札幌 頚椎ヘルニア 専門整体治療院 谷井治療室


頚椎椎間板ヘルニアと整体治療|札幌頚椎ヘルニア整体治療院 谷井治療室

札幌で頚椎ヘルニアの整体治療専門の谷井治療室です。頚椎ヘルニアは、正しくは頚椎椎間板ヘルニアと呼ばれます。その他にも、首のヘルニア、頚部ヘルニアなどと呼ばれることもあります。

頚椎ヘルニアは、肩こりや、首のこりと関連が深く、これらの前駆症状から徐々に悪化し、首や肩、背中の痛み、腕から手の痛みしびれ、麻痺などの症状を呈することもあります。

近年、パソコンやスマートフォンの普及により首にかかる負担が増え、肩こりの増加と共にストレートネックも増加し、結果として頚椎ヘルニアの患者数が増えています。


ストレートネックの画像

頚椎椎間板ヘルニアの解剖|札幌頚椎ヘルニア整体治療院 谷井治療室

頚椎ヘルニアとストレートネックはとても関連が深く、正しい背骨は、下図のように側面から見て構造的にS字カーブになっており、頚椎は本来ゆるやかに前方に湾曲しているのです。このS字カーブにより、力学的に身体にかかる無理な力や衝撃を吸収する構造になっています。

札幌頚椎ヘルニア整体 脊柱画像

この様な頸椎のカーブが、デスクワークやパソコン、スマホなどの姿勢で次第に変形し、構造的に負荷に弱い状態になっていきます。。頚椎ヘルニアを発症した人のほとんどにこの傾向があります。

人の頭の重さは、4.5~7kg位あります。これだけの重さを細い首で支えているため、首の角度や、姿勢によっては相当な重さが首にかかます。最近20代、30代の頚椎ヘルニアの患者数が増加しています。下図に頚椎ヘルニアの原因である、首の角度と負荷の関係を示します。

札幌頚椎ヘルニア整体 首の角度と頭の重さ画像

首の角度が0度のときには、ほとんど首には負担がかかりませんが、45度になると22kg、60度では27kg以上の重さに耐えなければならないのです。頚椎ヘルニアにおいて、実際にダメージを受けているのは頚椎椎間板です。

頚椎は7個の椎骨から構成され、その椎骨と椎骨の間には椎間板と呼ばれるクッションがあります。下の図にその構造を示します。この椎間板は、中心に髄核と呼ばれるゼリー状の部分があり、それを取り囲むように繊維状の軟骨である繊維輪が何重にも重なっています。

札幌頚椎ヘルニア整体 椎間板画像

デスクワークやスマホなどで繰り返し首に無理な力がかかると、頚椎椎間板の繊維輪に放射状の亀裂が入ります。金属疲労で針金が折れる様なイメージと同じです。すると、中心部の髄核が繊維輪の亀裂に沿って外側に飛び出してきます。この様にして頚椎椎間板ヘルニアが発生するのです。下の図は頚椎椎間板ヘルニアのイラストです。

札幌頚椎ヘルニア整体 頚椎椎間板ヘルニア画像
  • 【用語解説
  • Meningi・・・髄膜
    • Sostanza gnigia・・・灰白質
    • Sostanza bianca・・・白質
    • Radice dorsaie・・・後根
    • Radice ventrale・・・前根
    • Nervo spinale・・・脊髄神経
    • Nucleo polposo・・・髄核
    • Anello flbroso・・・繊維輪
    • Corpo della vertebra・・・椎間板        

      Posted from Wikipedia


このイラストの様に、頚椎の椎間板ヘルニアが神経根を圧迫した結果、痛みや痺れ麻痺などの症状が出るのです。


頚椎椎間板ヘルニアの症状|札幌頚椎ヘルニア整体治療院 谷井治療室

頚椎ヘルニアの症状には、様々なものがあり、頚椎のどのレベルで頚椎ヘルニアが発生しているのかによって、その症状が違ってきます。逆に言えば、これらの症状から、どこに頚椎ヘルニアがあるのかの概ねの判断ができる場合もあるのです。

頸椎椎間板ヘルニアの症状には、大きく二つのものに分類できます。一つは、片側の肩や手の特定の領域に激しい痛みや放散痛が生じるタイプで、「しびれ」や「麻痺」を生ずることもあります。この場合には、最初の数日間は首の寝違いとよく似た鈍痛・違和感などの後頚部症状が認められ、これに引き続き手や肩への激しい放散痛が生じることが一般的です。この痛みは激烈なものです。

もう一つのタイプとしては、両手の「しびれ」や「麻痺」がみられたり、両手を使って行う細かい作業(箸を使う・ボタンをかける・ページをめくるなど:巧緻運動)が徐々に出来にくくなったり、両足が足先から段々としびれてきたり、歩行がなんとなく不自由になるなどの症状が数日から数週間の経過で急速に進行するもので、排尿障害などを伴うケースもあります。

頚椎ヘルニアでも、前者の症状の場合は、整体治療での施術に良く反応することが多いのですが、後者のようなケースでは、手術が必要なこともあります。

頚椎椎間板ヘルニアとその関連症状には主に次のようなものがあります。

1. 首・肩部症状
頚椎の歪みにより、頚椎後方の椎間関節に、ずれや無理な力がかかると、首の後方から背中、または、首の前面から胸の前面にかけてコリ、張り、痛み、重だるさなどを感じます。
2. 腕・手の症状
首から肩、手指の先までの上肢の痛み、しびれ、麻痺、筋力低下などの症状は、頚部の神経根症状によるものです。頚椎は7つありますが、4番目以下(第5頚神経~第8頚神経)の神経根が障害されると、腕や手指の痛み、しびれ、感覚麻痺、筋力低下、むくみ、背部痛などの症状が起こります。
3. 頭部、顔面症状
7つある頚椎の3番目以上の神経根が障害されると、首から後頭部、側頭部、に痛みが起こり、また、眼精疲労や目の奥の痛みや目の充血、強い首・肩のこりと痛み、吐き気などの症状が出ることもあります。
4. 下半身症状
頚部脊髄が頚椎椎間板ヘルニアなどにより圧迫を受けると、上半身にとどまらず、下半身にも神経障害が発生します。歩行障害や排尿障害、手足の痛み、しびれなど症状が重篤化し、日常生活にも支障をきたすようになります。

※ 1→2→3→4の順に頚椎椎間板ヘルニアの症状の進行と悪化を示します

頚椎椎間板ヘルニアの診断|札幌頚椎ヘルニア整体治療院 谷井治療室

頚椎椎間板ヘルニアの診断においてまず行わなくてはいけないのが問診です。

  1. 首や肩以外に痛みやしびれはあるか?
  2. 腕や手指の痛みしびれがあるか?
  3. 筋力の低下や、細かい作業(巧緻性)に問題はあるか?
  4. 下半身に痛みやしびれなどの症状があるか?
次に、スパーリングテストやジャクソンテストなど整形外科テストにより、頚椎椎間板ヘルニアのおおよその診断を行います。また、触診やキネシオロジーテストによって、頚椎のアジャスト部位を特定します。

【スパーリングテスト】
スパーリングテストは頚部の神経根刺激症状を見る検査です。頚椎を患側へ後側屈させ頭部に軸圧を加えると椎間孔が狭窄され、痛みやしびれが症状側の上肢や背部に誘発されたら、このテストの陽性所見とする。

【ジャクソンテスト】
ジャクソンテストは神経根刺激症状をみる検査です。頚椎をやや後屈位にし、頭部を下方に圧迫すると椎間孔が狭窄され、患側の上肢や背部に痛みやしびれが誘発されたらこのテストの陽性所見とする。


神経根 C5 C6 C7 C8
腱反射 (上腕二頭筋反射低下) 上腕二頭筋反射低下 上腕三頭筋反射低下 (上腕三頭筋反射低下)
筋力低下 三角筋筋力低下(上腕二頭筋筋力低下) 上腕二頭筋筋力低下 上腕三頭筋筋力低下 (上腕三頭筋筋力低下)、小手筋筋力低下
感覚障害 肩周辺 母指、示指 示指、中指 薬指、小指

頚椎椎間板ヘルニアの治療|札幌頚椎ヘルニア整体治療院 谷井治療室

頸椎椎間板ヘルニアの治療は、まず正確な検査から始まります。谷井治療室では、整形外科テスト、触診、キネシオロジーテストなどを、現在の症状と突き合わせ患者様に最適な治療法を選択いたします。頚椎ヘルニアは、大変デリケートな問題ですので、検査もアジャストも無理のかからないソフトなものを採用しております。

頚椎ヘルニアは、頚椎だけの問題ではなく、全身のバランスと密接に関係しています。そのため谷井治療室では、たとえ頚椎ヘルニアであっても、骨盤など全身の調整を行います。この事によって、更に頚椎のバランスが安定して、頚椎ヘルニアの回復に必要な環境が整うのです。

谷井治療室では、頚椎ヘルニアにとどまらず、全ての治療において、危険な頸椎スラスト法は一切行いませんのでご安心ください。


頚椎椎間板ヘルニアの治療例|札幌頚椎ヘルニア整体治療院 谷井治療室

● 札幌市在住50代女性|主婦|首から左の腕への激しい痛み

介護疲れが蓄積していたある日、父親の体位を変えようとして、力を入れた後、首から左腕にかけて激しい痛みに襲われ、夜も眠れない状態。頚椎5番を中心に、骨盤も含め全身調整を行い頚椎ヘルニアの症状は改善に至る。遠方から片道3時間以上をかけての来院のため、移動中の負荷はかなりのものでしたが、それにも負けずに無事に回復したことに感動いたしました。

● 札幌市近郊在住40代女性|事務職員|左腕の痛みと痺れを訴え来院

頚部整形外科テスト陽性。病院でも頚椎椎間板ヘルニアとの診断が出ている。頚椎6番と全身のバランス調整を実施し、頚椎ヘルニア由来の症状も消失し、その後は1ヶ月に1回のペースで再発予防のために施術を行っています。

● 札幌市在住20代女性|OL|首から右腕の尺側の痛みと痺れで来院

首から右腕の痛みとしびれで、首もほとんど動かせない状態であったが、当院の頚椎アジャストは、スラスト法を一切行わないため、この様な状態でも問題なく安全に施術が出来ました。1回の施術で、早くも変化が現れ、その後数回の施術で頚椎ヘルニアの苦痛から解放されました。

● 札幌市在住50代男性|自動車整備士|首から右腕と右背部の激しい痛み

首から右腕と右の背中に強い痛みがあり、夜も眠れない状態で、首を前後左右にほとんど動かせない状況で来院。病院では頚椎ヘルニアと診断されていました。キネシオロジーテストでは、頚椎5番に集中的に反応が出て、そちらを中心に5回の施術を繰り返す。疼痛は、漸次軽減し10回の施術で頚椎椎間板ヘルニア特有の症状が消失。無事に仕事にも復帰し、現在も月に1回のペースで、頚椎ヘルニアの予防に努めています。


症状別の解説と治療ポイント|札幌頚椎ヘルニア整体治療院 谷井治療室



腰痛
腰痛治療のページにスキップ
肩こり
肩こり治療のページにスキップ
ぎっくり腰
ぎっくり腰のページにスキップ
頭痛
頭痛のページにスキップ
坐骨神経痛
坐骨神経痛のページにスキップ
自律神経失調症
自律神経失調症のページにスキップ
めまい
めまいのページにスキップ
脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症のページにスキップ
膝の痛み
膝の痛みのページにスキップ
股関節の痛み
股関節の痛みのページにスキップ
四十肩・五十肩
四十肩・五十肩のページにスキップ
足の痛み
足の痛みのページにスキップ
頚椎ヘルニア
頚椎ヘルニアのページにスキップ
腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニアのページにスキップ
胸郭出口症候群
胸郭出口症候群のページにスキップ


011-261-7866
札幌で頚椎ヘルニア専門整体治療院なら谷井治療室