プラス思考で実践を積み重ねることは大切です!

洞察力、感性、直観力などは、人に教わったり本を読んで身につくものではなく、実体験から自分で体得することだと思います。学校では、知識は教えてくれます。半ば強制的にそれを詰め込まれ、受験戦争も記憶力の勝負となっているのが現状です。(私は完全に落ちこぼれていましたが・・・)

生きるための材料の一部は与えてくれますが、その活用法までは教えてくれません。

皆さんは、額に汗して学校で学んだ、方程式や関数、微分、積分などの知識を、大人になってからどの程度活用していますか? 学校で学んだことの何割がいま活かされているのでしょうか。

やはり、社会に出てからの実体験での学びの方が、比重としては大きいと思います。

職場での学びと育成方法には、OJTとOff -JTの2つに分かれます。 OJTは、「On the Job Training」の略で、読んで字のごとく、仕事をやりながら育成を行うもので、現場で学ぶとはこのことです。それに対して、Off -JTは、「 Off the Job Training」であり、仕事から離れたところでの育成で、主に集合研修などの座学がこれに該当します。

学生時代の勉強のほとんどは、Off -JTに当たります。多くの学校の先生は教育大学を卒業して、いきなり教員になってしまうため、実社会で他の職業経験がありません。そのため自分たちが教えている科目やその内容が、実際の仕事でどう活用できるのかを教えられないのです。

ここで誤解してほしくないのは、学校の勉強が無駄だといっているのではなく、これは大切であると、落ちこぼれだった私でも思います。しかし、これだけでは社会で通用しないので、実際の業務に、この知識をどう落とし込んでいくかが大切になってきます。

現在使われている「学」という字は戦前は「學」と書いていました。學のかんむり部分の臼(キュウ)は、手を表しているそうです。本当の学びは、手によって実際に体験、経験して初めて成されるからです。

私が治療の世界で駆け出しの頃、お世話になった先生は、とにかく実践の大切さを説かれ、治療院を開業できなくても、出張治療などで臨床経験を重ねることを強く勧めてくださいました。

当時の私には、開業資金の持ち合わせもありませんでしたので、ひたすら出張治療に明け暮れました。お蔭様で、そこで多くの失敗とともに、大変貴重な学びを得ることができたのには本当に感謝しています。

徒然草

徒然草の第150段に次の文があります。(現代語訳)

芸事や稽古事を始めようとする人で「下手なうちは人に隠しておこう。こっそりと稽古をして、うまくなってから人前に出て披露するのが恥をかかなくていい」などと言う人がよくいるが、こんなことを言う人はけっしてどんな芸も身につけることは出来ないものだ。

むしろ、まだ下手なうちからうまい人の中に混じって、まわりからけなされたり笑われたりしても、それを恥とはせずに、平気で受け流すようにしないといけない。そうして、怠けず自己流にならずに、長年の間稽古に励んでいるなら、たとえ生まれつきの才能がなくても、才能があるのに怠けている人よりも早く上達できるものだ。そして、そういう人が最後には能力を飛躍的に伸ばして、誰もが認める第一人者となるのである。

今でこそ天下の名人と言われているような人も、最初は下手だと言われて、ひどい恥をかいたこともあったのである。しかし、そんな人が、その道の決まり事を厳密に守り、しきたりを重視して我流に流れないことによって、世に名の知られた名人となって、多くの人たちを教え導く立場についているのである。このことは、どの芸事でも同じことである。(第150段)

チャレンジ精神

結果を出すのは、他人の30倍チャレンジして、他人の20倍失敗して、他人の2倍の成果を得る位のものだと思いますが、それでも前に進み続けることが大切です。

チャレンジするには、少しだけ勇気も必要になります。こんな実例がありました。

出張治療を専門で行っているある治療家が、治療院を開業しようと考え、自分の出身地を視察に行ったそうです。そうしたら、その街には治療院や整体院、カイロプラクティックなどの同業者がすでに沢山開業しておりました。

そこでこの方は、「こんなにも同業者がいたら、後発である自分には、とても太刀打ちできない」と、すごすごとその場を立ち去ったというのです。

私はこの話を聞いて、もったいないなと思いました。ものは考えようで、その街に同業者が多いということは、潜在的に治療を必要としている方が多いということです。

アフリカに靴を売りに行った話

有名な営業の話ですが、ある二人の「靴売り」のセールスマンがいます。

 二人ともアフリカに靴を売りに行くことになりました。

当時のアフリカには靴を履いている人が一人もいません。

一人は「誰も靴を履いていないのでダメです」と報告し、帰ってしまいました。

もう一人は「すごいです!誰も靴を履いていないから、ものすごい市場です!」と興奮し、会社に靴を送るようにと連絡しました。

その結果、ものすごく靴が売れたという話です。

目の前の現象は一つでも、その解釈は無限です!プラス思考か、マイナス思考かで結果は違って来ます。

何事も積極的に実践を重ねることが大切ですし、そこからしか学べないことって多いですね!

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

脳と思考と潜在意識

札幌整体治療院 谷井治療室 ジョセフ・マーフィー画像

ジョセフ・マーフィー画像

先日、東北大学の川島隆太教授の本を読んでいて、ああなるほどと思うことがあったので、そのことについて書きます。

我々の脳は使えば使うほど、同じ神経細胞から同じ神経細胞に向かって、たくさんの同じ信号がながれる。

これを繰り返していくと、同じ神経細胞をつなぐ神経線維の数が増え、さらに一本一本の神経線維が太くなるそうです。

また、神経線維と神経線維がつながっている部分を医学的には「シナプス」と言いますが、このシナプスの数が増えるというダイナミックな変化が起きるそうです。

このような情報処理の強化を「ネットワークの強化」と言うそうです。

これからわかることは、人はいつも思考している通りに脳のネットワークが強化され、その部分がビルドアップされていくということです。

筋肉と同じで、使えば鍛えられ、強化され、ビルドアップされるのです。

そして、普段思ったり考えたりしていることが、言葉になり最終的にはそのような行動に繋がります。その行動から体験が生まれ、体験から脳は学習し、さらにビルドアップしていきます。

実は、脳神経だけでなく普段考えていること(顕在意識)が、潜在意識に作用し、潜在意識もビルドアップしてゆくのです。

「あなたがいつも考えていること、それがあなたです。」  ジョセフ・マーフィー

このように、普段どのような考えを持っているかで、その人の発言や行動が決まり、それに見合った結果が現れるのです。

「良いことを考えれば、良いことが起きます。

悪いことを考えれば、悪いことが起きます。

あなたは、一日中考えるとおりになります。」  

ジョセフ・マーフィー

全てとは言いませんが、健康も病気も実は自分自身の思考が現実となって表れたものです。以下にジョセフ・マーフィーの名言をいくつかご紹介いたします。

  • ・病気とは、一時的な肉体と精神の不調和の結果引き起こされた状態です。それはあくまで一時的なものだと信じなさい。
  • ・感情をいつも抑圧していると肉体的な病気となって表れてきます。それはすぐに心の川に流してしまいなさい。
  • ・立腹や後悔、他人への呪詛(じゅそ)、敵意などが、あなたの肉体や精神の病の大きな原因になることを忘れてはいけません。
  • ・悲観主義、絶望的な気持ち、嫉妬、憎しみ、不平・不満は病気を育てあなたを破滅させます。
  • ・治癒力はその人の想像の型によって決まってきます。肯定的で明朗、積極的な人は自然治癒力は最高度に発揮されるでしょう。マイナスの観念にとらわれている人にはマイナスに働きます。
  • ・あなたが自然の治癒力を獲得したいと思うなら、潜在意識にそのことを指令しなさい。
  • ・あなたの中の憎しみや嫉妬、恨み、絶望の気持ちは、自然治癒力の障害となります。そういう感情を抱え込むのはみずからを不幸に追い込むことです。
  • ・自然治癒力が発揮されるのは、あなたがその存在を肌で感じることができたときです。
  • ・犬や猫は薬もないのに生きていけます。これは自然治癒力があるからです。人間にもそれはあるのです。
  • ・あなたの病あなたの病気は癒されるべきものです。悲観したり絶望したりする前に、自然の創造者に回復の請求書を出しなさい。
  • ・あなたがいま病気なら治癒の暗示をしなさい。暗示の力は強力です。暗示は人を病気にしますが、また癒してもくれるのです。
  • ・あなたの肉体の障害を治すのは、あなたの肉体をつくった力です。それは潜在意識にほかなりません。
  • ・あなたが否定的思考にとりつかれているとしたら、あなたは遠からず病気になるでしょう。否定的思考は病気を培養する温床です。
  • ・恐怖心は病気を招きます。しかし、あなたが何者をも恐れないなら、病気はあなたに近寄ることはできません。
  • ・肉体の病気を進行させない最も有効な方法は、自らの内にある霊的な力を高めることです。そのために真っ先にしなければならないのは、心の平安を取り戻すことです。
  • ・いつも不安や心配にさいなまれている人は、病気を呼んでいるようなものです。
  • ・嫉妬深い人はそれだけで病気の原因をつくっています。それは、他人と自分を比較してたえず不満と劣等感を抱きつづけることだからです。
  • ・病人の苦しみに感情移入してはいけません。それは建設的ではないからです。ひたすら肯定的に、彼が癒されることのみを祈るべきです。
  • ・病気を治すのは医者や薬ではありません。本当に病気を治すのは、その人の自然治癒力にほかなりません。

普段何気なく思考していることが潜在意識に刻印され、その通りに現実化してしまいます。脳も思考も潜在意識も、前向きな積極的プラス思考でより良い人生を送れたらと思います。
 
逆境、試練、困難、苦難に直面するとネガティブなことを考えがちですが、そうすると前述のとおり、ネガティブな脳がビルドアップしてしまいます。

潜在意識も含め、できればポジティブなビルドアップをしたいですね。
 

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症等、様々な症状の根本原因を改善する整体治療院 「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村