坐骨神経痛と整体治療

坐骨神経痛札幌整体坐骨神経痛治療院 谷井治療室イラストとは片側または、両側の坐骨神経に沿って痛みを生じる疾患の総称で病名ではありません。その原因は椎間板ヘルニアや梨状筋症候群などが代表的なもので、坐骨神経が圧迫や絞扼されることによって痛みを生じるものです。

坐骨神経痛という名前が付いていますが、痛みではなく痺れや突っ張り感として症状が出ることもあり、ひどくなると筋力低下をはじめ感覚や運動の麻痺を伴うこともあります。

坐骨神経は人体の中で最大の直径と、長さも一番長い神経です。背が高く足の長い人ほど坐骨神経も長くなります。平均的な身長の人で末梢までの長さは1メートル以上もあります。

坐骨神経痛の具体的な症状の出現部位は、臀部から太ももの裏側、ふくらはぎや足先まで坐骨神経の走行に沿って痛みが生じます。ただ坐骨神経痛は痛い所が悪いとは限りません。坐骨神経の走行を川の流れに例えると、腰椎や仙骨の神経の出口を川上とすると、足先の末梢神経が川下となります。

坐骨神経は、第4腰椎と第5腰椎、第5腰椎と仙骨の間、そして仙骨の前に開いている仙骨孔(穴)の上から3つ目までから出た脊髄神経によってできています。(第4、第5腰神経と第1~第3仙骨神経)

この様に骨盤内で構成された坐骨神経が、お尻の穴の横付近にある、椅子に座った時にゴリゴリ当たる部分の骨である坐骨の内側を抜けて、骨盤の外に出てきます。この様に坐骨のそばを通るので坐骨神経と呼びます。

この坐骨神経は、腿の後ろの皮膚や下腿・足の甲や裏の皮膚に分布し、膝を曲げる筋肉や、足首や足の指の曲げ伸ばしを行う筋肉などを支配しています。そのため、この坐骨神経が椎間板ヘルニアや梨状筋症候群、脊柱管狭窄症などで圧迫や絞扼されると、様々な症状が現れます。

症状の現れ方は千差万別で、激痛の場合もあれば、鈍痛や引きつった感じのもの、しびれ、感覚の麻痺、脚に力が入らないなどがあります。

また、悪い側の脚の筋肉が萎縮して細くなったり、血行不良で冷えていたりすることもあります。

主な原因疾患としては、椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、梨状筋症候群、脊柱管狭窄症などがあります。また骨盤や腰椎の歪みなどによって坐骨神経痛が生じることもあります。

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の場合、ラセーグテスト陽性を示します。健全な坐骨神経は脚を上に上げたり、前屈したりした際に椎間孔の部分を最大で12mm位移動しますが、椎間板ヘルニアによって坐骨神経が圧迫されていると、この移動ができなくなり、足上げテスト(ラセーグテストまたはSLRテスト)で痛みが誘発されるのです。

坐骨神経痛の整体治療は、整形外科的な理学検査であるラセーグテストによりヘルニアによるもなのか、それ以外のものかをまず判別し、同じくKボンネットテストで、梨状筋症候群などがあるかをある程度判断しておきます。(坐骨神経痛に関する情報は多いほど良いです!)

その後に、坐骨神経痛を加味して全身バランスをとりますが、ピンポイントで、その時に必要なところを調整いたします。坐骨神経痛は大変辛い症状を呈するものが多々ありますが、整体治療でバランスが整って、治るための環境が整えば、ウソのように症状が消えてしまうこともあるのです。

坐骨神経痛のお辛い症状でお悩みの方、まずはご相談ください。

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村