ストレートネックとは

ストレートネック

札幌ストレートネックの専門整体治療院、谷井治療室です。ストレートネックとは頚椎の正常な弯曲が失われた状態を言います。上の図の様に頭部の重心が前に移動してしまうため、首の筋肉にかかる負荷が増え、常に首の筋肉が張っている状態になります。この緊張により、更に頚椎が引っ張られ、ストレートネックが悪化してしまうという悪循環に陥ります。

寝違え、ぎっくり首、首が回らない、など、首の痛みの表現はいろいろあります。首は生命にかかわる大切な部位のため特に感覚的にも敏感になっています。

通常は、首のこりや痛みと、肩こりはセットになっており、随伴症状として頭痛、吐き気、めまい、耳鳴りなども伴うことがあります。

肩こりの詳しい説明はこちらから >

現代は、パソコンやスマートフォンの普及で、不自然な姿勢を強いられることが多くなりました。その結果、ストレートネック(スマホ首、ミリタリーネック)の状態になり、これがさらなる諸症状の悪化を招きます。

ストレートネック(スマホ首)のセルフチェック

自分のストレートネックがどの程度なのかをチェックする簡単な方法をご紹介します。

自然な姿勢で壁に背中を付けて立ってください。「頭」「背中」「お尻」「かかと」の4点が、無理なく壁につくのが「正しい姿勢」です。
皆さんどうでしたか? もし後頭部が壁に付かないようなら、あなたはストレートネックかもしれません!

ストレートネックと正しい姿勢
  • 軽度のストレートネック… 普通に立つだけでは壁に頭は付かないが、少し力をいれたら付く。
  • 中程度のストレートネック … 普通に立つだけでは壁に頭はつかないが、後ろ方向にやや強く力を入れたら何とか壁に付く。
  • 重度のストレートネック … 首と頭が大きく前に傾き突き出していて、強い力を入れて壁につけようとしても付かない。

頭の角度が60度前方に傾くと、首には27kgもの力がかかると言われています。スマホやパソコンなどの作業で、首を前に傾けているだけで首の筋肉に無理な力がかかり続けます。その結果、ストレートネック(スマホ首)になってしまうのです。

ストレートネックのメカニズム

正常な頸椎は、約半径17cmの前腕のカーブをもっていますが、これがクッションの働きをして、脳への衝撃を吸収しています。これがストレートネックになると、歩行や運動時の衝撃が、まともに脳へ伝達されてしまいます。

脊柱画像

人の背骨はS字カーブをしています。ただしこれは、直立二足歩行をするようになって、腰椎の前弯が出来て初めて出来上がるので、赤ちゃんにはS字カーブはありません。この腰椎の前弯カーブは、頚椎の前弯カーブと密接な関係があるのです。

ストレートネックの症状と関連疾患

ストレートネックから来る、頭痛や吐き気、めまい、首・肩こりなどは、残念ながら薬では治りません!

本当の原因である頚椎の構造と機能が改善しなければ、これらの症状は改善しないのです。

また、ストレートネックの方は、同時に眼精疲労を訴えることが多いと思います。眼精疲労を起こす原因として、やはり長時間のパソコンやスマートフォンの作業があげられます。これらの作業は、近くの画面を注視するため、副交感神経が活動し、毛様体筋が収縮します。

一方で、体は仕事をするため交感神経が優位となり、相反する活動となります。これにより自律神経のバランスが崩れ更に体調の悪化へとつながるのです。

この様にストレートネックになるような下を向いたままの姿勢は、自律神経のバランスも崩します。人間の感情は姿勢と密接に関係しており、不思議なことに、下を向いてばかりいると気持ちも下向きになって、「うつ」傾向になってしまいます。

  • 頭痛
  • 首の痛み、首が回らない
  • 肩こり
  • 頸椎症、頸椎椎間板症、頸椎椎間板ヘルニア
  • 頸部脊柱管狭窄症
  • 吐き気
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 手や腕の痺れ
  • 寝違いを起こしやすい
  • 枕が合わない
  • くいしばり、歯ぎしり
  • 自律神経失調症
  • うつ、パニック障害

ストレートネックの原因と治療

ストレートネックになる原因の第一は、不良姿勢です。スマホの操作の様に、首を下に向けた状態での長時間の作業がストレートネックの一番の原因になります。

この状態が慢性化すると、頸部の筋肉の緊張が持続し、頸椎を後方に引っ張る力がかかります。これが更なるストレートネックの原因になっていきます。

ストレートネックは、決して元に戻せない不可逆的変化ではありませんが、この状態が長く続いていたり、年齢的に頸椎や椎間板に変性が起こり、構造的に変形が起きてしまうと、難治性になってしまいます。

谷井治療室の整体治療では、ストレートネックに対して、頸椎の治療だけでなく、骨盤や鎖骨、肋骨、頭蓋骨、内臓マニュピュレーションなどを行い、総合的に全身を調整いたします。

ストレートネックで頸椎の構造と機能に異常が生じると、その影響が、胸椎、腰椎、骨盤、頭蓋骨などと、全身へ波及します。これは、それぞれの椎骨やその他の器官が相関関係にあり、相補的に繋がりを持っているからです。

身体は一ヶ所悪い所があると、他の部位でそれを補おうとします。これは、ホメオスタシス(恒常性維持機能)といって、身体を常に一定の状態に保とうとする機能があるからです。

この様な理由から、ストレートネックになると、首だけでなく、全身あらゆるところに、その悪影響の症状が現れます。これらの影響を逆に捉えると、ストレートネックだからと言って、首だけを治しても結果が出ずらいことが分かります。

頸椎の安定には、骨盤の安定は欠かせません。どんな建物でも、基礎がしっかりしていないといけません。

結局、ストレートネックといっても、首だけの問題ではなく腰椎、胸椎、骨盤など全身のバランスが大切になってくるのです。札幌 谷井治療室でも木を見て森を見ずに陥らないよう全身のバランスを整えることが施術の目的です。

また、長い年月をかけてストレートネックになったものを、急に元に戻せというのも無理な相談です。そこで、患者様にも日常の姿勢に気を付けていただき、その他のリハビリとして、タオルを使った首の運動や自分でできる矯正法をお伝えさせていただきます。

東洋医学と頸部の痛みの関係

東洋医学的に首の痛みを考察すると、消化器系に関係の深い「脾経」と「胃経」が強く関わっていることが分かります。

下の経絡図のようにその経絡の流れ(流注:るちゅう)は、頸部に関連しています。

ストレートネックと経絡

実際に、臨床の現場で出くわすのは、首の痛みや寝違えとこれらの経絡との関係です。脾経と胃経は、消化器系に関連し、臓器では膵臓と胃に当たります。消化器系の疲れが、この経絡の流れを悪くし、頸部筋肉の異常緊張を招きます。

これにより、首に痛みや可動制限が起き、ひどい寝違えを起こすこともあります。特に寝際に砂糖のいっぱい入った甘いものを食べると、その傾向が強くなります。寝際の砂糖菓子にはご注意ください!

ストレートネックの予防

ストレートネックは、スマートフォン、パソコン(特にノートパソコン)などの操作で頭を下に向けた姿勢を長く続けた結果起こることが多いのです。ですから、ストレートネックでやってはいけないことは、このように首が前に出た状態の悪い姿勢です。

スマホを操作するときは、顔の高さまでもってくると、首の負担が減り、スマホ首(ストレートネック)の予防に役立ちます。

同時に背中が猫背になる状態も、結果としてストレートネックになりやすくなりますので、これらの不良姿勢にはご注意ください!

自分でできるストレートネックのチェック方法は、壁に腰と両肩をぴったりと付け、その際に後頭部が壁に付かなかったり、あごが上がっていたりしたらストレートネックの可能性が高いです。 予防としては、頭が壁に付いた良い姿勢のままで、両腕を耳に付くまで10~15回ほどゆっくりとバンザイの様に、手をあげる運動をしてください。その時に胸を張るようにすることが大切です!

アゴ押し体操

① 立位でも、座位でもよいので、正しい姿勢で頭をできるだけ前に突き出します。
②次にアゴの先端に指を当て、そのままアゴを後方へ水平に押すことで、頭と首を後方へ水平移動していきます。首の骨がミシミシとかコキコキと鳴るくらい押すのがポイント。
この体操を繰り返すことで、頚椎の関節が正しい位置に戻り、首の筋肉が緩みます。その結果、頚椎の正常な前弯のカーブが回復します。

ストレートネック矯正アゴ出し体操
ストレートネック矯正アゴ押し体操2

一日に何回か行うと効果が持続します。

タオル枕

バスタオルを丸め直径約10㎝くらいの円柱状の枕をつくります。タオルの両端はゴムの髪留めなどで固定すると型崩れを防ぐことができます。これを首の後ろに敷いて仰向けに約3分寝ます。これを1日に2~3回行います。

頚椎の弯曲が作られますので、ストレートネックの矯正になります。この状態で、顔を左右に向けたりするとさらにストレッチ効果が増し効果的です。

ただし、この姿勢で、首や肩、腕などに痛みやしびれが出る場合は無理をしないでください。

ストレートネック矯正タオル枕

入浴で首を温める

お風呂に入った時、首までしっかり浸かることが大切です。首を温めるとストレートネックで疲労した首の筋肉が緩み、不快な症状の緩和に役立ちます。

39~41℃までのぬるめのお風呂に10分くらいゆっくり浸かるのがポイントです。

お風呂の中で、「アゴ押し体操」を行うと筋肉が緩んでいますので大変効果的です。

半身浴やシャワーだけで済ませずに、首を良く温めることが大切です!ただし高血圧の方は、医師に相談してから行ってください。

ストレートネック治療の結論

首は、4.5kg~7kgもの重さの頭を支えています。不良姿勢になると、この何倍もの重さが首にかかることになります。首・肩こり、ストレートネックの予防と改善のためには、正しい姿勢とともに、定期的な整体治療が有効です。

人間の背骨がS字カーブをつくったのは、現時点での進化の最終形だとすれば、S字カーブを失ったストレートネックは、退化ともとらえることができます。

実際に、ストレートネックだと、力学的に頚椎や椎間板に無理な力がかかり、老化・退化・変形が進みます。

人類の進化と退化

頚椎の老化により、頚椎や椎間板が変形し首の痛みや手足の痛みしびれなどが出ることもあります。さらに悪化して、頚椎脊柱管狭窄症を発症しますと、歩行困難、排尿障害などの重篤な状態に至ることもあるのです。

この様な理由から、脊柱の老化を緩やかにするためにも、カイロプラクティックやオステオパシーなどで身体のバランスをとることが大切です!

ストレートネックや、首のズレは、たかが首こり、肩こりと、バカには出来ません。良い首の状態が、全身の良い健康状態と深い関係にあります。皆様もどうぞ首を大切にしてください!

札幌 谷井治療室

〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1ロジェ札幌25-901



TEL 011-261-7866

営業時間

月~金 9:30~19:00

日   9:30~17:00

定休日  水曜・土曜・祝祭日

アクセス:地下鉄大通駅・すすきの駅から徒歩5分

TEL 011-261-7866

ストレートネックの整体治療を札幌でお探しなら谷井治療室