札幌 胸郭出口症候群 専門整体治療院 谷井治療室


胸郭出口症候群と整体治療|札幌胸郭出口症候群整体治療院 谷井治療室

札幌で胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)の整体治療専門の谷井治療室です。心臓から続く動脈と静脈の血管が、胸郭を出た所で神経とともに圧迫されるので、この名称で呼ばれます。胸郭出口症候群の患者は、首が長く、なで肩で、鎖骨の角度が水平に近い方で、特に女性に多く発生します。

胸郭出口症候群は、手を上に挙げる動作(物干しの動作や、つり革につかまる動作)で、上肢や肩甲骨周囲のしびれや痛みが出ます。腕を一定の高さで作業をする美容師などに散見されます。

また、痛みやしびれなどの感覚障害に加え、手の筋力低下や細かい動作がしにくいなどの、運動麻痺の症状が現れることもあります。一般的には、肩こり、腕や手のしびれ、手の血行不良(冷え、だるさ、むくみ)などの症状を訴えます。

胸郭出口症候群の解剖|札幌胸郭出口症候群整体治療院 谷井治療室

胸郭出口症候群は、腕神経叢と鎖骨下動脈、鎖骨下静脈が、胸郭の出口付近で圧迫・牽引されることで起きる症状の総称です。

神経や血管の圧迫・牽引される部位の違いによって、次のように分類されます。

  • 斜角筋症候群
    前斜角筋と中斜角筋と第一肋骨が構成する三角形の隙間を斜角筋隙(しゃかくきんげき)といいます。この部分で腕神経叢や鎖骨下動脈の圧迫や牽引が起きている状態です。
  • 肋鎖症候群
    肋鎖症候群は、鎖骨と第一肋骨の間隙を通る鎖骨下動静脈と腕神経叢がその構造から物理的に圧迫を受けている状態です。
  • 小胸筋症候群(過外転症候群)
    肋骨と小胸筋の間の隙間を鎖骨下動静脈と腕神経叢が、上肢の方へ走っています。この部分で神経や血管が圧迫・牽引されるものをいいます。特に上腕を外転する肢位に持っていくと、圧迫や牽引が強まります。具体的には、つり革につかまるような姿勢をとると、腕に痛みやしびれ、血流障害が起こります。
  • 頚肋症候群
    第7頚椎(時に第6頚椎)の横突起が長く伸び、肋骨状になった奇形です。

下の図は、胸郭出口症候群に関連する前斜角筋、中斜角筋、鎖骨下動脈、鎖骨下静脈、腕神経叢、小胸筋、鎖骨などを示したものです。


札幌整体胸郭出口症候群治療院 谷井治療室 斜角筋画像      
札幌整体胸郭出口症候群治療院 谷井治療室 小胸筋画像


胸郭出口症候群の診断|札幌胸郭出口症候群整体治療院 谷井治療室

胸郭出口症候群の症状として、上肢の痛みやしびれがありますが、似たような症状を呈する疾患として、頚椎症性神経根症があります。

手のしびれや痛みが、首からの問題か、胸郭出口症候群なのかを判別しなくてはなりません。

胸郭出口症候群の場合、その症状の緩和動作があります。背筋を伸ばした状態で、腕組みをし、症状が軽減するものは、胸郭出口症候群の可能性があります。

もう一つは、背筋を伸ばした状態で、両肩を上にすくめる様にして、更に肩を前方に出します。これで症状が軽減すれば、胸郭出口症候群の可能性があります。これらは、胸郭出口症候群の誘発テストと逆の動作になります。人は直立二足歩行を獲得したが、その結果腰痛や胸郭出口症候群に悩まされることになったとも言えます。

頚椎症性神経根症の場合は、首を後ろに倒す動作を行うと、神経根の出口である頸椎の椎間孔が狭くなるので、痛みやしびれが強くなります。スパーリングテストやジャクソンテストは、椎間孔を狭めるテストで、神経根症の判別に役立ちます。

頚椎症性神経根症のテスト

【スパーリングテスト】
スパーリングテストは頚部の神経根刺激症状を見る検査です。頚椎を患側へ後側屈させ頭部に軸圧を加えると椎間孔が狭窄され、痛みやしびれが症状側の上肢や背部に誘発されたら、このテストの陽性所見とする。

【ジャクソンテスト】
ジャクソンテストは神経根刺激症状をみる検査です。頚椎をやや後屈位にし、頭部を下方に圧迫すると椎間孔が狭窄され、患側の上肢や背部に痛みやしびれが誘発されたらこのテストの陽性所見とする。

胸郭出口症候群のテスト

【アドソンテスト】
腰かけ座位で、橈骨動脈の脈をとりながら、頚椎回旋及び、あごの挙上を指示する。橈骨動脈の脈拍の減弱か消失または、上肢の痛みやしびれなどの感覚異常は、このテストの陽性所見とし、胸郭出口症候群の可能性を示唆する。

【モーリーテスト】
前斜角筋の鎖骨への付着部付近を指で押圧します。この時に、痛みやしびれが誘発されれば、陽性所見とし、胸郭出口症候群の可能性を示唆する。

【ライトテスト(過外転テスト)】
腰かけ座位で、橈骨動脈を触診する。さらに、上肢を過外転させた時の脈拍の変化と再現性をみる。橈骨動脈の脈拍の減弱か消失は小胸筋か烏口突起による動脈の圧迫を示し、胸郭出口症候群の可能性を示唆する。

【エデンテスト】
主に、鎖骨下筋、鎖骨、第一肋骨に問題が無いかテストするものです。橈骨動脈に触診し、腕を後方へ引いていく。この時に橈骨動脈の脈拍の減弱か消失は陽性所見とし、胸郭出口症候群の可能性を示唆する。

胸郭出口症候群の治療|札幌胸郭出口症候群整体治療院 谷井治療室

胸郭出口症候群の治療は、まず正確な検査から始まります。谷井治療室では、整形外科テスト、触診、キネシオロジーテストなどを、現在の症状と突き合わせ患者様に最適な治療法を選択いたします。胸郭出口症候群は、上肢への痛みやしびれなど、大変不快な症状に悩まされます。検査もアジャストも無理のかからないソフトなものを採用しております。

胸郭出口症候群は、頚椎や、鎖骨、斜角筋、小胸筋だけの問題ではなく、全身のバランスと密接に関係しています。そのため谷井治療室では、たとえ胸郭出口症候群であっても、骨盤など全身の調整を行います。この事によって、更に頚椎などのバランスが安定して、胸郭出口症候群の回復に必要な環境が整うのです。

谷井治療室では、胸郭出口症候群にとどまらず、全ての治療において、危険な頸椎スラスト法は一切行いませんのでご安心ください。

胸郭出口症候群の治療例|胸郭出口症候群整体治療院 谷井治療室

 札幌市在住20代女性|美容師| 左の腕にしびれが出るとの主訴で来院

触診で左側の斜角筋の筋緊張が強く、モーリーテストで斜角筋を押圧すると、左手の先までしびれが走り、本人も肩をすくめる。頚椎のアジャストと骨盤の調整、胸郭出口症候群に関連する部位を、キネシオロジーテストで診断し、調整を繰り返し8回の施術で左手のしびれは消失。その後も定期的に月に1回の施術で予防に努めています。

● 札幌市在住30代女性、パソコン作業。左手のしびれ

一日中パソコンでポスターやチラシを制作する仕事から、胸郭出口症候群を発症。朝の手のこわばりとむくみに加え、作業中の手のしびれを主訴とする。ライトテストで橈骨動脈の脈拍消失。頚椎、骨盤の基本調整と、過外転症候群に対応するため、小胸筋の調整も実施。一回目の施術後から、橈骨動脈の脈拍は改善し、その後漸次症状の改善をみる。現在も月に1回のペースで定期的に調整しています。

● 札幌市近郊在住40代女性、事務職。右手の痺れと痛みと冷えが主訴で来院

エデンテストで陽性所見を示し、頚椎骨盤の基本調整と、第1肋骨の強いフィクセーションの調整により、6回の調整で症状の8割は消失。その後も施術を続けることで完治。現在も予防のため定期的に調整を行っています。

● 札幌市在住30代男性、調理師。1年前から左の肩から腕にかけて痛みとしびれ

ここ1ヶ月の間に、急にその症状が強くなってきた。ライトテストを行うと、橈骨動脈の脈拍が消失。頸椎、第一肋骨、仙腸関節、胸椎など関係個所を施術。1回目の施術から症状の改善が認められ、回を重ねるごとに胸郭出口症候群の症状も改善し、6回の施術で完治。現在も胸郭出口症候群の予防のために月1回の施術を続けています。

症状別の解説と治療ポイント|札幌腰椎椎間板ヘルニア整体治療院 谷井治療室


腰痛
腰痛治療のページにスキップ
肩こり
肩こり治療のページにスキップ
ぎっくり腰
ぎっくり腰のページにスキップ
頭痛
頭痛のページにスキップ
坐骨神経痛
坐骨神経痛のページにスキップ
自律神経失調症
自律神経失調症のページにスキップ
めまい
めまいのページにスキップ
脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症のページにスキップ
膝の痛み
膝の痛みのページにスキップ
股関節の痛み
股関節の痛みのページにスキップ
四十肩・五十肩
四十肩・五十肩のページにスキップ
足の痛み
足の痛みのページにスキップ
頚椎ヘルニア
頚椎ヘルニアのページにスキップ
腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニアのページにスキップ
胸郭出口症候群
胸郭出口症候群のページにスキップ



011-261-7866
札幌で胸郭出口症候群専門整体治療院なら谷井治療室