札幌の坐骨神経痛専門整体治療院 谷井治療室


坐骨神経痛とは?|札幌坐骨神経痛整体治療院 谷井治療室

札幌整体坐骨神経痛治療院画像札幌坐骨神経痛整体治療専門の谷井治療室です。坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」が、様々な原因によって圧迫や刺激を受けることで発生する痛みやしびれの症状のことを指します。

当院へお越しの患者様で腰痛関連疾患の中では、かなりの頻度で見られます。

坐骨神経痛の症状としては、腰から足先までの痛み・しびれ・麻痺が出るのが特徴で、最も多いのは腰から臀部や大腿後側の痛みやしびれを伴うものです。

ほとんどの場合左右どちらか一側の下肢への症状ですが、腰椎椎間板ヘルニアの位置や大きさにより両側に坐骨神経痛が出ることもあります。


011-261-7866
札幌で坐骨神経痛専門整体治療院なら谷井治療室


坐骨神経痛の原因|札幌坐骨神経痛整体治療院 谷井治療室

札幌整体坐骨神経痛治療院ヘルニア画像坐骨神経痛の原因として最も多いのは腰椎椎間板ヘルニアといわれております。このタイプの坐骨神経痛は、ラセーグ徴候陽性(下図参照)を示すことが多いです。
左の写真は腰部のMRI画像です。腰椎5番と仙骨の間に椎間板ヘルニアの存在を確認できます。またヘルニアによる神経の圧迫も示しております。

その他の原因として、臨床上では非常に少ないですが、梨状筋(りじょうきん)症候群といって、梨状筋部での坐骨神経の圧迫や絞扼(こうやく)などのストレスにより坐骨神経痛が発生するものもあります。

高齢者では変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの腰部変形性疾患にによって坐骨神経痛が発生するものも少なくありません。

その他、原因不明のものも多々ありますが、当院の施術に良い反応を示すものが多いのも事実でございます。

札幌坐骨神経痛整体治療院 椎間板ヘルニア画像

上の図は、第5腰椎と仙骨の間の椎間板に発生した腰椎椎間板ヘルニアの画像です。

札幌坐骨神経痛整体治療院 椎間板ヘルニア画像

  • 用語解説
  • Meningi・・・髄膜
  • Sostanza gnigia・・・灰白質
  • Sostanza bianca・・・白質
  • Radice dorsaie・・・後根
  • Radice ventrale・・・前根
  • Nervo spinale・・・脊髄神経
  • Nucleo polposo・・・髄核
  • Anello flbroso・・・繊維輪
  • Corpo della vertebra・・・椎間板

    Posted from Wikipedia

上の図は、椎間板を上から見たところで、向かって右側に椎間板の髄核が脱出して、脊髄神経を圧迫する様子を動きのある画像で表しています。


011-261-7866
札幌で坐骨神経痛専門整体治療院なら谷井治療室

ラセーグ徴候|札幌坐骨神経痛整体治療院 谷井治療室

札幌整体坐骨神経痛治療院ラセーグ徴候画像ラセーグ徴候とは神経診断学における神経根症状を調べるための検査法で、SLR(Straight Leg Raising Test 下肢伸展挙上検査)、ラセーグテストとも言います。

患者様を仰向けに寝かせて術者の手を踵部にかけて、膝を伸展のまま挙上した時に70°以下の範囲で坐骨神経に沿う臀部から大腿後側、下腿部に及ぶ放散痛が現れた時に陽性所見とする。


011-261-7866
札幌で坐骨神経痛専門整体治療院なら谷井治療室


坐骨神経痛の解剖|札幌坐骨神経痛整体治療院 谷井治療室

坐骨神経は、第4、第5腰神経と第1~第3仙骨神経により構成されます。

坐骨神経の走行は大坐骨孔(梨状筋下孔)を通り骨盤外に出て大腿後面を下降し、膝の裏の上方で総腓骨神経と脛骨神経とに分かれます。

札幌整体坐骨神経痛治療院 谷井治療室腰部神経イラスト

札幌整体坐骨神経痛治療院 谷井治療室 坐骨神経イラスト

札幌整体坐骨神経痛治療院 谷井治療室 坐骨神経イラスト


黄色い線が坐骨神経ですが、梨状筋と坐骨神経との関係は個人差があり、上図の様な標準的なタイプは全体の85%くらいで、残りの15%は坐骨神経が梨状筋の中を貫通したり、梨状筋上孔と梨状筋下孔を上下にまたいだりするタイプとなります。

この様なタイプは梨状筋の過緊張や外傷後の炎症などによって坐骨神経が圧迫や絞扼されやすく、梨状筋症候を発症しやすくなります。

梨状筋症候の症状は梨状筋から下位の坐骨神経ラインに沿って痛みやしびれを感じ、お尻~膝裏~足先まで広がります。
痛みの範囲は、お尻のみの方もいれば、下肢全体が痛む方もいます。患部を下にして寝たり、長時間のデスクワークや車の運転で症状が悪化することがあります。また、過度な運動も厳禁です!

椎間板ヘルニアなど根性症状と梨状筋症候群との判別診断が大切で、梨状筋症候群では一般的にラセーグ徴候(SLRテスト)は陰性で、筋力低下(-)、デルマトーム(皮膚分節)と症状の部位は必ずしも一致しない。梨状筋部の圧痛点の押圧により、症状の誘発をみることもあります。

整形外科的な理学検査としては、Kボンネットテストによる判別が有効です。


札幌整体坐骨神経痛治療院デルマトーム画像

011-261-7866
札幌で坐骨神経痛専門整体治療院なら谷井治療室


坐骨神経痛の治療|札幌坐骨神経痛整体治療院 谷井治療室

当院では病名や症状によって治療法が変わることはありませんが、坐骨神経痛に特に関係の深い部位をここに示します。

まずは腰痛治療に準じて仙腸関節の治療はどんな場合にも必要となります。そして次に腰仙関節の治療も必須となります。

また、頸椎の必要箇所を施術することで、全体を統合いたします。
梨状筋症候など特定の筋肉の過緊張もバランスをとります。

坐骨神経痛は、時に激しい症状を示しますが、過去の臨床からいえることは、根気よく施術を行うことで、回復するための環境が整い、これまでに多くの症状が改善しております。

腰痛・坐骨神経痛の原因疾患の一つである、腰椎変性疾患は椎間板ヘルニアでも、脊柱管狭窄症でも、変形性腰椎症でも、再発があることを前提にして整体治療を考える必要があります。腰椎変性疾患は、腰椎が加齢変化を進める中で発生する病気ですので、ほおっておいても老化、退化は進行していきます。

整体治療で、椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症、ぎっくり腰、坐骨神経痛などの腰痛関連症状が治癒し楽になっても、当然ながら、これが生涯に渡って安泰となることはありません。

整体治療で大切なことは、腰痛・坐骨神経痛の症状を根本的に改善する治療のサイクルと、一度良くなったものを維持管理する、予防のサイクルです。せっかく良くなったのに、整体治療を受けに来られなくなり、しばらくしてから再発し、また治療に来る方もおります。大概は、以前よりも悪い状態になっているのです。腰痛・坐骨神経痛は再発を繰り返すほど、瘢痕化などが進み、難治性になってしまいます。

自分だけは大丈夫だと、高を括ることなく、定期的に整体治療を受けることを、お勧め致します。その理由は上記した通りです。

お辛い症状でお悩みの皆様、ご連絡をお待ちしております。札幌の谷井治療室に、坐骨神経痛の整体治療に行って良かったと思っていただけますよう誠心誠意、施術させていただきます。


011-261-7866
札幌で坐骨神経痛専門整体治療院なら谷井治療室

坐骨神経痛の治療例|札幌坐骨神経痛整体治療院 谷井治療室

 札幌市在住40代男性|営業職|強い右坐骨神経痛が原因で 、杖を突かないと歩けない。

坐骨神経痛が強く、室内でも杖なしでは歩けない状態で、痛みのため脂汗をかいている状態で、何とかしてあげたいと心から思いました。5・6回治療を重ねてもあまり状態は好転せず、あと何回来たら治るのかと詰問され、ご本人様の心中を察すると、こちらも頑張らなくてはという思いでいっぱいでした。幸い10回目の治療を終えた後から劇的に好転し、その後数回の治療で坐骨神経痛はほとんど消失しました。その後は月に1回のペースで予防のために施術を続けさせて頂いております。

● 札幌市在住30代女性|主婦|左坐骨神経痛で痛みのため日常生活が困難。

坐骨神経痛が主訴で、立位での右側への上体の傾きを示す逃避性の側彎(マイナーサイン)があり、SLRテスト30度、陽性で、腰椎椎間板ヘルニアによる可能性を示唆。カイロプラクティックのSOT骨盤ブロック治療にて、椎間板にかかるアンバランスな圧を除圧しながら、バランス調整を繰り返す。7回の治療で坐骨神経痛の症状は半減し、その後の施術で坐骨神経痛は漸次改善する。

● 札幌市在住30代男性|大工|右坐骨神経痛で仕事ができない。

右坐骨神経痛で来院。特にふくらはぎの痛みが強く、同部の下腿三頭筋に軽度の痙攣をともなう。大工という仕事がら高所作業があるため、このままでは仕事にならず遠方より来院。第5腰椎と仙骨(L5-S1)の間の椎間板の脊柱管内のヘルニアまたは、神経根の内側型と推定。整形外科テストでS1神経障害が出ていますので、その点を考慮しての施術を行う。3回の施術で基本的なバランスが整うも、症状の改善には至らず、より限局的に治療し、5回目から急激に坐骨神経痛が楽になってきて、ふくらはぎの筋肉の痙攣も消失。現在は、月1回の間隔で再発を防いでいます。


011-261-7866
札幌で坐骨神経痛専門整体治療院なら谷井治療室


症状別の解説と治療ポイント|札幌坐骨神経痛整体治療院 谷井治療室