知されていません。

養老猛司氏は、この状態を脳死に対して『全筋肉死』と呼んでいます。全筋肉死になると他がすべて大丈夫でも人間としてはなはだ耐えられない状態になると言っています。

二年前に東京上野の「国立科学博物館」に行った時のことです。学芸員の方に興味深い話をお聞きしました。人間の骨格についての話の中で、大腿骨(太腿の骨)を調べると、その骨の持ち主が現代人か、江戸時代以前の人かがわかるそうです。

どこを見るかというと、それは大腿骨の後面を見るとわかるのです。この部分には太腿の後ろ側の筋肉が付着しているため、現代人よりもよく歩き活動的であった江戸時代以前の人骨の場合、大腿骨の後面が筋肉によって強く引っ張られ、骨が畑の畝の様に盛り上がっているのです。私も実際にその骨を見せて頂きその違いに驚きました。

逆に現代人の大腿骨は、この部分が平らなのです。これはある意味で骨の退化なので、生物学的には危機に瀕しているという事です。

江戸時代と言ってもたった数百年前なので、生活様式の変化でこれだけ短い期間でも、これ程までに骨が退化してしまうのです。

「使わないと使えなくなる」の具体例を挙げれば、笑わないと、笑えなくなる。聞こえないふりをして人の話を無視していると、本当に聴力が落ちる。しゃべらないと、話せなくなる。などがありますが、これらは、脳のその部分が使われないために、機能低下を起こしてしまうからです。

結局、使わなければ錆びつくということです。 また、大腿骨頸部(だいたいこつけいぶ)(脚の付け根)骨折では患者の約9%が手術などの治療を受けてから1年以内に死亡していたことが、厚生労働省の研究班(主任研究者=萩野浩・鳥取大助教授)と日本整形外科学会による調査で明らかになったそうです。(寝たきりの期間が長くなります)

世の中には歩けない人は沢山いるが、歩かない人はもっといると言った人がいますが、人間は怠惰な方に流れやすいようです。

それに引き換え、動物は本能的に、動かないことがイコール死を意味するので、どんな状況でも動こうとします。

私が時々利用させていただく新登別温泉の「旅館四季」という宿に、ケンタという名の犬がいます。この犬は後ろ足が左右とも不自由なのです。そこで、ここのご主人が後ろ足を補助する器具をつけようとしたり、車を装着しようとしても嫌がり、自分の不自由な足で一生懸命歩こうとするのです。

確かにこのほうが、全身の筋肉を使うので歩行補助具を着けるよりもあらゆる面で良いのです。ケンタはこれを本能的に感じ、自分で選択しているという事にとても感心しました。

ケンタのこの姿を見て、あらためて動物と人間とでは随分と違うものだと考えさせられました。

札幌整体治療院 谷井治療室 犬写真

【ケンタ】

使わない(使えない)部分は、どんどん神様にお返ししていくようになり、すべて返し終わった時が死ぬ時だということです。 返却期限がまだ残っているのに、楽をして自ら使うことをやめてしまい、早くお返しするのはもったいなくありませんか? 神様から与えられた機能はしっかりと使っていきましょう!

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

脳と思考と潜在意識

札幌整体治療院 谷井治療室 ジョセフ・マーフィー画像

ジョセフ・マーフィー画像

先日、東北大学の川島隆太教授の本を読んでいて、ああなるほどと思うことがあったので、そのことについて書きます。

我々の脳は使えば使うほど、同じ神経細胞から同じ神経細胞に向かって、たくさんの同じ信号がながれる。

これを繰り返していくと、同じ神経細胞をつなぐ神経線維の数が増え、さらに一本一本の神経線維が太くなるそうです。

また、神経線維と神経線維がつながっている部分を医学的には「シナプス」と言いますが、このシナプスの数が増えるというダイナミックな変化が起きるそうです。

このような情報処理の強化を「ネットワークの強化」と言うそうです。

これからわかることは、人はいつも思考している通りに脳のネットワークが強化され、その部分がビルドアップされていくということです。

筋肉と同じで、使えば鍛えられ、強化され、ビルドアップされるのです。

そして、普段思ったり考えたりしていることが、言葉になり最終的にはそのような行動に繋がります。その行動から体験が生まれ、体験から脳は学習し、さらにビルドアップしていきます。

実は、脳神経だけでなく普段考えていること(顕在意識)が、潜在意識に作用し、潜在意識もビルドアップしてゆくのです。

「あなたがいつも考えていること、それがあなたです。」  ジョセフ・マーフィー

このように、普段どのような考えを持っているかで、その人の発言や行動が決まり、それに見合った結果が現れるのです。

「良いことを考えれば、良いことが起きます。

悪いことを考えれば、悪いことが起きます。

あなたは、一日中考えるとおりになります。」  

ジョセフ・マーフィー

全てとは言いませんが、健康も病気も実は自分自身の思考が現実となって表れたものです。以下にジョセフ・マーフィーの名言をいくつかご紹介いたします。

  • ・病気とは、一時的な肉体と精神の不調和の結果引き起こされた状態です。それはあくまで一時的なものだと信じなさい。
  • ・感情をいつも抑圧していると肉体的な病気となって表れてきます。それはすぐに心の川に流してしまいなさい。
  • ・立腹や後悔、他人への呪詛(じゅそ)、敵意などが、あなたの肉体や精神の病の大きな原因になることを忘れてはいけません。
  • ・悲観主義、絶望的な気持ち、嫉妬、憎しみ、不平・不満は病気を育てあなたを破滅させます。
  • ・治癒力はその人の想像の型によって決まってきます。肯定的で明朗、積極的な人は自然治癒力は最高度に発揮されるでしょう。マイナスの観念にとらわれている人にはマイナスに働きます。
  • ・あなたが自然の治癒力を獲得したいと思うなら、潜在意識にそのことを指令しなさい。
  • ・あなたの中の憎しみや嫉妬、恨み、絶望の気持ちは、自然治癒力の障害となります。そういう感情を抱え込むのはみずからを不幸に追い込むことです。
  • ・自然治癒力が発揮されるのは、あなたがその存在を肌で感じることができたときです。
  • ・犬や猫は薬もないのに生きていけます。これは自然治癒力があるからです。人間にもそれはあるのです。
  • ・あなたの病あなたの病気は癒されるべきものです。悲観したり絶望したりする前に、自然の創造者に回復の請求書を出しなさい。
  • ・あなたがいま病気なら治癒の暗示をしなさい。暗示の力は強力です。暗示は人を病気にしますが、また癒してもくれるのです。
  • ・あなたの肉体の障害を治すのは、あなたの肉体をつくった力です。それは潜在意識にほかなりません。
  • ・あなたが否定的思考にとりつかれているとしたら、あなたは遠からず病気になるでしょう。否定的思考は病気を培養する温床です。
  • ・恐怖心は病気を招きます。しかし、あなたが何者をも恐れないなら、病気はあなたに近寄ることはできません。
  • ・肉体の病気を進行させない最も有効な方法は、自らの内にある霊的な力を高めることです。そのために真っ先にしなければならないのは、心の平安を取り戻すことです。
  • ・いつも不安や心配にさいなまれている人は、病気を呼んでいるようなものです。
  • ・嫉妬深い人はそれだけで病気の原因をつくっています。それは、他人と自分を比較してたえず不満と劣等感を抱きつづけることだからです。
  • ・病人の苦しみに感情移入してはいけません。それは建設的ではないからです。ひたすら肯定的に、彼が癒されることのみを祈るべきです。
  • ・病気を治すのは医者や薬ではありません。本当に病気を治すのは、その人の自然治癒力にほかなりません。

普段何気なく思考していることが潜在意識に刻印され、その通りに現実化してしまいます。脳も思考も潜在意識も、前向きな積極的プラス思考でより良い人生を送れたらと思います。
 
逆境、試練、困難、苦難に直面するとネガティブなことを考えがちですが、そうすると前述のとおり、ネガティブな脳がビルドアップしてしまいます。

潜在意識も含め、できればポジティブなビルドアップをしたいですね。
 

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村