ぎっくり腰と経絡(けいらく)

ぎっくり腰と経絡
足の少陰腎経の図

東洋医学的にも、ぎっくり腰は腎経(じんけい)と関係が深く、腎は冷えに弱いため、冬場のギックリ腰のもう一つの原因になっています。

東洋医学では、腰は、主に膀胱経(ぼうこうけい)と督脈(とくみゃく)が循る所ですが。腎経も貫き、また、横を胆経(たんけい)が走っています。腰は腎の腑であり、腰は腎の都会であると言われる位に腎の病気の顕現するところです。

「鍼灸重宝記」には、腰は一身の大関、六経の懸るところ、

太陽(膀胱経)の腰痛は、項背尻に引きせなか重し。(項背部から臀部にかけて重苦しく痛みます)

陽明(胃経)の腰痛は、左右へかへりみられず強りかなしむ。(体を左右にひねることができないのが特徴)

少陽(胆経)の腰痛は針にて皮をさくがごとし俛仰ならず。(鍼でチクチク刺される様な痛み方が特徴で寝返りができない)

太陰(脾経)の腰痛は、熱して腰に横木あるが如く遺尿す。(腰の中に横木が入っているように重苦しく痛む)

少陰(腎経)の腰痛は、張弓のごとく、黙々として心わるし。(腰が突っ張ってまるで弓の弦の様です

腎経による腰痛は背骨に近い所で、深部に痛みが出ます。

実際の臨床では、これらが複合して、ぎっくり腰の症状が出ますが、冷え、寝不足、過労、ストレスなどで、腎の気が虚に傾いた場合の、ぎっくり腰への影響は強いのです。

札幌は、寒冷地のため冷えから来る腎虚によるギックリ腰が多く、谷井治療室では独自の整体治療でこれら北国特有のぎっくり腰にも対応しています。

東洋医学的ぎっくり腰の原因・機序

東洋医学の考えでは、腰は「腎の府:じんのふ」といわれ、腰痛には腎が関係しています。ここでいう腎とは、西洋医学的な腎臓のみを言っているのではなく、腎経という気のエネルギーが流れる全てを関連付けて考えています。

腎には、生まれ持ったエネルギー(先天の気)を蓄える機能があります。腎のエネルギーは、生まれつきの腎気不足、また加齢や過労、強い恐怖心等で消耗され、腎経の働きが弱くなると腰痛につながります。腰の重だるさや、膝の脱力感、動くと腰痛が強くなり、休むと痛みが軽減します。

身体が寒邪(かんじゃ)や湿邪等(しつじゃ)といって、寒さや湿度の影響を受け、気や血の流れが滞ることでも腰痛になります。これは東洋医学的には、「外因:がいいん」と呼び、体の外の環境など外的な要因を指します。

腰の鈍痛や重だるさ、冷え・足のむくみ・手やお腹の冷えなどを伴い、雨の日や寒い日などに症状が悪化します。ひどくなると腰からお尻・太ももにまで痛みが広がる場合もあります。

また、ぎっくり腰のような腰部の捻挫や、打撲等の外傷も、気血(きけつ:気のエネルギーや血液)の流れを悪くし腰痛を起こします。特に同じ場所が刺すように痛む、夜間に痛みが強くなる、押されると痛いなどの場合は、血行の悪さから、患部組織が固くなり腰痛に発展します。

それ以外に、塩辛いもの、辛いものを食べ過ぎたり、水分を摂りすぎたり、冷たいものの飲食で、気血水(きけつすい:気のエネルギーと、血液とリンパ液などの体液)のがランスが崩れ、腰痛を起こすこともあります。

ぎっくり腰の東洋医学的治療

腎の気(エネルギー)を整える治療を行うには、一般的な東洋医学では、「腎兪(じんゆ)」「委中(いちゅう)」などのツボに加えて、「膈兪(かくゆ)」「命門(めいもん)」「大腸兪(だいちょうゆ)」「崑崙(こんろん)」「養老(ようろう)」「陽(よう)陵(りょう)泉(せん)」「陰(いん)陵(りょう)泉(せん)」「豊(ほう)隆(りゅう)」などのツボを使います。

谷井治療室では、鍼治療をおかなわないでこれらの経絡のバランスを調整いたします。鍼は痛くて怖いとお考えの患者様は、安心して施術をお受けになることができます。

札幌 谷井治療室

〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901



TEL 011-261-7866



営業時間

月~金 9:30~19:00

日   9:30~17:00

定休日  水曜・土曜・祝祭日

アクセス:地下鉄大通駅・すすきの駅から徒歩5分

TEL 011-261-7866

札幌でぎっくり腰整体治療院なら谷井治療室