札幌オステオパシー専門整体治療院 谷井治療室


札幌で独自のオステオパシー

札幌オステオパシーの谷井治療室では、独自の視点でと技術でハイレベルのオステオパシーを提供する札幌で唯一の整体治療院です。

オステオパシーとは|札幌オステオパシー 谷井治療室

札幌オステオパシー谷井治療室 アンドリュー・テイラー・スティル画像オステオパシー(Osteopathy)とは、1874年にアメリカミズーリ州のカークスビル在住の医師アンドリュー・テイラー・スティル (Andrew .Taylor .Still)によって創始された治療法です。

スティルは南北戦争の従軍医師であったが、二人の息子と養子を次々と髄膜炎によって亡くし、西洋医学への失望と、自身の無力さに嘆き、それから研究を重ね10年後の1874年にオステオパシーを発表しました。

日本には大正時代にオステオパシーが紹介され、私の出身校である長生学園の長生療術もその影響を強く受けていますし、指圧や整体も多大な影響を受けています。

オステオパシーはギリシア語のOsteon(骨)とPathos(病理、治療)の2つを語源とした造語です。

オステオ(骨)という名前から骨だけをアジャストする手技療法と勘違いされがちですが、関節や靭帯、筋肉などの筋骨格系、、動脈・静脈やリンパなどの脈管系、循環器系、脳脊髄液の循環を含む脳神経系、内臓マニュピュレーションとして扱う、内臓系、宇宙と人体のフラクタル構造を理解し、それを応用したエネルギー系などもオステオパシーの範疇に含まれています。

オステオパシーでは痛みや痺れなどの症状のある患部ではなく、身体全体を解剖学・生理学に基づいて筋肉・筋膜・靭帯・腱・関節・内臓・血管・神経・リンパ・頭蓋骨など全てを診断し、痛みや痺れなどの症状の元となっている部位を手技療法によって施術します。

そして、オステオパシーでは、治療により原因が適切に取り除かれれば、あとは身体が本来持っている自然治癒力が勝手に身体を治し症状を取り除いてくれるものと考えます。

因みに、ケイシーリーディングで数々の人を救ったエドガー・ケイシーの書籍に登場し、ケイシー自身が勧める「整骨医」とは、オステオパシーのことです。

また、ロルフィングなどのボディーワークにもオステオパシーは、多大な影響を与えています。

スティルは、オステオパシー上達のためには、「anatomy anatomy anatomy」と言って、特に解剖学を大切にしました。日本的な言い方をすれば、「一にも、二にも、三にも解剖」ということになり、徹底して解剖学を学びなさいということになります。

また、生理学も含めた広い医学知識を背景に、様々な徒手治療法のテクニックが開発されました。オステオパシーの治療哲学には、以下のものがあります。

  • 1. 身体全体をひとつのユニットとして考える。(肉体・精神・霊)
  • 2. 身体の機能と構造は一体のものであると考える。
  • 3. 身体は自己治癒力を備えている。
  • 4. 自己の自然治癒力を超えた外力または内的な変化が生じた時に病気が発生する。
  • 5. 様々な機能障害を、一つのユニットとして治療することで、健康を回復させる。
  • 6. 構造が機能を決定する。
札幌オステオパシー 谷井治療室 オステオパシー医学校画像
【当時の米国ミズーリ州カークスビルのオステオパシーの医学校】


オステオパシーの主なテクニック|札幌オステオパシー 谷井治療室

  • 直接法
  • 間接法
  • 頭蓋骨調整
  • 筋肉エネルギーテクニック
  • 関節テクニック
  • ストレイン&カウンターストレイン
  • 筋膜リリーステクニック
  • リンパマニピュレーションテクニック
  • 軟部組織テクニック
  • 内臓マニュピュレーション
  • その他
オステオパシーの臨床におけるテクニックは、このほかにも様々なものがありますが、オステオパシーに於いてこれらのテクニックを、臨機応変に状況に応じて使いこなせるかが重要となるため、テクニックに固執することは、かえってオステオパシーの枠を狭めてしまう恐れがあります。

A.T.スティルは、人体をユニットと考え、人を全人的、包括的に捉えていましたので、一つの治療テクニックに患者様をはめ込みそれに固執することは、本来のオステオパシーの哲学に反します。

逆に、オステオパシーは、常に柔軟に一人一人の患者様に対応するため、臨床ではその時、その状況に必要なテクニックが無限に生まれてくるのです。

オステオパシーには創始者のA.T.スティル以外にも多くの傑出したオステオパスがいます。その中でもウィリアム・G・サザーランドが開発したクラニアル(頭蓋骨調整)は、後のカイロプラクティックのSOTや、ジョン・E・アプレジャー,D.O の頭蓋仙骨療法等にも影響を与えた代表的なテクニックです。

カイロプラクティックのテクニックの一つであるSOT(仙骨後頭骨テクニック)の創始者のM.B.ディジョネットは、もともとオステオパシーのドクターで、その知識と技術をカイロプラクティックに持ち込んでSOTを開発したのです。SOTの中にクラニアル(頭蓋骨調整)が存在するのはそのような経緯があります。

また、オステオパシーの名著である、「いのちの輝き」の著者で、アメリカのオステオパシーのドクターであるロバート・C・フルフォード博士の、全人的医療(ホリスティック医学)の観点からの治療観には私も大変感銘を受けました。皆様も是非ご一読をおすすめいたします。!



札幌オステオパシーの谷井治療室では、一人一人の患者様に最も必要とするテクニックを、的確に選択し、腰痛・肩こりだけでなく様々な症状に対処いたします。

オステオパシーはアメリカ発祥の医学ですが、日本人と欧米人では体格、骨格の太さ、食生活、気候風土、歴史、文化、宗教観など様々な違いが存在します。

現在、アメリカのオステオパシーの医師は手術も投薬も認められているため、徒手治療の割合が極端に低下してしまっているというのが現状で、アンドリュー・テイラー・スティルの時代の様にホリスティック医学の観点から手技療法のみで治療を行うオステオパシーの医師は現実問題ほとんど存在していません。

逆に日本のオステオパシーは徒手療法しか認められていないため、純粋にA.T.スティルの理念と技術が残っております。アメリカで生まれたオステオパシーが海を隔てた日本に大正時代に入ってきて、あるものは整体と名を変え、またあるものは療術へと変化しました。

そして、先人や諸先輩方のご尽力によって、戦後再び日本にオステオパシーが紹介されました。A.T.スティルのオステオパシーがこれから日本の地で花開いてゆくと思います。

谷井治療室では、アメリカ発のオステオパシーを日本人の身体に合う様にカスタマイズし病苦に悩む皆様のお役に立てますよう進化向上させています。

日本人の、日本人による、日本人のためのオステオパシーがいま必要とされています!

またオステオパシーを補完する形で、キネシオロジーによる診断と、カイロプラクティック、MTS療法を用い、患者様に更に良い治療を、安全に苦痛が無い状態で受けていただけますよう研鑽を積んでおります。

オステオパシーとカイロプラクティックはよく比較され、「優しい兄と、きかん坊の弟」として形容されます。この様にオステオパシーのテクニックは、比較的ソフトなものが多いので、患者様への負担が少ない安全な治療として皆様に好まれております。

札幌でオステオパシーをお探しなら谷井治療室へ是非お電話ください。オステオパシーを通して体が自然に治ってゆくようにお導きいたします。



011-261-7866
札幌でオステオパシー専門整体治療院なら谷井治療室