体内の炎症を抑えると、病気にならない!

慢性炎症は万病のもとです!

動脈硬化、糖尿病、肥満、喘息、神経変性疾患、慢性腎臓病、がん、など様々な慢性疾患の原因が実は慢性炎症であるということが注目されています。

炎症には大きく分けて、急性炎症と慢性炎症とがあり、蚊に刺されて皮膚が赤くなったり、打撲した部分が赤く腫れるのは急性炎症と呼ばれるものです。

今回ご紹介するのは慢性炎症についてで、参考書籍は、体内の「炎症」を抑えると、病気にならない!池谷 敏郎 著になります。

本の要約を以下に示します。

  • 慢性炎症は自覚症状がない
  • 慢性炎症は諸病の原因
  • 慢性炎症は全身に飛び火
  • 炎症が起きているところから活性酸素が大量に発生(活性酸素が炎症をつくる悪循環)
  • 糖化によってAGEs (終末糖化産物)がつくられる(老化)
  • AGEsによって炎症が起こる
  • 慢性炎症によって健康寿命が短くなる
  • 肥満は慢性炎症をつくる(内臓脂肪、異所性脂肪)
  • 食生活の改善で、炎症を抑える(油、野菜など)

急性の炎症は比較的早く治ります。しかし、慢性の炎症炎症はいつまでも続くので、悪い作用も続いてしまいます。

炎症の4主徴には以下になります。

  • 赤み(発赤)
  • 発熱
  • 腫れ(腫脹)
  • 疼痛

これは急性の炎症の特徴ですが、腫れたり発熱したりとなると、そのためのエネルギーを体は消費することになります。

すなわち炎症があると、その部分にエネルギーの浪費がうまれるのです。

これは慢性炎症でも同じで、くすぶる様にじわじわ燃えている状態でも、それが長期間に渡れば様々な障害とともに、生命エネルギーの浪費が起こるのです。

生命エネルギーの浪費は免疫力の低下を招き病気をつくります。

慢性炎症の原因には様々ありますが、体内の汚染が一つの原因として考えられます。食品添加物、農薬、化学物質などです。

慢性炎症とこれらの物質との因果関係はまだよくわかりませんが、ある特定の物質とがんとの関係は証明されたものもあります。

例えば、アスベスト(石綿)と肺がんの関係があります。

また、H24年に塩素系有機洗浄剤を大量に使用してきた印刷工場の従業員が極めて高頻度で胆管がんを発症した事例もありました。

古い話では、山極 勝三郎(やまぎわ かつさぶろう)先生が、ウサギの耳にコール・タールを塗布し、1915年に世界で初めて人工がんをつくることに成功しました。

山極勝三郎

山極先生は、煙突掃除夫に皮膚がんの罹患が多い事に着目してこの実験を行ったのです。多くの科学者が失敗する中、先生は3年以上の歳月をかけて繰り返し繰り返し、ウサギの耳にコール・タールを塗り続けたのです。ノーベル賞を受賞できなかったのが不思議なくらいです。

山極先生が、研究成功の感激を詠んだ句をご紹介いたします。

  癌出来つ (がんできつ)

  意気昂然と (いきこうぜんと)

  二歩 三歩 (にほ さんぽ)

      曲川 (愛する郷里の千曲川からとった、「きょくせん」という俳号です)

この様に人体に有害な物質が、繰り返し細胞に刺激を与えることによって、そこに炎症が起き、やがてがんが発生するのです。

現代社会は、飲食や呼吸、皮膚などから様々な有害物質が取り込まれています。その他にも電磁波などのストレスも増えており、炎症を起こす要因がたくさんあります。

また、油の摂り方も大切で、オメガ6(リノール酸)の過剰摂取が炎症を助長します。逆にオメガ3の油(αリノレン酸、EPA、DHA) は、炎症を抑える働きがあります。

同じ油でもトランス脂肪酸は細胞を攻撃する毒性があるため、炎症を起こす物質です。そして、その半減期が120日と長いので、長期にわたり炎症をつくり続けます。

先程、肥満と炎症の関係をお伝えしましたが、私の知っている人で、断食をして長年の慢性中耳炎を治した方がいます。この事例からわかることは、食べ過ぎや肥満が炎症を増やすことが分かります。

私の実家では猫を飼っていましたが、ひょんな事から脱走し、野良猫に噛まれて傷だらけになって帰ってきました。その後、猫は3日間押し入れの奥に入ったまま出てきませんでした。

その間、飲まず食わずで過ごしていたのです。この時私は、動物はケガを治すために食事をとらないで、エネルギーを温存することを初めて始めて学んだのです。

また、抗炎症作用のある野菜などを積極的に摂ることも大切です。

私の治療の先輩で、手術を勧められていた痔ろうを食事療法で治した方がいます。生のほうれん草をミキサーでドロドロにしたものに、フライパンで乾煎りした米ぬかを混ぜて飲んでいたところ、はじめに大量の便が出たそうです。その後もこれを飲み続け、痔ろうが完治したのです!

痔ろうも炎症性疾患ですので、食事を変えることでこんなにも変化が出るということは、それだけ炎症を抑える作用があった証です。

細胞に負荷(様々なストレス)がかかると炎症が発生します。

電気回路も同じで、負荷(抵抗など)があるとそこに熱(ジュール熱)が発生します。電気ストーブの熱も同じ原理です。

身体にかかる物質的・精神的ストレスは細胞に対し負荷や抵抗や軋轢となります。この状態が長く続いた結果、慢性炎症となってしまうのだと思います。

物質的、精神的ストレスを減らし、免疫力を高め、慢性炎症に打ち勝とうではありませんか!

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を施術する整体治療院 。あん摩・マッサージ・指圧師の国家資格取得者「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

全国どこでも遠隔施術も承ります。https://www.taniithiryousitu.com/distant-healing/
札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

超一流の食事術 食べ物が人生を変える!

食事を切り替えると、年収が上がります!!

食事を改善すると、健康になり頭脳明晰となる → 仕事の能率がup!→ 年収アップ!!

何だか「風が吹けば桶屋が儲かる」の様な論法ですが、実際には的を得ていると思います。

今回ご紹介する書籍は、「超一流の食事術」 アイザック・H・ジョーンズ著 です!

この本の要約は次の通りです!

  • 現代人は、エネルギー源として糖質を主に使っている。
  • しかし、人類は脂質を主なエネルギーとしてきた長い歴史がある。
  • 身体に糖質を蓄える能力は、2000kcal
  • 脂質を蓄える能力は、4万kcal ( なんと!糖質の20倍 )
  • 糖質がタンパク質とくっついて熱が加えられるとAGE(終末糖化産物)がつくられる。
  • AGEは細胞を攻撃し、炎症を引き起こす。
  • 慢性炎症によってさまざまな病気が起こる。
  • 良い油の摂り方で、炎症を抑え健康になる!
  • オメガ3の油を積極的に摂る。
  • トランス脂肪酸は、細胞を攻撃する毒性がある。
  • 遺伝子組み換え食品(GMO)をさける。

私も経験がありますが、甘いものを食べると、ある意味で幸せな気分になります。そして心と体がホッとして緩むのです。

これはどうしてだかわかりますか?

人間は永らく飢餓と闘って来た歴史があります。飢餓が続けばやがて訪れるのは餓死です。それを逃れるためには、視覚、聴覚、嗅覚などの感覚を鋭敏にし、脳をフル回転して、ひたすら獲物を探すのです。

この様な状態では、身体は交感神経が緊張した状態で、いつでも戦う準備が出来ています。

飢餓状態とは、ざっとこんな感じです。

しかし、ひとたび獲物を捕らえることに成功し、お腹いっぱい食べて満腹になると、しばらくは獲物を捕らなくてもよいので、脳は全身に緊張を解く命令を送ります。

この時人は、飢餓から救われた安堵感と、生き延びられた幸せな感覚に包まれます。

この流れを現代に当てはめると、お腹がすくと人はそれをストレスに感じて、イライラして心も体も緊張してきます。

ここで、コンビニに走り甘いものをゲット!

早速それを口にほおばると、糖質が一気に吸収され、血糖値が急上昇し、脳は満腹感と多幸感に包まれます。

そうです。現代ではこのように飢餓から解放されるのです。甘いものを食べると、急激に血糖値が上昇するので、脳は栄養が満たされたと勘違いして、全身に武装解除の命令を出します。

そして、体から力が抜け、幸せな感じになります。甘いものと多幸感との関係はこの様になっているのです。

次に良く聞くのが、失恋やストレスでやけ食いをするというお話です。人がストレスを感じると食べ過ぎるのは、次のような理由があります。

昔はストレス(飢餓)があると食べることで生き残ろうとしました。その習性が残っていて、今も別の意味でストレスがかかると食べてしまうのだと私は考えます。

狩猟採集時代の飢餓ストレス ≒ 現代社会のストレス

しかし、昔と今との違いは、昔は簡単には食べ物が手に入らなかったが、今は簡単に手に入るため肥満などの生活習慣病が問題になってしまいました。

我々の祖先は、食料のほとんどを狩りで取っていたため、食料が手に入った時に、、とことん食べまくって、余剰分を巨大な脂質の燃料タンク(皮下脂肪など)に蓄えました。食料が無い時にはこの燃料タンクから少しづつ燃料補給をして生き延びたというのです。

トランス脂肪酸が体をサビつかせる

トランス脂肪酸についての危険性はかなり前から指摘されており、心疾患などのリスクも高くなるなどの懸念もあります。食べるプラスチックとか狂った油などと非難されることも多い油です。

アメリカ(米食品医薬品局:FDA) では今年(2018年6月)から、トランス脂肪酸に対する食品添加の規制が始まりました。

日本ではまだこのような規制はありませんが、企業努力によってマーガリン、ショートニング、ファットスプレッドなどのトランス脂肪酸がかなり低減されています。

商品名 トランス脂肪酸量( g / 商品 10g )

ネオソフト

http://www.neosoft-brand.com/gimon/

0.08

ラーマベーシック

https://www.j-oil.com/sp/trans_fat/

0.1

小岩井マーガリン(ヘルシー芳醇仕立て)

http://faq.koiwaimilk.com/faq/margarine/#margarine08

0.039

明治マーガリン

https://www.meiji.co.jp/dairies/transfat/faq.html

0.1

上記のデータは、農林水産省のHP http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_wakaru/

と比べても、トランス脂肪酸の量が、1/10以下に抑えられているのが分かります。

トランス脂肪酸は、揚げ油やお菓子などにも含まれていますので、これらを複合して摂った場合のトランス脂肪酸の摂取量は当然増えてきます。そのためにも、出来る限り加工品の量を減らし、バランスの良い食生活をすることが大切だと思います。

最後に、GMO(Genetically Modified Orgasnisms:遺伝子組み換え作物)についてです。この問題は大変難しい問題で、種子までのレベルで遺伝子組み換えされていないものを選ぶとなると、個人の努力でどこまでできるのか疑問もあります。

まずは、外食のものはどんな食材を使っているのかが不明ですので、出来ることなら安全な食材を求めて、自分で料理することです。

以前お越しになった小学生の男の子のお話ですが、その子には発達障害の診断がついていました。落ち着きがなく、動き回ってばかりで、常にハイテンションなのです。

当治療院は、マンションの9階にあり、普通は皆様エレベーターでお越しになります。

しかし、その男の子は違うのです。お母さんに連れられて、当マンションまで来ると、「僕、階段で行く!」といって、お母さんの手を振りほどき、ダーッと一気に階段を駆け上って、9階の当院まで来るのです。

そんな状態でしたが、お母さんが食生活を改めて、無農薬有機栽培の食材に切り替えたところ、徐々に精神状態が落ち着いてきて、その子の問題行動が減ってきたのです。

ところが、その子の祖父母が孫可愛さにコンビニのアイスを買い与えたのです。そうしたらまた以前の様に落ち着きが無くなり、問題行動を起こすようになりました。

その後食生活を再度改めた結果、約1週間で情緒が落ち着きました。こんなことが何度かあったため、お母さんは、その子の食生活と情緒の問題の関連性に気が付いたのです。

私も食べ物によって、人間の精神状態がこんなにも変わるものかと驚いたとともに、大変学ばせていただきました。

遺伝子組み換えや、農薬、化学肥料、食品添加物などが人体にどのような害をもたらすのかは、まだ解明されていない部分もありますが、日々自分の体に入れるものは、できるだけ安全なものを選ぶことが、良い人生を送る基礎になるのです。

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を施術する整体治療院 。あん摩・マッサージ・指圧師の国家資格取得者「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

全国どこでも遠隔施術も承ります。https://www.taniithiryousitu.com/distant-healing/
札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村