腰椎分離症の好発種目柔道画像
avatar
院長 谷井昌幸
院長は、厚生労働大臣認可の国家資格、「あん摩・マッサージ・指圧師」免許の有資格者ですので、腰椎分離症・すべり症の整体治療も安心!

腰椎分離症とは?

腰椎分離症とは、腰椎(腰の骨)に発生する疲労骨折です。 若い人に発生しやすく、特にスポーツをしている10代の男子の発症が多いのが特徴です。

腰椎分離症の症状

スポーツを活発に行っている若者が腰を後ろにそらしたときや、腰をひねったり動かしたりしたときに、痛みを生じることがあれば、腰椎(腰の骨)の疲労骨折である腰椎分離症の可能性があります。

症状が出る部位は、腰やお尻(臀部)の痛み、太ももの外側(大腿外側)の鈍痛などで、腰を後ろにそらすと腰痛がでやすいが、前屈でも痛みが出ることもあります。腰椎分離症から来る腰痛によって、その防御反応で腰の筋肉の緊張が強くなることがあります。

また、症状が悪化すると脚にまで痛みやしびれが出ることもあります。

どんなスポーツで腰椎分離症になるの?

柔道、水泳(平泳ぎ・バタフライ)、野球、バスケットボール、バレーボール、ウエイトトレーニングなどです。

なぜ腰椎分離症になるの?

腰椎分離症は腰の骨の疲労骨折です。スポーツなどで繰り返し腰椎に負荷がかかることで起こります。好発部位は第5腰椎(腰椎の最下部で最も負荷がかかる)です。

金属の板や針金を繰り返し曲げていると金属疲労で折れてしまいますが、腰椎分離症も同じ原理で骨折を起こします。

腰椎分離症の治療法

若い人の腰椎分離症の発症後の早い段階での治療法は、スポーツや激しい運動をすべてやめ、腰をコルセットで固定して骨折部位の回復を待つことになります。これらは、病院でMRIやCTやレントゲンによる鑑別診断の後に、病院の管理下で行われます。

当院に来る腰椎分離症の患者様は、様々な理由で腰椎分離症の部位が治癒しなかった方々です。

この様な方でも、キネシオロジーで的確に問題部位を診断し、腰椎分離症によるバランスの崩れを矯正します。骨盤調整で仙骨や腸骨のバランスを整え、腰椎のズレや固着(フィクセーション)を調整し、筋肉や筋膜の調整などを行うことで、全身のバランスが整い、腰椎分離症の部分への負荷を軽減できます。

カイロプラクティック、オステオパシーの手技の中でも、骨盤の仙腸関節や腰椎の矯正に特化した施術を行います。

また、AKA療法により関節の可動性を回復させます。

これにより、腰痛も軽減し日常生活も楽になります。

腰椎すべり症とは?

腰椎すべり症

腰椎すべり症は、腰椎分離症にともなって発生する「分離すべり症」と、それ以外の原因で発生するものがあります。特に背骨や椎間板の変性によって起きる「変性すべり症」が有名です。

腰椎が前方に滑り出して様々な症状を起こす疾患で、「分離すべり症」も「変性すべり症」も原因は違いますが、症状はほとんど同じです。

好発部位は第4腰椎になります。

腰椎分離すべり症とは?

腰椎の「椎体:ついたい」と「椎弓:ついきゅう」という部分に骨折が起き、椎体が前方へ滑ってしまうものです。

変性すべり症とは?

腰椎の骨と骨の間にある椎間板が老化による変性を起こした結果、腰椎が前方に滑ってしまうものです。

腰椎すべり症の症状

腰椎すべり症の症状は、腰痛と下肢の痛みやしびれです。滑りが強く腰椎のズレが大きくなると、脊髄神経が強く圧迫され、間欠性跛行(かんけつせいはこう)といって、長く歩くとお尻や下肢に痛みやしびれが出て歩くことが困難になることもあります。

腰椎すべり症の治療

腰椎すべり症の治療は、腰椎分離症の治療法に準じます。骨盤(特に仙腸関節)の矯正と、腰椎のズレや固着を矯正します。

背骨(脊柱)の土台である骨盤を安定させ、腰椎のバランスが回復させることで、神経症状の改善を目指します!

腰椎分離症・すべり症の治療例

● 札幌市在住30代男性|事務職|半年前から腰痛と右足の痛みとしびれ 

子供のころから腰椎分離症になり、そのため慢性的な腰痛がありました。半年前に引っ越し作業で腰に無理がかかり、腰痛と右の足の痛みとしびれが強くなった。
一回目の施術で骨盤の仙腸関節の矯正と腰椎に矯正を行い、二回目以降も、骨盤と腰椎の矯正を繰り返した結果、腰痛や下肢の痛みとしびれが回復しましたので、体幹トレーニングを指導し、施術と合わせて実践してもらったところ、今ではひどい腰痛や下肢の痛み・しびれなども改善しました。

札幌市在住|70代男性|3か月前から左臀部から大腿部後側に痛みとしびれが出て、長く歩けない。
病院の診断で腰椎のすべり症の結果、脊柱管が狭くなり、その結果脊髄神経が圧迫されていると、MRI所見で説明を受ける。手術はしたくないとの理由で、当院の保存的治療を受ける。約10回にわたる集中的な施術によって、間欠性跛行や腰痛が軽減。いまでは軽作業であれば問題なくこなせるようになりました。

札幌市在住|50代男性|大学生の時にパワーリフティングの競技で腰椎分離症になる。その後何事もなく過ごせていたが、ここ1年ぐらい腰痛と右足の外側にしびれが出るようになった。

当院独自のキネシオロジー(筋肉反応テスト)で診断したところ、右仙腸関節と第4腰椎に問題があることが分かり、約10回の施術で腰痛と、下肢の痺れのほとんどが改善!
現在は再発予防のために月1回のペースでメンテナンスを行っています。

症状別の整体治療ポイント

札幌 谷井治療室

〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901


TEL 011-261-7866

営業時間

月~金 9:30~19:00

日   9:30~17:00

定休日  水曜・土曜・祝祭日

アクセス:地下鉄大通駅・すすきの駅から徒歩5分

TEL 011-261-7866

札幌で腰椎分離症・すべり症でお悩みなら谷井治療室