ブログ

札幌の「キネシオロジーの谷井治療室」院長の谷井昌幸です。専門のキネシオロジー、オステオパシー、カイロプラクティック、整体治療、MTS療法の事や、心と体の事、潜在意識や食事、運動など健康に役立つ情報をお届けいたします。

ブログ一覧

自分でできる温熱療法

 

今回のブログテーマは、自分でできる温熱療法です。世の中には様々な温熱療法がありますが、高価な器具を買わなければならないものや、時間と労力がかかるものなどなかなか大変です。

今回は自宅で誰でもできる湯たんぽを使った温熱療法をお伝えさせていただきます。使用する湯たんぽは樹脂の柔らかいものがおすすめですが、なければ硬いものでも大丈夫です!

湯たんぽを使う前は、こんにゃくをゆでてそれにタオルを巻いて使ったり、生姜湿布(しょうがしっぷ)と言って、生姜の煮汁にタオルを漬けたものを使ったりと、いろいろ試しましたが、自分一人で行うには大変手間がかかり、病気で体力の落ちているような方は絶対無理です!

温熱療法との最初の出会いは、快医学の瓜生良介(うりうりょうすけ)先生です。瓜生先生は、総統医学の多田政一氏の影響を受けたといっていました。

身体を温めるにはちょっとしたポイントがあります。

内臓の図

上の内臓図のうち、肝臓、腎臓、腸の3点が最も大切な部位となります!

  • 肝臓(解毒)
  • 腎臓(排毒)
  • 腸(造血)

この3点をそれぞれ15~20分づつ温めるだけでいいのです。とっても簡単ですよね!

目安としては、湯たんぽを外したときにその部分の皮膚が、ほんのりピンク色になる様にすることです。ただし低温やけどには十分ご注意ください!

この3点を温めて血液循環を促せば、体の調子が良くなるし、どんな病気の方でも基本的な手当法として最適です。

身体を温める方法としてお風呂もありますが、全身を温めるお風呂は意外と体力の消耗が激しいので、体調の悪い時は、湯たんぽで部分的に温めた方が良いのです。

先程腸は造血器官とお伝えしましたが、これは千島喜久男先生の腸造血説(千島学説)が元になっています。多くの自然療法家が支持する理論ですが、賛否両論あり否定派も結構多いのです。

個々では難しい話は抜きにして、食べた物が腸で吸収され血になるとお考えください。

解毒・排毒・造血がうまく機能すれば人は健康であり、何らかの原因でこれに滞りがあれば病気になってしまいます。

湯たんぽ一つでこれらを一挙に改善できるのであればやらない手はありません。湯たんぽとお湯の代金だけですので、お金も労力も少なくて済みます。

もう一点、瓜生先生から教わった部分があります。それは脾臓(ひぞう)です。脾臓は温めるのではなく、濡れたタオルや保冷材などを使って冷やすのです。またほかの方法として、あっちっち反応として、ピリッと熱い温度を一瞬あてるという方法もあります。

私は脾臓に対してはあまり行ったことがありませんが、免疫にかかわる臓器ですので、ご参考にしてみてください。

私の経験上、風邪のひきはじめや、体がだるく調子が悪いときなども、温熱療法を行うととっても楽になります。

詳しくはYouTube動画を参考にして、簡単にできますので、どうぞ皆様も実践してみてください。ご健康をお祈り申し上げます。

 

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を施術する整体治療院 。あん摩・マッサージ・指圧師の国家資格取得者「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

全国どこでも遠隔施術も承ります。https://www.taniithiryousitu.com/distant-healing/
札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

北海道胆振東部地震の影響

 

地震イラスト

今回のブログテーマは、「北海道胆振東部地震の影響」です。私の住む札幌でも様々な震災の爪痕がいまだに回復していない状況ですが、谷井治療室にご来院下さる患者様の体調も震災後から明らかにおかしいのです。

  • 地震酔い
  • 疲れ
  • だるい
  • 不眠
  • 集中できない
  • いつもの症状が強く出ている

この様に、北海道地震の後から体調不良を訴える患者様が激増しています。私の個人的な主観では、普段よりも20%位は筋肉のコリ(緊張)を強く感じます。

具体的にどんな人が今回ダメージを受けているかというと、全体的に敏感体質の人です。

  • 車酔いしやすい人
  • 猫背やストレートネックの人
  • 背骨の歪みの強い人
  • 胃腸の弱い人

ただし、この様な敏感体質の人だけでなく、私たち一人一人が、大なり小なり何らかの影響を受けているのは間違いありません!

私が20代の書生時代の頃、有感地震を百発百中で当てるという患者様に出会ったことがあります。この患者様は、地震の来る一週間くらい前になると、気分が悪くなって嘔吐してしまうというのです。

そして、その後に必ずと言って良いほど地震が発生するから驚きです。当時の私には、何故そのようなことになるのか、不思議でなりませんでした。

正直言ってこの患者様は、この能力のせいで相当苦しんでいました。それを何とかしてほしくて、治療院に施術を受けにきていたのです。敏感過ぎることは、生きずらいということですね!

地震予知に関する研究をしていた先生がいまして、その先生は大阪大学の故池谷元伺(もとじ)名誉教授です。

池谷先生によると、地殻が割れる岩盤破壊による電磁波の発生を指摘しています。これはいわゆる圧電効果(ピエゾ電気)の様なものだと思いますが、これによる影響で動物の異常行動が起きたり、地震雲か起きたりと様々な変化が起きるのではないでしょうか?

この影響はきずかないだけで、その地域の人はみんな受けているのです。もしかしたら、皆さんの頭痛や目まい、肩こりなども、こんな所から来ているかもしれません。

そもそも地球そのものが大きな磁石であり、北極がS極で南極がN極です。人間の身体も電気的な存在であるし磁気的な存在でもあります。

また、人の身体は受信機でもあるし発信機でもあるのです。

ここまで見えない力の影響を論じてきましたが、見えないから無いといったら、ラジオやスマホの電波話どうなるのでしょう?

もっとも見えないものを否定したら、私の仕事も成り立ちません!ハッキリ言って私の仕事は一般的な学校教育の知識から言ったら、かなりヤバいトンデモ系の仕事なのです。

私が診断で用いるキネシオロジーテスト(筋肉反応テスト)は見えないエネルギーをとらえる技法だからです。

このキネシオロジーの原点の一つに、ダウジングというものがあります。これは主に地下の水脈や鉱脈を見つけるために用いられてきました。大地からの見えないエネルギーを読み取る技法なのです。

一説によると、弘法大師空海の杖もダウジングに使われたのではないかとか、旧約聖書に出てくるモーセの兄のアロンの杖も同様の使われ方をしていたのでは?と言われることもあるほどです。

これらの一見するとトンデモなダウジングも、日本の公的な機関で使われてきた歴史があるのです!

それは、「水道局」です。

私も実際に札幌市水道局と東京都の水道局に電話をして確認したところ、28年前にはそのようなことをして地中に埋設している水道管を調べていた方々がいたという確かな情報を得ました。

さらに東京都の担当者は、この技術は眉唾ではなく、慣れた人が行うとかなり正確に調べることができるというお話までいただいたのです。

このダウジングというものは、L字型の金属の棒を両手に1本づつ持って、その棒の動きによって地下の水道管に流れている水流から来る見えないエネルギーを測定しているのです。

皆さんどうですか?天下の水道局でもこのような技法を用いていたのです。ちょっと前までは水道局にもダウザー(ダウジングをする人)がいたのです。

この様に見えないエネルギーは確実に存在するし、その影響を人は受けているのです。ただし、あまりにも過敏になって、体調の悪い人は体の軸が狂っている場合があります。コマ回しのコマや、やじろべえもそうですが、中心軸が狂っていると、うまくいきません。

人の身体も軸の狂いがあると、様々な外的影響を受けやすくなるのです。これを整体やカイロプラクティック、オステオパシーなどでバランスをとると地震の影響を最小限に抑えることもできると思います。

今回は、北海道胆振東部地震の影響であまりにも体調を崩している方が多いので、この様なテーマにしました。

 

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を施術する整体治療院 。あん摩・マッサージ・指圧師の国家資格取得者「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

全国どこでも遠隔施術も承ります。https://www.taniithiryousitu.com/distant-healing/
札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

美容と健康と整体

 

ミケランジェロ ダビデ

作者 Jörg Bittner Unna [CC BY 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/3.0)], ウィキメディア・コモンズより

今回のブログのテーマは、美と健康についてです。古今東西、美しくなるための方法は沢山ありますが、根本的に美しくなる方法としては、整体でバランスをとることが大切です!

化粧もドレスも宝飾品もそれを身につける人が美しくなければ台無しです。特に大切なのは、健康的に美しいかどうかということです。

その中で最重要な要素は何かといえば、バランスの良さから来る姿勢のよさです。

私は以前、仕事でTBS緑山スタジオに出入りしていたことがあります。そこでは場所柄、いろいろな芸能人をお見かけることがありました。

あるとき、スタジオ内の食堂で昼食をとっていたら、その中でひと際オーラを放つ人が一人で食事をしていたのです。よく見ると、歌手であり女優でもあるI・Mさんでした。(ご主人様は有名ロックシンガーです)

その方の食事中の姿勢の良さといったら、絵に描いたお手本のような姿で、きれいに背筋が伸びていて所作の一つ一つにまで「美」を感じるのです。

同じ人間でありながら、どうしてこれ程までに違うのだろうというほどの輝きを放っていて、オーバーに聞こえるかもしれませんが、他の天体からやって来たんじゃないかというほどの存在感があったのです。

もともと背の高い方ですので、なおさら映える部分もありますが、美しさとともに、常に周囲から見られていることを自覚して、計算されたプロ意識の様なものを感じたものです。もうあれから30年以上経ちますが、あの時の感動は今でも忘れません。

I・Mさんは、もともと国体にも出場した経験のある陸上競技経験者で、鍛えられた健康美というものがその根底にあるのではと思います。

話しは変わって、建築学の世界に「形態は機能に従う:Form Follows Function」という言葉があります。これはアメリカの三大巨匠の一人、建築家のルイス・サリヴァンのことばです。

デザインや建築の世界でよく用いられる言葉ですが、もともとは19世紀の生物学者ラマルクから生まれた考えで、生物が生涯の間に身につけた形質(獲得形質)が子孫に伝わる「要不要説」がその源流になっています。

ラマルクは動物がその生活の中でよく使う器官は、次第に発達する。逆に、はじめから存在する器官であっても、その生活の中で使われなければ、次第に衰え、機能を失うと主張しました。

この主張には様々な反論がありますが、これを拡大解釈して人間の関節に当てはめて考えると、歪みが強く動きの悪い関節は、その周辺の筋肉も衰え、関節の可動性も低下しいづれその機能も失うということになります。(これがすぐさま子孫に遺伝するとは考えられませんが…)

形態は機能に従うということは、逆に考えれば機能は形態に縛られるともとらえることができます。

もともと背骨や手足の関節や筋肉なども、それぞれの機能に合った形をしています。

しかし、加齢による変形などで、一度この関節の形態が変化してしまうと、機能もそれに伴って低下してしまいます。

この様に、形態が正しければ機能も正しく、機能が正しければ形態も正しくあるといえるのです。

これらの理由から、整体治療、カイロプラクティック、オステオパシーなどで、バランスを整え良い機能を回復させれば、自ずと形態も整い美しい姿となるのです。

どれほど華やかな衣装を着飾っても、姿勢が悪かったら台無しですよね! お化粧や宝飾品も、推して知るべしです。

美しくなるためにやらなければならないことは、まず自分の身体の機能美を高めることです!

運動も大切ですが、身体バランスの悪い状態で運動を行っても、ケガをしたり効果が出づらかったりします。

形態は機能に従うを、身をもって体現するには、整体、カイロプラクティック、オステオパシーなどで体のお手入れをすることを第一にお勧めいたします!

 

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を施術する整体治療院 。あん摩・マッサージ・指圧師の国家資格取得者「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

全国どこでも遠隔施術も承ります。https://www.taniithiryousitu.com/distant-healing/
札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

身体は手入れをしないと老化する!

 

今回のブログのテーマは、「身体は手入れをしないと老化する!」です。

身体は使えば疲労するし、その結果として歪みも出ます。

また、人は一秒一秒歳をとっています。昔から諸行無常といいますが、まさしく世の中のものは常に変化をしています。老化することには抗えませんが、施術を受けバランスをとることで、そのペースを穏やかにすることは可能です。

自転車でも、自動車でも手入れをしなければ本来の性能を発揮できないし、挙句の果てには故障もします。

私は治療師になる前は、機械の保守点検業務を行っていました。研修生時代に保守の5要素というものを習います。

保守の5要素

  1. 清掃
  2. 点検
  3. 給油
  4. 調整
  5. 取替

この様に、最終段階としては部品取替えということがありますが、人の身体は原則として取替が効きません。だからこそ予防が大切なのです。

予防保全と事後保全という考えがありますが、当然予防保全の方が大切です。何か問題が起きてから対処していたのでは、時間もお金も労力もかかりますし、信用も失墜します。

人間の身体も病気になってから慌てふためいて対処するよりも、健康なうちから手入れを怠らない方がいいのです。もっとも体の事となると、一度極端に悪くしてしまうと、二度と元の状態に戻れないことは多々あるのです。

忙しく使って使って使いまくった結果、腰痛や肩こりが発生します。これは身体の声で、無視し続けるともっと悪くなってしまいます。

歪みは本当にバカにできません!

病院の入院病棟に行ったときに気づくことがあるのですが、廊下ですれ違う入院患者の姿を見ますと必ずといってよいほど、背骨が歪んでいて姿勢が悪いのです。

大きな病気で入院している方の、その病気の背景には実は背骨の歪みがあるのではないでしょうか?逆に胸を張って颯爽と歩いている患者さんは当然ですが皆無です。

私があん摩・マッサージ・指圧師の資格を取る際にお世話になった長生学園の出版物にも姿勢や背骨の歪みの事が書いてありました。これによると、相撲の力士の背骨の状態と、番付は一致するというのです。番付上位の力士は、背骨が整っており歪みが少なく、逆に番付がなかなか上がらない力士は、背骨も歪みが強いそうなのです。

私も治療業界に入って間もないころ、ある幕内上位力士の背中を施術(補助的なものです)させていただく機会がありましたが、筋肉の質が良いのには驚きました。

この様な力士でもカイロプラクティックの施術を受けて、常にバランスを調整しているのです。一流スポーツ選手は、何がしかの手入れをして最高のパフォーマンスを発揮できるよう工夫しています。

何も一流スポーツ選手だけでなく一般の方々も、体のバランスをとることは大切です!

そのために、整体、カイロプラクティック、オステオパシーなどでバランスの調整をすることをお勧めいたします。

皆さん、自分をもっと大切にしてあげましょう!

 

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を施術する整体治療院 。あん摩・マッサージ・指圧師の国家資格取得者「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

三軸体操

 

今回のブログのテーマは三軸体操です。この体操は、手作り酵素の開発者、帯広の川村文雄先生に教えていただきました。

また、この体操はフランスのモデルさんたちが行うトレーニングプログラムにも入っているそうで、その研修には日本円で400万円もかかるそうです!やはり美と健康は不可分なのですね。(今回はこの体操を無料でお伝えいたします!)

この体操を行うことで、左右、回旋、前後の体の動きが改善し、滑らかに動くようになります。

実際の背骨の関節の動きも、左右、回旋、前後の動きの複合されたもので、これらの動きを複合すると、円運動となります。

この運動を行う際に注意しなくてはいけないのが、頭をなるべく動かさないことです。頭を動かしてしまうと、脳を動かすことになりバランスを崩してしまいますので、目線を一定に保ちながら動作を行うのがみそです!

獲物を捕らえるときの、チーターの動きも同じで、時速100キロにも達する猛スピードで、力強くしなやかに走る姿をよく見ると目線は動いていないのです。

お恥ずかしながら、私は身体が大変固いのでこれらの運動が役に立っています!

人は年齢とともに、柔軟性が確実に低下します。体は堅いよりかは柔らかい方がいいのですが、個人の体質もありますので、その人なりにある程度の柔軟性を維持することは大切です。

よくお相撲さんがあれだけの激しい稽古や、本場所の取り組みがあってもケガが少ないのは、柔軟性があるからだといわれます。あんなに大きな体をしていても、股割りなど驚くほどの柔軟性があるものです。

治療院に来てくださる患者様でも脊柱管狭窄症などの退化病を患っている患者様は、体が硬い方が多いのが特徴です。

SLRテストという検査法で、仰向けの状態で片足づつ脚を上げていきますと、30度~45度位で太ももの裏の筋肉が硬く張ってしまい、脚が上がらなくなってしまう方が多いのです。

SLRテスト

【SLRテスト】

柔軟性の低下は、老化の始まりですので、肉体年齢を穏やかにソフトランディングさせるには、ストレッチやその他の体操、運動を継続して行うことが大切です!

やはりこういった点は、自力の努力なくして結果は出ません。

流水腐らずといいます。我が家は金魚を飼っていますが、水槽という限られた環境で飼育するためには、水をポンプで循環させないと、すぐに水質が悪化して金魚は病気になってしまいます。

この点は人の体も全く同じで、動きの悪くなったところは、循環も悪くなり細胞が劣化してしまいます。これにより様々な疾患にかかりやすくなるのです。

よく聞く話では、ご高齢者が大腿骨骨折などで寝たきりになると、その後の余命が短くなるというものです。これには、認知症の進行もありますが、寝たきりによって内臓など、それぞれの循環が悪くなることでの機能低下もあるのです。

とにかく身体は動かなくなったら、確実に機能低下を起こします。ある程度の年齢になると低下した機能を回復させるのに大変な努力と時間を要します。そのためにも楽をしてしまう流れに抵抗して、機能低下を起こさないようにすることが大切です。

三軸体操の話からだいぶ飛躍してしまいましたが、この体操で体の癖をとりながらよく動かしてあげることです。

これを続けることで、腰痛や肩こりの予防になったり、美しい体形や姿勢の維持にも役立つと思います。

三軸体操の詳細は、動画をご覧になりながら実際に体を動かしてみてください!

 

================================

肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・めまい・頭痛・脊柱管狭窄症・自律神経失調症・五十肩・膝の痛み、股関節の痛み等、様々な症状の根本原因を施術する整体治療院 。あん摩・マッサージ・指圧師の国家資格取得者「札幌 キネシオロジーの谷井治療室」です。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分と好アクセスです。

ご予約は 011-261-7866 にお電話下さい。

札幌市のキネシオロジーの谷井治療室のホームページ

北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901

このリンク↓をクリックしていただけると嬉しいです!


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村