札幌の腰部脊柱管狭窄症の専門整体治療院 谷井治療室


腰部脊柱管狭窄症とは?|札幌 脊柱管狭窄症 整体治療院 谷井治療室

札幌整体脊柱管狭窄症治療院 谷井治療室画像札幌脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の整体治療専門の谷井治療室です。腰部脊柱管狭窄症は、加齢と生活習慣と体質が絡み合って起きる腰椎変性疾患です。

脊髄神経の通る脊柱管ならびに神経根の出口である椎間孔付近が様々な理由で狭くなったため、脊髄神経が圧迫・絞扼され、腰から臀部や下肢への痛みやしびれ、麻痺、冷感、排尿障害などが発生するものです。

脊柱管が狭くなくても、同様の症状が出たり、逆に脊柱管が狭いのに症状が出ない場合もあります。また、手術をしても結果が芳しくないものもあるのです。

たしかに排尿障害などの膀胱直腸障害がある場合や、長期間放置して徐々に悪化し痛みやしびれ、麻痺の程度も強く、歩行障害も強いものなどは手術の対象になりますが、それ以外のケースでは谷井治療室の施術で、症状の改善が望めるものも多々あります。

腰部脊柱管狭窄症は、明確な診断基準が無く、MRIなどの画像のみでは診断できません。腰部脊柱管狭窄症は、多彩な症状を呈するために、脊椎外科の専門医であっても、神経根型、馬尾型、混合型の分類を正確にできるとは限らないといわれています。

腰椎変性疾患(脊柱管狭窄症、ヘルニア、辷り症など)は、病院で手術をしても再発を繰り返しやすい疾患です。特に脊柱管狭窄症の再発率は高いのです。

当院で施術して脊柱管狭窄症の症状が改善されても、それを機に施術に来なくなってしまい、しばらくしたらまた再発して当院にご来院くださる方もいます。

症状の改善と、予防という意味でも、定期的な施術が欠かせない疾患です。


011-261-7866

札幌 脊柱管狭窄症 整体治療院なら谷井治療室

脊柱管狭窄症の主な症状 |札幌 脊柱管狭窄症 整体治療院 谷井治療室

  • 太ももからふくらはぎやすねにかけて、痛みやしびれがある。
  • 痛みやしびれは、しばらく歩くと強くなり、休むと楽になる。(間欠性跛行)
  • しばらく立っているだけで、太ももから、ふくらはぎや、すねにかけて、痛くなったり、しびれたりする。
  • 前かがみになると、痛みやしびれは楽になる。
  • 主に60歳以上の方に、脊柱管狭窄症の発症が多い。

脊柱管狭窄症以外でも、長く歩くと、下肢に痛みや痺れの出る間欠性跛行を呈する疾患があります。それは、閉塞性動脈硬化症という病気で、動脈硬化などで下肢の動脈が詰まって血流が悪くなると、下肢に十分な血流が確保できず、栄養と酸素が不足して、間欠性跛行に繋がるのです。糖尿病の既往がある方や、喫煙者は、これらのリスクが高くなります。


011-261-7866
札幌 脊柱管狭窄症 整体治療院なら谷井治療室

脊柱管狭窄症の解剖|札幌 脊柱管狭窄症 整体治療院 谷井治療室

札幌整体脊柱管狭窄症治療院 谷井治療室脊柱画像札幌整体脊柱管狭窄症治療院 谷井治療室脊柱画像


上の図は、脊柱の側面図になります。人の脊椎は頸椎7椎、胸椎12椎、腰椎5椎、仙椎5椎、尾椎3~6椎の椎骨で構成されます。

札幌脊柱管狭窄症整体治療院 狭窄症画像

Posted from Wikipedia

上の図は、脊柱管狭窄症のCG画像ですが、椎弓の内側に変形が起きて脊髄を圧迫しているものです。この図の脊柱管内の脊髄は、第1~2腰椎の高さで終わり、脊髄の下端から下肢へ延びていく脊髄神経根はしばらく脊柱管内を走行したあと、それぞれの高さから分岐します。この腰仙部の脊髄神経根の束は馬の尾っぽに似ていることから、馬尾(ばび)神経と呼ばれています。

札幌整体脊柱管狭窄症治療院 谷井治療室腰椎画像

こちらの図は、脊柱管が側面から見えるように開いたものです。赤の斜線部が脊髄神経の通る脊柱管です。

札幌整体脊柱管狭窄症治療院 谷井治療室椎体画像


この図は、椎骨と脊柱管を上から見たものです。斜線部の丸い穴が脊柱管で、この部分が何らかの理由で狭くなり、脊髄神経を圧迫し痛みやしびれなどの症状を発するのが脊柱管狭窄症とされています。

しかし実際の臨床では、それ以外の原因で同様の症状が出ていることもありますので、必ずしも、[脊柱管が狭い]⇒[痛み・しびれが出る] との短絡的な関係は成り立たないのです。

生まれつき脊柱管の狭い人がいます。人体は個体差があるため脊髄神経の通る脊柱管のスペースに余裕のある人と、そうでない人に分かれます。腰椎椎間板が加齢変化で後ろに出っ張ると、脊柱管に余裕のない人は、神経根が圧迫を受けやすくなります。

つまり、軽度の椎間板ヘルニアでも神経根の圧迫が強くなり、坐骨神経痛が起こるのです。また、神経根の後ろの骨と神経の間には黄色靭帯があり、この靱帯は加齢と共に厚みを増していくので、もともと狭い神経の通路が加齢変化でも狭くなります。そのため神経の通路の狭い人では、加齢と共に増々、椎間板の影響が神経根に出やすくなるのです。

この様に脊柱管狭窄症には、生まれつきなりやすい人と、そうでない人がいるのです。

脊柱管狭窄症の発生原因は、実際、骨や、椎間板、靭帯、瘢痕組織によって神経が圧迫・絞扼された状態が複雑に絡み合っているのです。


011-261-7866
札幌の脊柱管狭窄症 整体治療院なら谷井治療室

脊柱管狭窄症の治療|札幌 脊柱管狭窄症 整体治療院 谷井治療室

脊柱管狭窄症で、下肢に痛みやしびれがあり長時間の歩行ができない状態(間欠性跛行:かんけつせいはこう)で、手術を勧められている方でも、あきらめないでください。

骨格バランスや、筋肉や筋膜の調整などで改善することも多々あります。たとえ脊柱管が狭くなっていても、バランスが良くなり血流が改善しますと、マクロファージの働きなどで、不必要な部分が削られ脊柱管狭窄が改善することもあるのです。

脊柱管狭窄症の治療で重要になる部分を、以下にお示しいたします。

まずは、仙腸関節の調整が大切になります。仙腸関節の調整もキネシオロジーテストにて、細かく調整ポイントを選定し、確実に調整いたします。

札幌脊柱管狭窄症整体治療院 谷井治療室 骨盤イラスト


仙腸関節は脊柱の土台になります。体重を支える役割とともに、衝撃吸収の免震構造的な役割もあるのです。

「元定まれば、末おさまる」のとおりで、とても大切な部位です。

上の動画は建物の免震構造の模型による実験ですが、この免震構造の役割を仙腸関節が担っているのです。仙腸関節の正常な機能が失われると、この免振機能がなくなり、そのブレが脊柱や頭蓋骨に波及してしまいます。

札幌脊柱管狭窄症整体治療院 谷井治療室 大腰筋イラスト


上図は大腰筋と腸骨筋です。特に大腰筋は脊柱管狭窄症の治療に欠かせない部位で、ここの調整が正しくなされているかが結果を左右する重要なポイントです。

札幌脊柱管狭窄症整体治療院 谷井治療室 腰方形筋イラスト


上の脊柱起立筋群の図中にある腰方形筋も腰部脊柱管狭窄症の治療には欠かせません。表の大腰筋、裏の腰方形筋と表裏で重要な筋肉となります。

札幌脊柱管狭窄症整体治療院 谷井治療室 臀筋イラスト

脊柱管狭窄症の患者様の特徴の一つとして、体が硬い事があげられます。特に臀部の筋肉と、半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋のハムストリング( 大腿後面の筋肉の総称。Ham = もも肉 )が硬く、これらの筋群の硬さが腰部への負担を増加させています。

札幌脊柱管狭窄症整体治療院 谷井治療室 梨状筋イラスト


この図は臀部の筋肉群です。大臀筋や中臀筋、梨状筋、大腿筋膜張筋など、とても大切な部位で、腰部脊柱管狭窄症の重要な施術ポイントになります。

これらもすべて、キネシオロジーテストにてチェックし、必要なところを調整いたします。

脊柱管狭窄症は、近年増加傾向にある疾患です。その原因は、運動不足と長時間の座位を強いられる現代生活にあると思います。

当院では多くの改善例がありますが、残念なケースも経験しております。せっかく脊柱管狭窄症の症状が改善したのに、患者様がそれで治療に来なくなってしまい、案の定再発してしまうケースです。

脊柱管狭窄症などの腰椎変性疾患は、再発のリスクがとても高く、どんな治療をしても将来の状態までを保証するものではありませんが、施術をしないでおくと確実に再発率は高くなってしまいます。このような場合は再発を繰り返すたびに状態は悪化し、難治性に移行してしまいます。

脊柱管狭窄症は、加齢にともなう老化・退化病変です。ほおっておいても、患部は日々老化して、状況は悪くなっていきます。この悪化のスピードを少しでも抑え、願わくは脊柱管狭窄症の諸症状が改善しますよう、適切に整体治療を施していきます。

「喉元過ぎれば・・・」にならない様に、定期的な施術が重要な疾患です。

札幌の谷井治療室に、脊柱管狭窄症の整体治療に行って良かったと、思っていただけますよう誠心誠意、施術させていただきます。


011-261-7866
札幌 整体 脊柱管狭窄症 治療院なら谷井治療室

脊柱管狭窄症の治療例|札幌 脊柱管狭窄症 整体治療院 谷井治療室

● 札幌市在住70代男性|無職|2か月前から右脚に痛みと痺れが出て、室内でも杖なしでは歩けない。

この方は、数年前に病院で脊柱管狭窄症の診断を受けておりましたが、自覚症状が軽かったためそのまま数年放置していた。2か月前から突然症状が強くなり歩行困難となったため当院を受診。上半身の右への大きな傾きがあり、強い間欠性跛行でほとんど歩けない状態でした。仙腸関節、腰椎、腰方形筋、大腰筋、頸椎などキネシオロジーで反応のあるポイントを施術。ほとんど歩けないところから、徐々に歩けるようになり、その後は、1時間位は休まずに歩けるまでに快復!なんと、円山登山にも行けたそうです。現在も定期的な施術を実施し、更なる改善を目指している。 脊柱管狭窄症のストレッチをご指導させていただき、ご本人様もまじめに実施していることが、症状の改善にプラスに働いていると思います。

● 札幌市在住70代男性|観光ボランティア|100メートル位歩くと右の臀部から右大腿後部への痛みで歩行困難になる。

観光ボランティアのお仕事で、立ちっぱなしや広範囲を歩くことが多いが、右の坐骨神経痛で仕事が困難になる。特に右の臀部に強い痛みがありました。脊柱起立筋が非常に硬くなっており、腰部の循環不良がうかがえる。仙腸関節と腰椎椎間関節の可動性を付ける施術を行い、回を重ねるごとに症状が改善する。現在は、一月に一回の施術で、予防に努めています。

● 札幌市在住80代女性|無職|脊柱管狭窄症による間欠性跛行で200メートル位しか歩けない。

80代後半の女性で脊柱管狭窄症以外は健康状態も良い状態でした。ご本人様はもう年だからと半ばあきらめ気味でしたが、仙腸関節、腰椎、腰方形筋、大腰筋、頸椎、関連筋膜などすべてを調整しました。約2か月でほぼ完治。

011-261-7866
脊柱管狭窄症 整体治療院なら札幌 谷井治療室


症状別の解説と治療ポイント|札幌 脊柱管狭窄症 整体治療院 谷井治療室