札幌の五十肩・肩の痛み専門整体治療院 谷井治療室

     

四十肩・五十肩とは|札幌四十肩・五十肩 整体治療院 谷井治療室

札幌四十肩・五十肩整体治療院 谷井治療室イラスト札幌四十肩・五十肩整体治療専門の谷井治療室です。四十肩・五十肩、肩の痛みは、谷井治療室でも最もポピュラーな疾患です。四十肩と五十肩は同じものを指しており、共に肩関節の痛みと、炎症と動きの制限をともなう疾患で、肩関節周囲炎とも呼ばれています。40代で発生すると、四十肩と呼ばれ、50代で発生したものは五十肩と呼ばれます。肩関節の痛みと運動制限があるので、英語では通称 frozen shoulder(凍結肩)と呼ばれることもあります。

その他の原因で肩の痛みを訴えるもので、整形外科的疾患として腱板断裂、石灰性腱炎、頸椎疾患などがあります。


011-261-7866
札幌 四十肩・五十肩 整体治療院なら谷井治療室


四十肩・五十肩の原因|札幌四十肩・五十肩 整体治療院 谷井治療室

四十肩・五十肩は、50歳代を中心とした中年以降に、肩関節周囲組織の退行性変化を基盤として明らかな原因なしに発症し、肩関節の痛みと運動障害を認める疾患群と定義されているのですが、レントゲンやCTやMRI、超音波検査等で確認できるような明らかな原因がないだけで、実際には微細なレベルでの原因があるから肩の痛みや可動制限が起きるのです。

特に過去に肩を酷使したり、スポーツなどで肩を痛めていたりで、肩関節周囲の筋肉や筋膜、腱や靭帯、関節包などに損傷や癒着、瘢痕などがあると四十肩・五十肩の発症のリスクが上がると思います。

好発年齢が40~60歳代ということなので、老化現象も含んだ代謝障害であるとも言え、個人の体質(炎症を起こしやすい)に関係するものもあるのではと考えています。

四十肩・五十肩の症状の推移は、一般的に発症から約2週間の急性期、その後約6ヵ月間の慢性期を経て回復期に至ることが多く、なにも治療をしなくても一年位でほぼ治ることが多いのですが、なにも治療をしていなかったため、この場合は肩関節周囲の筋力低下と可動制限が残ります。このため疼痛と可動性改善のための積極的な治療が必要となります。

011-261-7866
札幌 整体 四十肩・五十肩 治療院なら谷井治療室



四十肩・五十肩の解剖|札幌四十肩・五十肩 整体治療院 谷井治療室

札幌四十肩・五十肩整体治療院 谷井治療室イラスト


肩の関節は、上腕骨と肩甲骨の間の肩関節(肩甲上腕関節)と、肩甲骨と鎖骨の間の肩鎖関節、胸骨と鎖骨の間の胸鎖関節とがあります。また、解剖学的には関節ではないが機能的には重要な上腕骨頭とその上の肩峰(けんぽう)の間の滑動部の肩峰下関節「第2肩関節」と、肩甲骨前面と胸郭後外側面との間の肩甲胸郭関節(けんこうきょうかくかんせつ)があります。

肩甲骨の関節の受け皿(関節窩)の面積は上腕骨頭の大きさに比べ小さいため、受け皿のふちに関節唇が存在し、関節窩の面積を増やしています。

これらの関節の可動性や機能に問題があれば、肩関節周囲の筋肉に異常な緊張を生じ、肩関節の痛みの原因になります。


札幌四十肩・五十肩整体治療院 谷井治療室イラスト
上の図は、肩関節を支える回旋腱板(ローテーターカフ)の一つの肩甲下筋を示します。肩関節は球関節で、あらゆる方向に動かせる反面、肩甲骨側の関節の受け皿(関節窩)が構造上浅いため、強い外力がかかると脱臼しやすい。そのため上腕骨頭が不安定にならない様に働くのが、回旋腱板(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)である。これらの筋肉は上腕骨頭を肩甲骨の関節窩に押し付ける働きがあります。回旋腱板は肩関節の一番内側に存在するので、インナーマッスルとも呼ばれます。肩関節の外側にはアウターマッスルの三角筋が存在します。

札幌四十肩・五十肩整体治療院 谷井治療室イラスト


上図は、肩関節を支える回旋腱板(ローテーターカフ)の棘上筋、棘下筋、小円筋を示します。

札幌四十肩・五十肩整体治療院 谷井治療室イラスト


この図は、肩関節の靭帯を示します。肩関節は体幹部と連結している部分は胸骨と鎖骨との間の胸鎖関節のみで、肩甲骨は鎖骨にぶら下がっている状態である。また、肩関節は関節包の中で陰圧になって吸い付いているためその安定性を増しています。

札幌四十肩・五十肩整体治療院 谷井治療室イラスト


こちらの図は、肩峰下滑液包を示します。これは上腕骨と肩峰の間で作られる第2肩関節の部分に当たります。肩峰下滑液包は、肩関節の動きを滑らかにしたり衝撃を緩和するクッションの働きもあります。また上腕結節間溝という溝に上腕二頭筋の腱が通っており、肩関節の中を通過して肩甲骨に付着している。上腕二頭筋は力こぶをつくる筋肉でひじの関節を曲げる働きがあり、ものを持ち上げる時などに働くとともに肩関節の安定にも一役買っています。無理な方向にあまりにも強い力が上腕二頭筋にかかると、結節間溝から上腕二頭筋腱が外れてしまうこともあります。

肩関節はこのように骨、軟骨、筋肉、靭帯、腱、滑液包、等が複雑に絡み合い何層にも重なって可動性を維持しつつ、その安定性も保持しています。

しかし、一度このバランスが崩れてしまうと、四十肩・五十肩をはじめとした肩の痛みや拘縮などの可動性の問題が発生してしまうのです。

011-261-7866
四十肩・五十肩 整体治療院なら札幌 谷井治療室

四十肩・五十肩の治療|札幌四十肩・五十肩 整体治療院 谷井治療室

四十肩・五十肩の治療において、一番大切なことは全身のバランス調整がなされていることです。肩関節は骨盤とも連動した動きを示し、また頸椎の影響も強く受けています。これらのバランスおよび機能が正常でないと、肩関節周囲の筋肉の緊張がアンバランスになり、関節のアライメントも崩れてしまいます。

この様な理由から、谷井治療室では肩の痛みをはじめとした、四十肩・五十肩の治療には全身のバランスをとることを第一義にしております。

四十肩・五十肩の治療も、その他の肩関節の痛みや可動制限の治療も基本的には一緒です。肩関節の外の問題なのか、関節内の問題なのか、またはその複合なのかということで施術方法も変化します。肩関節の関節窩は、洋梨型をしており上腕骨頭との間で凹凸の法則が働きますので、この点も考慮して関節包内運動の改善に対する施術も行います。

これらすべての問題を、キネシオロジーテストと触診によって調べ、的確に根気よく施術いたします。四十肩・五十肩の改善には、靭帯や筋肉の拘縮の度合いにより時間がかかるものもあります。

しかし、しっかり治療しないと7年後でも約半数近い方に何らかの痛みや可動制限が残るとの報告もありますので、積極的な治療の介入とリハビリが大切になります。

谷井治療室では、肩の痛みや運動制限の改善のために、全力で施術をさせていただきます。四十肩・五十肩でお悩みの方、是非ご連絡ください。

札幌の谷井治療室に、四十肩・五十肩の整体治療に行って良かったと思っていただけますよう誠心誠意、施術させていただきます。

011-261-7866
札幌 四十肩・五十肩 専門整体治療院なら谷井治療室


症状別の解説と治療ポイント|札幌四十肩・五十肩 整体治療院 谷井治療室