スポンサーリンク

toukou-list

腰痛は蓄積される

腰痛治療は、体の中心軸を整えることです。

今回ご紹介する書籍は、「腰痛借金」 松平 浩 + 勝平純司 共著 辰巳出版です。

日本の腰痛持ちの方の総数(40歳以上)は、推計で2800万人と言われます。平成25年度国民生活基礎調査によると、腰痛を訴える方の数は女性は2番目、男性はトップとなり、腰痛は国民病であると言えます。

実は現代西洋医学で腰痛の原因が、わかっているものが全体の15%で、残りの85%は原因がわからないのです。

私の治療院に来てくださる患者様の主訴で最も多いのは腰痛で、西洋医学では原因のわからないとされる85%の腰痛に対しても、その改善のために施術をさせて頂いております。

整体、カイロプラクティック、オステオパシーなどでは、腰痛治療といっても、腰だけを治すのではなく、全身のバランスを重視します。

一部は全体とつながっていますので、たとえ腰痛といえども、腰以外の部位への施術で治療することもあるのです。私も木を見て森を見ずにならないように気を付けたいところです。

幸い、当院の診断法の一つであるキネシオロジー(筋肉反応テスト)によって腰痛の患者様の施術部位を調べると、患部そのものを直接治療することが意外と少ない事に気づかされます。

腰痛借金とは、腰痛を発生させる「蓄積された負担」のことだと筆者は述べています。

腰痛借金は以下のように大きく3つのタイプに分けられます。

  • 背骨に溜まる腰痛借金
  • 筋に溜まる腰痛借金
  • 心に溜まる腰痛借金

背骨に溜まる腰痛借金とは、椎骨(ついこつ:背骨を構成する骨)、椎間板(ついかんばん:椎骨と椎骨の間にあるクッション)、靭帯(じんたい:背骨を支える組織)への負担や傷によるものです。

例えばぎっくり腰などは、椎間板の中のゼリー状の髄核(ずいかく)が移動した際に周りの繊維輪(せんいりん)を傷つけ、これが一気に広がったものです。

椎間板ヘルニアは、髄核がズレた状態を放置したまま負担がかかったため、繊維輪から髄核が飛び出し、神経を刺激してしまった結果、炎症が起きて痛みが出るものです。

次に筋に溜まる腰痛借金とは、背骨を支える腹筋と背筋の中の主に背筋の筋収縮が持続した結果、筋の血流が悪くなり、筋が酸欠状態になるものです。この状態では筋肉に疲労物質が蓄積されてしまいます。

背筋とは、主に脊柱起立筋のことで、棘筋(きょくきん)、最長筋(さいちょうきん)、腸肋筋(ちょうろくきん)などになります。

三番目に、心に溜まる腰痛借金についてです。腰痛は肉体的なものだけでなく、精神的なストレスでも起こるのです。腰痛以外でも、睡眠障害・疲労感、めまい・耳鳴り、息苦しさ・動悸、胃腸の不調、頭痛、肩こり、手足のしびれ・筋肉痛など精神的なストレスで様々な症状が発生します。

実際にはこれら3つの要素が絡み合って腰痛借金が増えているのです。

シーソーの原理

それでは、背骨と筋に腰痛借金が溜まるメカニズムについてお伝えいたします。

札幌腰痛整体 シーソー
姿勢と椎間板の圧力

腰にかかる負担は、シーソーの原理(テコの原理)を用いると理解しやすくなります。

これを人間の「腰」に当てはめて考えてみます。支点を第4第5腰椎の間として考えると、上半身の重さが、体の前方にシーソーを回転させる力になります。(上図)

上半身が深く前屈みになるほど、上半身の支点の位置は身体の支点から遠くなり、前方に回転する力が大きくなります。そして体重が重ければ重いほど、上半身に生じる力も大きくなります。

こうして前方に回転する力がかかる場合、腰は上半身を支えるために、後方に回転させる力を生み出さなければなりません。この力を生み出すのは、主に背筋です。

前屈みで背筋を使い続け、筋に疲労が蓄積すると「筋に溜まる腰痛借金」が増えてしまうのです。

椎間板を押しつぶす力

「椎間板を押しつぶす力」は、「シーソーの支点にかかる力」で、シーソーの両端にかかる力の合計が、椎間板を押しつぶす力になります。つまり背筋の力も椎間板を押しつぶす力として働いてしまうのです。

例えば、体重70kgの男性が角度30度のおじぎ姿勢になると、椎間板を押しつぶす力は130kgにもなります。

この押しつぶす力に椎間板が耐えられないと、ぎっくり腰椎間板ヘルニアになってしまいます。

また前後方向にズレる力がかかると、腰椎分離すべり症変性すべり症などが発症する可能性があります。

荷物の持ち上げと腰の圧力

有名な研究によると、20kgの物体を床から持ち上げる時、椎間板を押しつぶす力は、340kgを超えるそうです。

またある研究では、60kgの他人を持ち上げ、ベッドから車いすに移動させる場合は、椎間板を押しつぶす力が実に500kgを超えるというのです。

椎間板強度

上の表の様に、椎間板は年齢を重ねるごとに圧力に対して弱くなってきます。また、特に女性は高齢になると骨粗しょう症をかかえることが多く、重いものを持ち上げる瞬間だけでなく、ちょっとした動作でも骨折のリスクもありますので注意が必要です。

年齢とともに治癒力も低下し、腰痛も治りにくくなりますので、若いころから腰痛借金をためないよう工夫することが大切です!

自分でできることでは、姿勢を気を付けたり、体の使い方の改善などがあります。それとともに、整体治療で体のバランスを整え、腰椎や椎間板にかかる圧力を適正にすることも大切です!

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を施術する整体治療院 。あん摩・マッサージ・指圧師の国家資格取得者「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

全国どこでも遠隔施術も承ります。https://www.taniithiryousitu.com/distant-healing/
札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村