歯と姿勢

今回のテーマは姿勢についてです。腰痛、肩こり、頭痛、めまいなど様々な症状は普段の姿勢と関連がとても深いのです。

先日読んだ本に面白い内容がありましたので、その本を参考に姿勢について考えていきたいと思います。その書籍の名前は「背すじは伸ばすな」 山下久明著 光文社新書  という本です。

この本の著者は、歯科医でありますのでその方面からの造詣が深い内容となっておりました。この中で特に強調されていたことが、舌についてです。舌が口の中でどの位置にあるべきかということがまず問われています。

普通の状態で、舌が上あごに付いているのか、上あごから離れて下に落ちているのか、どちらのタイプかということが姿勢のみならず、全身の健康に深くかかわっているとのことです。皆様はどちらのタイプですか?

結論から申し上げると、舌は上あごに付いている状態が正常で、下に落ちていたら異常ということです。

人間は直立二足歩行をするため、頭を頸椎をはじめとした脊椎で支えています。その頭の中には大切な脳を治めています。そして、この脳が歩く、走るなどの日常動作の中で揺すられることはとても都合が悪いのです。

そこで、脳を振動から守るダンパー(衝撃吸収機構)の役目をするのが、舌ということです。著者はこれを舌ダンパー構造と説明したいます。舌は筋肉の塊でその舌が上あごにくっ付いていると、舌骨舌筋や、オトガイ舌骨筋、甲状軟骨(のど仏)などが連動して働き結果として頭の揺れを防ぎ、脳を振動から守っているというのです。

我々人類が属するホモサピエンスはこの舌ダンパー機構を強化したグループで、その特徴が下顎骨(下あご)のオトガイ部の発達と、額(前頭葉)の発達に現れているということです。

そこで疑問なのはなぜ舌が上あごに付いていない人がいるのかということです。その原因は食生活の乱れにより、特に離乳期に柔らかいものばかりを食べさせたため、歯も含めた口腔内の発達が悪くなったことが問題とされています。

著者の山下久明先生もこの本の中で取り上げている、プライス博士(Dr.W.Price)の研究を以下にご説明します。

「食生活と身体の退化」という本の抜粋です。歯科医師のウェストン・プライス博士(1870~1948)は、1930年代から世界14か国で、10数年にわたる現地調査を行い健康の秘訣を求めました。

調査対象として選んだのは、病気に苦しむ人々ではなく、健康な人々でした。博士が伝統的な自給食を摂っている人々に見たのは、完璧な歯列、ほとんど虫歯がなく、結核に対する強い免疫力、そして総合的に優れた健康体でした。

その彼らが、精白小麦、白砂糖、植物油、缶詰などの近代食品を摂りはじめると、退化の徴しがすぐさま現れ、虫歯、顎の変形、歯並びの乱れ、関節炎、そして結核に対する免疫力の低下が猛威を振るうのです。プライス博士は、「食生活と身体の退化」の中で200枚もの写真とともに、私たちの先祖の英知を明らかにしてくれました。

札幌整体治療院 谷井治療室 歯の写真札幌整体治療院 谷井治療室 歯の写真

上の写真は北アメリカ先住民の少女の写真です。左の少女は伝統的な食生活をしており、素晴らしい歯と歯列弓をもっている。右の少女は、近代化した食生活により、鼻孔の狭まった顔面骨と、歯列弓が著しく未発達で、歯並びも悪い。  

札幌整体治療院 谷井治療室 歯の写真札幌整体治療院 谷井治療室 歯の写真

上の写真は、サモア人の子供である。左の子は、健全な伝統食で育ち、歯や顔面骨の発達が素晴らしい。右の子供は、白人の持ち込んだ食生活により、歯も顔面骨も健全に発達できていない。

プライス博士は、その土地でとれたものを使った伝統食で育った人々は例外なく心身ともに健全であったが、白人が持ち込んだ文明食によって伝統食を捨てた人々は、心身ともに退化していることをつきとめました。

これは今から70~80年前の話です。 今日の日本の食生活も伝統食を捨て、欧米化してしまいました。そして現在、あらゆる病気が蔓延しています。

  旧約聖書に出てくるアダムとイブの食べた禁断の木の実の話は有名ですが、これをプライス博士の研究に当てはめると、エデンの園にいたアダムとイブ(未開の原住民)を、ヘビ(白人)がそそのかして、禁断の木の実(精製穀物・白砂糖・加工食品など)を食べさせた結果、人類は堕落してしまった・・・ と、なるような気がします。

札幌整体治療院 谷井治療室 アダムとイブ画像

プライス博士の残した言葉をここに記します。   

「生命があらゆる面で十全であるためには、この母なる大自然に従って生きなけらばならないのである。」

食生活の重要性がわかったところで、もう一度「背すじは伸ばすな」の話に戻ります。姿勢保持時にかかわる舌ダンパー機構を正常に働かせるために、まず大切なのは舌を上あごに付ける習慣をつけることです。そのための詳しい舌のトレーニングは、書籍をご覧になって頂くのが良いと思います。

もう一つ大切なことは、上下の歯と歯の間(安静空隙)を開けておくことです。正常な人は食事以外で一日に上下の歯が当たっている時間が17~20分というデータが出ています。

もし心当たりがある方は、歯を食いしばったり、上下の歯を合わせないように隙間を開けておきましょう。その他のポイントの詳細は下の書籍をご覧ください!

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

日本人と肩こり

札幌肩こり専門整体治療院 谷井治療室 肩こりイラスト札幌で肩こりなどの整体治療を行う谷井治療室の谷井昌幸です。今回のテーマは日本人と肩こりについてです。

肩こりは、当院にご来院の患者様の中でも最も多い症状の一つです。よく英語には肩こりという言葉がないといわれますが、日本人が考える肩こりに相当する英語は、「stiff shoulder」になるそうです。しかし、これは正確な表現ではないようです。「stiff shoulder」だと、肩関節や肩甲骨周囲のこりというニュアンスが強くなります。

しかし、日本人の言う肩こりは、主に首から肩上部にかけての僧帽筋の上部のこりを指しますので、「stiff neck」の方がいいのかもしれませんが、これも我々日本人の肩こりとはちょっと違うような気がします。もともと日本人よりも欧米人の方が肩こりが少ないようですが、昨今のパソコンやスマートフォンなどの普及により、欧米人にも肩こりが増えているようで、「neck tension」(直訳すると首の張り)という言葉も出てきたそうです。(この言葉が定着するかは不明ですが)

ところで、「肩が凝る」という表現を日本で初めて使ったのは、夏目漱石だと言われています。明治期の終わりに書いた小説『門』に出てくるのですが、肩が張るという表現は、それ以前からあったそうです。

日々の臨床で患者様の肩こりを診させていただく中で、体型と肩こりは関連が深いと思っています。「なで肩」と、「いかり肩」とでは、圧倒的になで肩の方が肩こりになりやすいのです。そこで欧米人と日本人の体型を見ても日本人の方が、なで肩が多いのではないでしょうか?(特に女性にその傾向が強いと思います)

また肩こりは筋肉の量にも関係していると思います。日本人よりも筋量の多い欧米人の方が、肩こりが少ないようで、筋量が多い分姿勢を保持する能力にも長けているようです。

また、日本人は正しい姿勢を無理に取ろうとして、かえって筋疲労を強めているのではないでしょうか。背筋を伸ばして美しい姿勢を保持しつづけることは、短時間ならまだしも長時間になると僧帽筋をはじめとした筋肉にかなりの負担を強いることになります。そもそも、関節や筋肉は動くための構造物なので、同じ姿勢で動かさないようにしていること自体に無理がかかってしまうのです。

つまるところ、日本人に肩こりが多いのは、体型や筋量の問題と習慣的な姿勢の問題に加え、同じ姿勢での長時間労働をも厭わない勤勉さが関係していると思います。

最近の臨床で感じることは、肩こりの重症化による頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、首や肩から手までの痛みやしびれなどの神経症状、自律神経失調症などが原因の不定愁訴が急増していることです。これらの原因は、パソコン病ともスマホ病ともゲーム病とも言われる現代生活の歪みが主たる原因ではないかと思っています。

松井孝嘉先生の提唱している、頸性神経筋症候群(CNMS) は首こり、肩こりが原因で次のような17の症状が起きるとされていますが全くその通りだと思います。

緊張型頭痛、めまい、自律神経失調症、うつ、パニック障害、ムチウチ、更年期障害、慢性疲労症候群、ドライアイ、多汗症、不眠症、機能性胃腸症、過敏性腸症候群、機能性食道嚥下障害、血圧不安定症、VDT症候群、ドライマウス

上記のような症状で、根本的な原因の首こり、肩こりを治療しないで、病院を受診し間違った薬物療法を受け続けていると、症状が複雑化し本当のうつ病などになってしまう場合もあると松井先生は警鐘を鳴らしています。

確かに様々な不定愁訴が、全身のバランスをとることで解消することが、私の臨床においてもみられますので、やはり原因としての首こり、肩こりをしっかり治すことが第一義的に必要であると私も感じています。

日本人の勤勉さが仇となり、さらに昨今のパソコンなどの普及と相まって急増している首こり、肩こりですが、重症化しない様に全身のバランスを調整することを強くお勧めいたします。

そのために当院で行う整体治療である、カイロプラクティックやオステオパシー、MTS療法は、有効な手段の一つであると自負しております。

たかが肩こり、されど肩こりです!

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

頭痛を治すには

札幌頭痛整体治療院 谷井治療室 頭痛イラスト

ひどい頭痛に悩まされ、寝込んでしまうほどの症状の方は意外と多いものです。病院でも頭痛外来という科を設けているところもあるくらいです。

いったん頭痛になると何にもする気になれず、何をやっても楽しくないし、何を食べても美味しくなくなります。

当院にも頭痛に悩む患者様がお見えになります。
 
ある40代男性の患者様は、毎週月曜日になると頭痛に襲われていました。

またある40代の女性の患者様は、長年ひどい頭痛に悩み、頭痛薬が手放せない状態でした。

お二人とも筋骨格系の基本バランスを調整し、頭蓋骨調整(クラニアル)、生体エネルギーバランス調整を行いました。

結果として男性は、毎週月曜日に起きていた頭痛から解放されました。

女性の方も、大幅に頭痛が軽減して、大変感謝していただきました。

私もお二人の症状改善のお役に立てたことを大変うれしく思います。

頭痛と一口に言っても様々な原因がありますが通常、当院に頭痛でご来院くださる方々は、一次性頭痛で、いわゆる頭痛持ちの頭痛と言われるものです。これらには、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛などの分類がありますが、これはあくまでもお医者様がつけるものです。

谷井治療室の施術の場合は、この様な分類は全くありません。これは緊張型頭痛の治療、これは片頭痛の治療などと分けることはできないし、そもそも頭痛だけの治療というものも存在しません。唯々キネシオロジーテストと触診などでバランスの悪いところを調べ、全身調整するのみです。

しかし、こういう基本的なところに、本来の原因が隠れていたりするものです。頭痛薬を手放せなかった方も、クスリから遠ざかることも夢ではありません。 薬物乱用頭痛の様に、逆に頭痛薬が原因で頭痛が起こることもあります。

頭痛は読んで字の如く、頭が痛いのです。頭は大切な脳を治めています。脳は様々な働きがありますが、その一つに思考があります。ネガティブな悪い考えや考えすぎ、頭の使いすぎは、頭痛のもとです。 また脳は大量の酸素を必要とします。そのため安静時の脳の血流量は、心拍出量の15~20%と多くの血液が流れ込みます。その血液が質の良いものであれば問題ありませんが、カフェインやアルコール、ニコチンや、農薬、そしてシンナー、ベンジンなどの溶剤、また食品添加物などなど、体に悪いものが体内に入ってくると、硬膜が防御反応し血管性の頭痛などになると考えられます。

また、脳は首によって支えられています。不良姿勢などで、首の位置が悪いと脳の位置も定まりません。すると脳はそれを嫌い、筋肉や硬膜などに緊張が起こり頭痛になります。

とにかく脳(頭)を使いすぎたり、使い方を誤ったり、脳に悪いものを食べたり飲んだりすることや、頭の位置が安定しない悪い姿勢を持続すること・・・「頭に悪いこと」をすると、頭が「やめて~!」と叫び声をあげて、それが頭痛という形で表現されるのです。

頭痛の改善には食生活や、姿勢なども予防として気を付けましょう!

最後に安易に頭痛薬に頼るのは危険ですので、まずは全身のバランスを調整することをおすすめいたします。

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

2016年11月6日 | カテゴリー : 頭痛 | 投稿者 : mts

頸椎の整体治療 札幌 谷井治療室

札幌肩こり整体治療院 谷井治療室 頸椎画像

Posted from Wikipedia

頭痛めまい、吐き気、耳鳴りなどの不快な症状の原因が、実は首の歪みにあったということが多々あります。

頸椎の歪みが原因で自律神経のバランスが崩れ、様々な不定愁訴に発展するのです。

ここでいう歪みとは、単に骨の歪みを指すのではなく、筋肉や靭帯などレントゲンには写らない軟部組織も含めた全体的な問題です。

レントゲン上では一見正常に見える頸椎でも、筋肉や靭帯などの軟部組織の機能不全が背後に隠れている場合があり、これらをみつけるのは、触診(スタティックパルペーションやモーションパルペーション)、整形外科テスト、キネシオロジーテストなど機械ではなく、人の感覚によるところが大きいのです。

また、レントゲンや CT、MRI などの映像からは、骨折や脱臼など構造的な問題はわかりますが、関節の可動性や柔軟性などはわかりません。

カイロプラクティックでは、頸椎のみの施術で全身を治療するターグルリコイルテクニック(H I O ホールインワン)、アトラスオーソゴナルテクニックなどがあることからもわかるとおり、頸椎の影響力は絶大です!

首の歪みが、全身の歪みに発展し、疲れがたまって体調が悪くなり、やがては様々な病態へと進みます。例えば交通事故のむち打ち症などで、後から体調を崩すのも、頸椎周囲の軟部組織の損傷から頸椎が歪み、全身のバランスが崩れるためです。

また、頸椎のバランスが悪いと、自律神経失調症に発展する場合もありますし、精神的にも不安定になります。
 
これらの悪循環を断ち切るには、歪んだ頸部を調整(アジャスト)して、自然治癒力の働きやすい環境に整えることです。

谷井治療室では、キネシオロジーテストにより、問題の頸椎を正しく診断します。

そして、MTS療法の手技を用いてソフトに頸椎を調整します。(骨をボキボキしません)

たかが首こり、肩こりとバカにしないで、早めのお手入れをお勧めいたします。

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村