痛みと整体治療

札幌整体治療院 谷井治療室 経穴図

手の太陰肺経の図

東洋医学では、「不通則痛、通則不痛」という言葉があります。

通じざれば則ち痛み、通ずれば則ち痛まずという意味です。

通るとは何を指すのでしょうか?

氣・血・津液(しんえき)という表現があります。

氣とは目に見えないエネルギー指し

血とは血液のことです。

津液とは血液以外の体液を示します。

不通則痛とは、これらの循環が悪いことが痛みの原因ですと言っているのです。

生きているとは、これらが過不足なく循環しているということです。

死とは、その循環が止まったことと言ってもよいでしょう。

痛みがあるということは、氣・血・津液の循環が悪く、部分的に死にかけているということです。

痛みとは、このままだとまずいよ!死んじゃうよ!という体の叫び声なのではないでしょうか。

谷井治療室で私が診断で用いているキネシオロジーテストは、この体の叫び声を聞く一つの方法です。

ここで判明した箇所を、体が治りたい方へ導くのが治療になります。

導くという表現も正しくないかもしれません。

術者は、ただそこに寄り添うというか、そこに焦点を合わせるだけで、あとは患者さんの身体が自然に治ってゆくのです。

イソップ物語の北風と太陽のたとえと言ったところでしょうか。

申し訳ございません。ここのところは、感性なので文字や言葉で正確に表現できませんので、どうかお許しください。

氣・血・津液の滞りの原因は、食生活の乱れや、運動不足、寝不足、過度なストレスなど色々ですが、いったんあるレベルまで悪化してしまったものは、その箇所を直接的にバランスを整える手技療法が有効です。 氣・血・津液(しんえき)の循環不良が長く続くと筋肉や靭帯が硬くなりなかなか自分自身の力では元に戻れない状態になってしまいます。機械に例えると、錆び付いた状態です。こうなると、錆落としの作業が必要になりますが、人の体も同じで、硬くなった筋肉や靭帯を調整しなくてはならず、こうなるとかなり時間がかかります。

そもそも、 氣・血・津液(しんえき)の循環が悪くなって体が錆び付くには、様々な要因が絡んでいますが、主なものを以下に示します。

  1. 食事
  2. 呼吸
  3. 運動
  4. 想念
  5. 環境

体質改善には勿論、生活習慣を改めることは何よりも大切ですが・・・

よくマクロビオティックなどの食養家の先生が玄米菜食をすれば、どんな病気や症状もよくなるなどの極論も聞かれますが、ぎっくり腰や坐骨神経痛などで苦しむ人を目の前にして「痛みをとるために、玄米を食べなさい」とは言えません。 西洋医学でいえば、整形外科的疾患を内科で治そうとしているようなものです。総論では賛成ですが、各論ではその時々でベストな選択が必要だと思います。 整体治療はこんな時の選択肢の一つになる力は十分にあると思います。

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村