札幌で腰椎椎間板ヘルニア整体なら谷井治療室

札幌腰痛整体 腰椎椎間板ヘルニア画像

Posted from Wikipedia

札幌で腰椎ヘルニアの整体治療専門の谷井治療室です。腰椎ヘルニアは、正しくは腰椎椎間板ヘルニアと呼ばれます。その他にも腰のヘルニア、腰部ヘルニアなどと呼ばれることもあり、一般的にヘルニアというと腰部椎間板ヘルニアのことを示すことが多いのです。

avatar
院長 谷井昌幸
院長は、厚生労働大臣認可の国家資格、「あん摩・マッサージ・指圧師」免許の有資格者ですので、ご安心ください!

腰椎椎間板ヘルニアと札幌で唯一の整体治療

腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛や腰の張り、ぎっくり腰とも関連が深く、これらの前駆症状から徐々に悪化し、臀部(お尻)の痛み・しびれ、脚の痛み・しびれ・筋力低下など様々な症状を呈することがあります。

デスクワークの方や、ドライバー、スポーツ選手など腰椎椎間板に無理な力のかかる習慣の方に、腰椎椎間板ヘルニアが増加しています。

札幌でここだけの診断法(キネシオロジー:筋肉反応テスト)により、ヘルニアに最も負担をかけている部位を調べます。

札幌 谷井治療室の整体治療は、腰椎椎間板ヘルニアに対し、ストレスがかからないようソフトに治療を行います。骨をボキボキするような危険な手技は使いませんので、安心してヘルニアの整体治療を受けることができます。

実は腰椎椎間板ヘルニアを発症した患者様の半数以上が、過去にぎっくり腰を経験しています。ぎっくり腰を繰り返すと腰椎椎間板ヘルニアに移行するリスクが増えます。

札幌 谷井治療室では、病院で 腰椎椎間板ヘルニアの手術を勧められた患者様も、独自の整体治療で回復しています。

カイロプラクティック、オステオパシーなどの中から、腰椎椎間板に適した整体治療のための独自の技法を有しております。

札幌で腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの皆様、ぜひご連絡をお待ちしております。

腰椎椎間板ヘルニア整体の特徴

1
腰椎椎間板ヘルニア専門

腰痛や坐骨神経痛がひどく、マッサージでもすぐに症状が戻ってしまうとお悩みの皆様におすすめ!

2
根本原因を施術

単なる慰安や癒しでなく、腰椎椎間板ヘルニアの根本原因を独自のキネシオロジーで調べ、的確に整体治療を施します。

3
全く痛くない安心安全な施術

医学的知識にもとづいたソフトな整体治療で、腰椎椎間板ヘルニアの症状に苦しむ皆様におすすめ!

4
院長は国家資格者

院長は、「あん摩・マッサージ・指圧師」の有資格者。谷井治療室は、札幌市保健所届出済み施術所です。

5
一時しのぎの指圧・マッサージは行いません

力まかせに揉んだり押したり、叩いたりでヘルニア症状をごまかしたり、気持ち良いだけのマッサージは行いません。

6
腰や骨盤などをソフトに矯正

カイロプラクティックとオステオパシーの中でもソフトな手技をで、短時間で効果の高い整体治療を行います。

7
着替えなしで受けられます

基本的に私服のままでヘルニアの整体治療を受けられます。

8
少ない施術回数で確実に結果を出す実績

ほとんどの方が、初めの数回で腰椎椎間板ヘルニアの症状改善が見られます。できるだけ早く整体治療サイクル終了を目指します。

9
日曜日も営業

日曜日も営業しておりますので、平日は無理という方でも、気軽に整体治療を受けることができます。

10
予約制で待ち時間がありません

当院は予約制になっており、待ち時間がほとんどありませんので、皆さまの大切な時間を無駄にしません。

腰椎椎間板ヘルニアのメカニズム

腰椎椎間板ヘルニアは、無理な動作や不良姿勢などで繰り返し腰椎椎間板にストレスがかかる事で発生します。下の図は、腰椎椎間板と、腰椎椎間板ヘルニアの図を示します。

椎間関節画像

腰部椎間板に無理な力がかかり続けると、腰椎椎間板の繊維輪に放射状の亀裂が生じます。これは金属疲労と同じ原理で、針金が折れる様なイメージと同じです。すると、中心部の髄核が繊維輪の亀裂に沿って外側に飛び出してきます。この様にして腰椎椎間板ヘルニアが発生するのです。(下図参照)

ヘルニア画像

【用語解説

  • Meningi・・・髄膜
  • Sostanza gnigia・・・灰白質
  • Sostanza bianca・・・白質
  • Radice dorsaie・・・後根
  • Radice ventrale・・・前根
  • Nervo spinale・・・脊髄神経
  • Nucleo polposo・・・髄核
  • Anello flbroso・・・繊維輪
  • Corpo della vertebra・・・椎間板

                                                         Posted from Wikipedia

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアは、その発生部位によって症状の現れ方が違ってきます。主な症状として、腰や臀部が痛み、下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなります。通常は右か左の片側に痛みやしびれが出ますが、腰椎椎間板ヘルニアの正中脱出では、左右両側に痛みやしびれが出ることもあります。

腰椎椎間板ヘルニアは、過去にぎっくり腰を起こしている人に発生しやすく、ぎっくり腰を頻繁に繰り返しているうちに、腰椎椎間板ヘルニアに移行するといったケースがかなりあります。

腰椎椎間板ヘルニアにより腰部の神経が圧迫や刺激を受けるため、この部分の神経に炎症が起きます。そのため生体防御反応として、ヘルニア部から神経を逃がすために、最も刺激の少ない方向へ逃避性の側弯が起きるのです。これにより背骨が横に曲がり(疼痛性側弯)、動きにくくなります。また長時間の立ちっぱなしや座りっぱなし、腰を前に曲げたり、後ろに反らせたり、重いものをもったりすると腰椎椎間板ヘルニアによる神経への刺激が強くなり、痛みが増加することがあります。

腰椎椎間板ヘルニアの検査

ラセーグテスト画像

腰椎椎間板ヘルニアの診断には、様々なものがありますが、一番初めに行うのが問診です。

  • 腰の痛み以外に足の痛みやしびれはあるか。それはいつからか?あるとすれば、足のどの部分か?膝から下に症状はあるか?
  • 足の痛みやしびれがある場合、それは後ろ側か前側か?内側か外側か?
  • 痛みやしびれは、どの様な時に強くなるのか?安静にしていても痛いのか?咳やくしゃみで強くなるか?

下肢伸展挙上検査(SLRテスト:膝を伸ばしたまま下肢を挙上し坐骨神経痛を誘発させる)や下肢の感覚低下や、、足の筋力低下等で、整形外科的に診断します。そして、触診やキネシオロジーテストを用いて、最終的に治療の方針を決めていくのです。

【SLRテスト】
左の図は、下肢伸展挙上テストまたは、ラセーグテストと呼ばれる検査法で、正常では70°以上まで疼痛なしに挙上可能ですが、70°未満の角度で坐骨神経に沿った疼痛が誘発された場合を陽性とします。陽性の場合、L4-5、L5-S1腰椎椎間板ヘルニアが強く疑われ、坐骨神経(第5腰椎神経根、第1仙骨神経根)の神経根症状が誘発されるかを確認します。0~30°で坐骨神経の遊びが無くなります。35~70°で坐骨神経痛やしびれの増強があれば、腰椎椎間板ヘルニアによる神経障害を示唆する。

【ブラガードテスト】
SLRテスト陽性にて疼痛誘発後、軽度(5~10°)下肢を下降させ疼痛消失させた後、足関節を背屈させると、再び坐骨神経に沿った疼痛が誘発された場合をブラガードテスト陽性とする。
このテストは、SLRテストの変法で、このテストで陽性を示した場合、腰椎椎間板ヘルニアによる神経障害を示唆します。

【FNST(femoral nerve stretch test) 大腿神経伸展テスト】
患者を診察台の上に腹臥位(ふくがい:うつぶせ)にする。検者は患者の下腿を把持し、膝関節を90°屈曲位として把持した下腿を上方に引き上げることにより股関節を伸展させる。大腿神経に沿った疼痛が誘発された場合、このテストの陽性とします。陽性の場合には、L3-L4椎間板ヘルニアを代表とする上位腰椎間板ヘルニアを示唆する。

※ 高齢者の場合は、SLRテスト、FNSTともに、陰性になる場合が多い。

神経根放散痛感覚障害脱力筋萎縮反射
L1鼠径部
大腿内側
鼠径部
大腿内側
   
L2腰背部
側腹部
大腿内側部
大腿前内側部膝伸展の筋力
低下
大腿四頭筋膝蓋腱
反射低下

 

F N S T

L3腰背部、股関節部
大腿前外側部
大腿前外側部膝伸展の筋力
低下
大腿四頭筋

膝蓋腱
反射低下

F N S T

L4殿部、大腿後外側
部、下腿前面、
足背内側
下腿内側
足趾内縁
足内反位
背屈筋力低下
大腿四頭筋
前脛骨筋

膝蓋腱
反射低下

F N S T

L5仙腸関節の上から
股、下肢外側、足背
まで
下腿下部外
側、1~2趾間
足背
足、拇趾の背
屈低下、
踵立ち困難
中殿筋、膝
屈筋、長母
趾伸筋、長
・短趾伸筋

後脛骨筋
腱反射
低下

S L R

S1仙腸関節の上から
股、下肢後面、足
外縁まで
腓腹部背側、
足趾外縁
足、母趾の底
屈低下、つま
先立ち困難
大殿筋、長
・短腓骨筋
、腓腹筋、
ヒラメ筋

アキレス
腱反射
低下

S L R

腰椎椎間板ヘルニアの治療

腰椎椎間板ヘルニアの治療は、まず正確な検査から始まります。札幌 谷井治療室では、整形外科テスト、触診、キネシオロジーテストなどを、現在の症状と突き合わせ患者様に最適な治療法を選択いたします。腰椎椎間板ヘルニアは、大変デリケートな問題ですので、検査もアジャストも無理のかからないソフトなものを採用しております。

腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎だけの問題ではなく、全身のバランスと密接に関係しています。そのため札幌 谷井治療室では、たとえ腰椎椎間板ヘルニアであっても、頚椎など全身の調整を行います。この事によって、更に腰椎・骨盤のバランスが安定して、腰椎椎間板ヘルニアの回復に必要な環境が整うのです。

札幌 谷井治療室では、腰椎椎間板ヘルニアにとどまらず、全ての治療において、骨をボキボキする様な危険な整体治療法は一切行いませんのでご安心ください。

腰椎椎間板ヘルニアの治療改善例

● 札幌市在住40代男性|事務職|腰椎椎間板ヘルニア

腰部と右側の臀部から脚部(大腿部後面)の激しい痛みが発生、歩行困難のため、杖を突きながら来院。他のカイロプラクティックで匙を投げられ、当院へ来たという経緯。あまりにも痛みが強いため、全身汗びっしょりという状態でした。10回の施術で椎間板ヘルニアから来る症状のほとんどが改善。その後も施術を継続し残りの症状も徐々に軽減。現在は、再発予防のために定期的に整体治療を行っています。

● 札幌市在住30代男性|自営業|他の整体治療院で、ぎっくり腰がなかなか治らない

当院にお越しになりました。疼痛性の側弯が強く、痛みのため日常動作がスムーズに行えないし、趣味のゴルフも出来ないと落胆していました。L5-S1間の椎間板のダメージがありました。腰椎椎間板に無理な力がかからない様に、全身のバランスを調整しました。途中何回か症状の戻りがありましたが、約2か月で腰椎椎間板ヘルニアは完治いたしました。現在は趣味のゴルフ再開に向けて、筋トレも行えるようになりました。現在は月1回のペースで整体治療を行い、腰椎椎間板ヘルニアの再発を防いでいます。

 札幌市在住40代男性|クラブの照明と音響の仕事|腰から左足へに激痛

仕事がら狭いスペースで、背もたれの無い丸椅子に毎日長時間座っての作業が続き、慢性的な腰痛の果てに、腰から左脚にかけての激痛で来院。歩くのもやっとで、倒れ込むような形で当院に到着しました。検査の結果、腰椎椎間板ヘルニアの施術が必要と判断し、これに準じた施術を行う。この様な激しい症状でしたが、回を重ねるごとに、症状は軽快し、腰椎椎間板ヘルニアの症状も楽になったため整体治療を終了。

● 札幌市在住20代代男性|サービス業|腰椎椎間板ヘルニアによる左坐骨神経痛

5年前にL5-S1間の腰椎椎間板ヘルニアになり、その時は、手術をしないで保存的治療のみで治癒したとのことです。今回も、症状の出現部位とMRI所見から、同一部分の椎間板ヘルニアと診断される。
椎間板ヘルニアの再発にショックを受け、病院以外で治療することを考え当院へ来院。キネシオロジーテストで施術箇所を特定し、全身のバランスを整えながら、椎間板ヘルニアの除圧を行う。初めの3回はあまり変化しませんでしたが、その後は徐々に回復し、1か月半後には、ほぼ完治。現在も腰椎椎間板ヘルニアの再発予防に、定期的に整体治療を行っています。

症状別の解説と治療ポイント

腰椎椎間板ヘルニア以外の腰痛や坐骨神経痛などの各種症状は、下のバナーをタップしてください!

TEL 011-261-7866

札幌で腰椎椎間板ヘルニア専門整体治療院なら谷井治療室