札幌カイロプラクティック専門整体治療院 谷井治療室

札幌で独自のカイロプラクティック

札幌カイロプラクティックの谷井治療室では、独自の視点でと技術でハイレベルのカイロプラクティックを提供する札幌で唯一の整体治療院です。

カイロプラクティックとは|札幌カイロプラクティック 谷井治療室

札幌カイロプラクティック 谷井治療室 D,D.パーマー画像カイロプラクティックは1895年にDr.D.D.パーマー(1845年3月7日~1913年10月20日)によって発表された医療です。

カイロ(CHIRO)とはギリシャ語で「手」を意味し、プラクティコス(PRACTICOS)とは「技」という意味で、薬もメスも使わずに手によって病気の根源を取り除く医療です。

パーマーはカナダ西部(現在オンタリオ州)で生まれ、1865年に米国に移り、アイオワ州ダベンポートで、生活をしていました。

1880年頃、アメリカのアイオワ州、ダベンポートでダニエル・デービッド・パーマーは、磁気治療を行っていました。

この時の磁気治療がどのようなものだったのかは詳しくはわかりませんが、私がお世話になったシオカワ・スクール・オブ・カイロプラクティックの塩川満章D.Cによると、患者の悪い部分を、両手で挟んで施術をしていたとのことです。

現存する治療法に当てはめて考えると、外気功療法に近いもので、掌から気を当てていたのではないかと推測します。

当時の時代背景から、メスメルの動物磁気説に基づく施術が行われていたのかもしれません。今から120年以上も前の話であるため、推測の域を出ませんが、パーマー自身は、この治療を行うと、大変疲れるという理由で、何か別な方法を模索していたそうです。

札幌カイロプラクティック 谷井治療室 ハーヴェイ・リラード画像【カイロプラクティックの誕生】1895年9月18日、ダベンポートのD.D.パーマーのオフィスで最初のカイロプラクティックの治療(ファースト・アジャストメント)が行われました。

ハーヴェイ・リラードは、アフリカ系アメリカ人で、D.D.パーマーのオフィスのあるビルの管理人でした。左の肖像が、ハーヴェイ・リラードです。

パーマーがリラードに対して、聴力を失った経緯を訪ねると、彼は、17年前に窮屈なポジションを取った時に、背骨にボキっと音がして、それ以来17年間も周囲の音をうまく聞き取れない状態になったと訴えたのです。

D.D.パーマーは、リラードの脊柱を検査したところ、椎骨の異常を発見しました。その椎骨のズレを治したところ、リラードの聴力が快復したと、パーマーは述べています。

この時のアジャスト部位が一体どこなのかと、カイロプラクターの間でよく議論になりますが、D.D.パーマーは、胸椎をアジャストしたと述べています。

しかし、息子のB.J.パーマーは、この時のアジャストを目撃していて、父親の行ったアジャストは、頸椎2番であったと述べています。

この当時は、医学界の圧力が強く、もしD.D.パーマーが頸椎をアジャストしたと発表したならば、首は大変デリケートで、危険な部位のため、医学界からの糾弾は免れなかったでしょう。そのために、D.D.パーマーは敢えて意図的に、そして保身も含めてアジャスト部位を胸椎としたようです。

その後も、カイロプラクティックに対する、医学界の圧力は強く、D.D.パーマーや多くのカイロプラクターが、実際に投獄されているのです。

D.D.パーマーは、リラードの治療実績などから、背骨と神経の関係について仮説を立てました。

「身体の全ての器官、組織、細胞は神経を通って脳からの電気信号(イネイトインテリジェンス)で制御されている。背骨の不整列(ズレ)が神経を圧迫している(その状態の事をカイロプラクティックの用語でサブラクセーションと呼びます)ことにより、その神経が関わっている身体の機能が不調をきたし、それを背骨の施術(カイロプラクティック用語でアジャストメント)により取り除くことで、身体の機能が回復するのではないか」


『神経の緊張の程度が健康か病気かを決める。病気とは、機能の過多か過少によって生じる状態をいう。』
-D.D.パーマー(カイロプラクティックの創始者)-


札幌カイロプラクティック 谷井治療室 パーマー・スクール・オブ・カイロプラクティック


上の写真は、1910年~1920年頃の、アイオワ州ダベンポートの世界初のカイロプラクティックスクールである、カイロプラクティックのパーマースクールです。

パーマースクールは、D.D.パーマーから、息子のB.J.パーマーに引き継がれました。その後、現在まで数々の有能なカイロプラクターを輩出しています。

カイロプラクティックの主なテクニック|札幌カイロプラクティック谷井治療室

  • ディバーシファイドテクニック
  • HIO (ターグルリコイルテクニック)
  • ガンステッドテクニック
  • トムソンテクニック
  • ピアーズ・スティルワーゲンテクニック
  • 仙骨後頭骨テクニック(SOT)
  • アトラスオーソゴナルテクニック
  • アクティベーター・メソッド
  • アプライド・キネシオロジー(AK)
  • ローガン(ベーシック)テクニック
  • コックステクニック
上記のテクニック以外にも、多くのテクニックが存在します。実際の臨床においては、複数のテクニックを併用するカイロプラクターがほとんどである。


カイロプラクティック哲学

カイロプラクティックの創始者である、D.D.パーマーは、人はなぜ病気になり、なぜ治るのかということを、日々の臨床を通して研究していました。

そして、息子のB.J.パーマーがカイロプラクティック哲学を、確立しました。カイロプラクティックの哲学に、「イネイト・インテリジェンス」という考えがあります。

イネイト・インテリジェンスを、日本語で表現すると、先天的な知能とか、内在する叡智などと呼ばれ、人間が持つ自然治癒力または、生命力を表すカイロプラクティック独自の考えです。

人間は、受精して約280日で出産となりますが、この間に細胞分裂して人間の形になるのも、イネイト・インテリジェンスの働きであり、約280日という期間を決めるのも、イネイト・インテリジェンスです。このイネイト・インテリジェンスの働きが、全身に正しく作用すれば、人は健康でいられ、逆にイネイト・インテリジェンスの流れが滞ると病気になると考えられています。

これらの考え方を基として、カイロプラクティックでは、脳と脊髄神経に着目しました。イネイト・インテリジェンスは、脳から脊髄神経、末梢神経を経て、全身の細胞、組織、器官へと流れていき、生命と健康を維持しています。

この脳と脊髄神経は、頭蓋骨と脊椎によって守られています。この神経伝達に障害が起きると、脳から全身へと流れるイネイト・インテリジェンスが正しく働かなくなり、免疫力、治癒力、適応力の低下を招き、身体の不調や病気を招くと考えます。

この様な状態をカイロプラクティックでは、「サブラクセーション」と呼びます。 英語ではsubluxationと綴りますが、これは医学的な直訳の意味である亜脱臼とは異なり、カイロプラクティック独特の用語です。サブラクセーションとは、骨の問題ではなく、あくまでも椎間関節を通る神経の情報伝達に異常をきたした状態をいいます。


“霊魂、精神そして身体が 存在精神性の根源を造っている、イネイト(産まれ持った身体知の知性)エデュケイテッド(後天的な学習による知性)はふたつの精神性であるが、肉体的に、そして、その周囲の環境的に身体の安定性を追及している。カイロプラクターは身体と同様に知性の異常も矯正している。”      カイロプラクティック創始者 D.D.パーマー


“カイロプラクターは病気を治療、治癒または診断することは無い。他のいかなるシステムと似ていない科学として、カイロプラクターは医師やオステオパスが行なうような意味では病気を治療、治癒または診断する事はない。
カイロプラクターはどの神経がプレッシャーを受けて望ましくない症状を起こしているかを決定する為に、症状の部位を調べる。患者を分析した後で、彼らは混乱した神経を解放する為に脊椎を矯正する。
カイロプラクターは適切な治療を行う為に病気を決定する事を待ったりしない。  
サブラクセイトした脊椎は神経や筋肉にプレッシャーをかけ、それらを興奮させ、より緊張、そして収縮させる原因となる。そして機能的な活動を変化させる。 機能は、プレッシャーゆえに機能亢進または機能低下する。”
      カイロプラクティック創始者 D.D.パーマー


“生命の法則は上から下へ、内から外へ働き、ニ本足の動物でも四本足の動物でもこれは同じである。この事は生命の繁殖、誕生にたずさわってきた。”      B.J.パーマー


“様々な原因で、椎骨がずれることは誰にでも起こりえることであり、それ程大きな問題ではない。
椎骨がずれることによって神経圧迫を起こすことも、大したことではない。
しかし、これらの原因により脳からの生命エネルギーが低下し、組織細胞に十分な栄養、エネルギーが伝達されなくなり、100%の先天的回復力が低下することは大きな問題である。
椎骨のずれを矯正することは、大きな問題ではない。矯正により神経圧迫が取り除かれることもそれほど大きな問題ではない。
しかし、矯正により神経圧迫が取り除かれ脳からの先天的回復力が100%になり健康が取り戻せることは大きな問題である。”
      B.J.パーマー


サブラクセーションはなぜ起きるのか?それには以下の様な原因が考えられます。

  • 外傷
  • 姿勢
  • 食事
  • ストレス

サブラクセーション改善のため、定期的にカイロプラクティックの施術を受け、神経の流れを正常にすることが健康な身体を築きあげるポイントになります。

カイロプラクティック哲学にあるとおり、イネイトインテリジェンスと呼ばれる、生命の根源的なエネルギーの流れを妨げているサブラクセーションを特定するには、キネシオロジーテストと呼ばれる診断法が欠かせません。

このキネシオロジーテストは、谷井治療室の主要な診断法の一つであり、院長の谷井昌幸が最も得意とする診断技法なのです。

また、谷井治療室のカイロプラクティックは、骨をボキボキ鳴らしたり、頸椎を急激に回旋する様な、スラスト法は、一切行いませんのでご安心ください。

札幌で真のカイロプラクティックをお求めなら是非、谷井治療室にお越しください! 正確で安全なカイロプラクティックのテクニックを用いて、皆様の健康増進に貢献してまいります。


011-261-7866
札幌でカイロプラクティック専門整体治療院なら谷井治療室