坐骨神経痛とは

札幌坐骨神経痛整体治療専門の谷井治療室です。坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」が、様々な原因によって圧迫や刺激を受けることで発生する痛みやしびれの症状のことを指します。

札幌坐骨神経痛整体イメージ画像

当院へお越しの患者様で腰痛関連疾患の中では、かなりの頻度で見られます。

坐骨神経痛の症状としては、腰から足先までの痛み・しびれ・麻痺が出るのが特徴で、最も多いのは腰から臀部や大腿後側の痛みやしびれを伴うものです。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛が起きる主な原因疾患は次のようなものです。 坐骨神経痛とは、以下のような様々な病態の総称なのです。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板は中心の髄核を、繊維輪が取り囲んでいます。背骨の間のクッションの役目をしています。椎間板の一部が外側に膨らみ、神経を圧迫して痛みやしびれなどの症状が出ます。

ほとんどの場合左右どちらか一側の下肢への症状ですが、腰椎椎間板ヘルニアが原因の場合は、ヘルニアの位置や大きさにより両側に坐骨神経痛が出ることもあります。

脊柱管狭窄症

加齢などにより変形した椎間板や、背骨や椎間関節の変形した部分が、神経を圧迫した結果下肢に痛みやしびれなどが出ます。長く歩くと症状が悪化する間欠性跛行(かんけつせいはこう)が特徴です。

腰椎分離症・すべり症

背骨の骨折や椎間板や靭帯などの変性によって腰椎が前方にすべった結果、神経が圧迫され、下肢に痛みやしびれが出ます。

梨状筋症候群

坐骨神経が骨盤出口部で、股関節を支える筋肉である梨状筋の圧迫や刺激を受け、坐骨神経痛が起きている状態を梨状筋症候群と呼びます。発症頻度は低いですが、鑑別診断上とても重要な疾患です。
当院では、梨状筋の徒手筋力検査で筋力を調べたり、その他の検査で梨状筋症候群と坐骨神経痛の関連を調べます。

avatar
院長 谷井昌幸
院長は、厚生労働大臣認可の国家資格、「あん摩・マッサージ・指圧師」免許の有資格者で、坐骨神経痛の整体治療も安心!

坐骨神経痛整体の特徴

1
札幌で坐骨神経痛専門

坐骨神経痛がひどく、マッサージでもすぐに症状が戻ってしまうとお悩みの皆様におすすめ!

2
根本原因を施術

単なる慰安や癒しでなく、坐骨神経痛の根本原因を独自のキネシオロジーで調べ、確実に矯正します。

3
全く痛くない安心安全な施術

医学的知識にもとづいた、ソフトな治療で、坐骨神経痛の整体治療をどなたにもおすすめいたします!

4
院長は国家資格者

院長は、「あん摩・マッサージ・指圧師」の有資格者。谷井治療室は、札幌市保健所届出済み施術所です。

5
一時しのぎの指圧・マッサージは行いません

坐骨神経痛の整体治療では、力まかせに揉んだり押したり、叩いたりで症状をごまかしたり、気持ち良いだけの慰安マッサージは行いません。

6
首や骨盤などをソフトに矯正

カイロプラクティックとオステオパシーの中でもソフトな施術を採用し、短時間で効果の高い坐骨神経痛の施術を行います。

7
着替えなしで受けられます

基本的に私服のままで坐骨神経痛の整体治療を受けられます。

8
少ない施術回数で確実に結果を出す実績

ほとんどの方が、初めの数回で坐骨神経痛の改善が見られます。できるだけ早く治療サイクル終了を目指します。

9
日曜日も営業

日曜日も営業しておりますので、平日は無理という方でも、気軽に坐骨神経痛の整体治療を受けることができます。

坐骨神経痛の治療

当院では病名や症状によって的確に治療法を選択し施術します。坐骨神経痛に関係の深い部位をここに示します。

骨盤と仙腸関節

まずは腰痛治療に準じて仙腸関節の治療はどんな場合にも必要となります。そして次に第5腰椎と仙骨の間の腰仙関節の治療も必須となります。

また、頸椎の必要箇所を施術することで、全体を統合いたします。
梨状筋症候など特定の筋肉の過緊張も筋膜リリーステクニックやトリガーポイント療法でバランスをとります。

坐骨神経痛は、時に激しい症状を示しますが、過去の臨床からいえることは、根気よく施術を行うことで、回復するための環境が整い、これまでに多くの症状が改善しております。

腰痛・坐骨神経痛の原因疾患の一つである、腰椎変性疾患は椎間板ヘルニアでも、脊柱管狭窄症でも、変形性腰椎症でも、再発があることを前提にして整体治療を考える必要があります。腰椎変性疾患は、腰椎が加齢変化を進める中で発生する病気ですので、ほおっておくと老化、退化は急激に進行していきます。

整体治療で、椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症、ぎっくり腰、坐骨神経痛などの腰痛関連症状が治癒し楽になっても、当然ながら、これが生涯に渡って安泰となることはありません。

整体治療で大切なことは、腰痛・坐骨神経痛の症状を根本的に改善する治療のサイクルと、一度良くなったものを維持管理する、予防のサイクルです。症状が改善すると治療をやめてしまい、しばらくして再発し、慌てて治療に来る方もおります。以前よりも悪い状態になっていることが多く、腰痛・坐骨神経痛は再発を繰り返すほど、瘢痕化などが進み、難治性になってしまいます。

自分だけは大丈夫だと、高を括ることなく、定期的に整体治療を受けることを、お勧め致します。

お辛い症状でお悩みの皆様、ご連絡をお待ちしております。札幌の谷井治療室に、坐骨神経痛の整体治療に行って良かったと思っていただけますよう誠心誠意、施術させていただきます。

坐骨神経痛の治療例

 札幌市在住40代男性|営業職|強い右坐骨神経痛が原因で 、杖を突かないと歩けない。

坐骨神経痛が強く、室内でも杖なしでは歩けない状態で、痛みのため脂汗をかいている状態で、何とかしてあげたいと心から思いました。5・6回治療を重ねてもあまり状態は好転せず、あと何回来たら治るのかと詰問され、ご本人様の心中を察すると、こちらも頑張らなくてはという思いでいっぱいでした。幸い10回目の治療を終えた後から劇的に好転し、その後数回の治療で坐骨神経痛はほとんど消失しました。その後は月に1回のペースで予防のために施術を続けさせて頂いております。

● 札幌市在住30代女性|主婦|左坐骨神経痛で痛みのため日常生活が困難。

坐骨神経痛が主訴で、立位での右側への上体の傾きを示す逃避性の側彎(マイナーサイン)があり、SLRテスト30度、陽性で、腰椎椎間板ヘルニアによる可能性を示唆。カイロプラクティックのSOT骨盤ブロック治療にて、椎間板にかかるアンバランスな圧を除圧しながら、バランス調整を繰り返す。7回の治療で坐骨神経痛の症状は半減し、その後の施術で坐骨神経痛は漸次改善する。

● 札幌市在住30代男性|大工|右坐骨神経痛で仕事ができない。

右坐骨神経痛で来院。特にふくらはぎの痛みが強く、同部の下腿三頭筋に軽度の痙攣をともなう。大工という仕事がら高所作業があるため、このままでは仕事にならず遠方より来院。第5腰椎と仙骨(L5-S1)の間の椎間板の脊柱管内のヘルニアまたは、神経根の内側型と推定。整形外科テストでS1神経障害が出ていますので、その点を考慮しての施術を行う。3回の施術で基本的なバランスが整うも、症状の改善には至らず、より限局的に治療し、5回目から急激に坐骨神経痛が楽になってきて、ふくらはぎの筋肉の痙攣も消失。現在は、月1回の間隔で再発を防いでいます。

症状別治療ポイント

坐骨神経痛以外の腰痛や肩こりなど各主症状は、下のバナーをタップしてください!

札幌 谷井治療室

〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901


TEL 011-261-7866

営業時間

月~金 9:30~19:00

日   9:30~17:00

定休日  水曜・土曜・祝祭日

アクセス:地下鉄大通駅・すすきの駅から徒歩5分

TEL 011-261-7866

札幌で坐骨神経痛専門整体治療院なら谷井治療室