札幌整体ぎっくり腰専門治療院 谷井治療室


札幌で独自のぎっくり腰整体治療!


ぎっくり腰とは?|札幌ぎっくり腰整体治療院 谷井治療室

札幌整体ぎっくり腰専門治療院 谷井治療室札幌ぎっくり腰整体治療専門の谷井治療室です。札幌でも他にはない独自のぎっくり腰の整体治療を行っています。ぎっくり腰とは急性腰痛症とか腰部捻挫と呼ばれるもので、欧米では、Hexenschuss(独:ヘキセンシュス )と言われ、訳すと「魔女の一撃」となり、まさしく言いえて妙な表現だと思います。

実はぎっくり腰という呼び方は、病名ではなく症状名なのです。逆に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの呼び名は、れっきとした病名です。ぎっくり腰はレントゲン画像でわかるような特定の原因や病態があるわけではなく、病院の検査でも原因がわかりずらいのです。ぎっくり腰の事を急性腰痛症や腰部捻挫などと呼ぶこともあります。

一般的には、腰椎椎間関節の捻挫・腰部筋肉の損傷・腰部筋膜の損傷などが直接的な、ぎっくり腰の原因として考えられています。よく身体または筋肉が硬い人がぎっくり腰になりやすいといわれますが、私の臨床上ではそんなことはありません。体操選手や立位体前屈テストで床に掌がベッタリと付くような方でも、過去に何回もぎっくり腰を起こしている方もいます。この様なケースでは、部分的な過可動性(異常に大きな可動性)のある腰椎椎間関節などが考えられます。

ぎっくり腰は、何の前ぶれもなく急に動けないほどの激痛に見舞われるものから、数日前から腰の違和感や痛みなどの前兆のあるものもあります。また、症状の程度も痛みが強く全く動けないものから、何とか動けるものまで様々です。

「腰」という字は、「月:にくづき」+「要:かなめ」と書くように、腰は体の要です。胃が痛かったり、頭が痛くても立ち上がることはできますが、ぎっくり腰になってしまうと、本当に立ち上がれない程になることもあります。腰は人が直立する上でそれほど大切な部分であり、本当に大切な要なのです。この要の機能が急激に壊れた状態が、ぎっくり腰なので、谷井治療室では札幌で独自の、ぎっくり腰に特化した整体治療による適切な施術を行い、一日も早く、ぎっくり腰が治癒できますよう全力でサポートいたします!


011-261-7866
札幌のぎっくり腰専門整体治療院なら谷井治療室

ぎっくり腰の原因 |札幌ぎっくり腰整体治療院 谷井治療室

  • 重いものを持った。
  • 体を急にひねった
  • 太り過ぎ
  • 筋肉の疲労
  • 悪い姿勢
  • 咳やくしゃみ
  • 洗顔で前かがみになった時
  • 靴下やストッキングをはこうとした時
  • 掃除機をかけていて
  • 椅子から立ち上がろうとした時
  • 過度の精神的ストレス

私の臨床上でのその他の変わったぎっくり腰の原因としては、人に不意に驚かされたときや、他人と口論となり激高した時に、ぎっくり腰になった人などストレスや心理的要素も関与しているものもありました。

その他のぎっくり腰の原因は、冷えとも関係があり、谷井治療室のある札幌市や札幌市近郊は、寒冷地のため冬場のぎっくり腰が多くなります。冷えによる足腰の血行不良に加えて、除雪などの無理な姿勢と筋肉疲労の蓄積が原因となります。また夏場でも冷房による冷えや、アイス、ジュース、ビールなどで冷えた場合に、ぎっくり腰の素地となることもあります。

東洋医学的にも、ぎっくり腰は腎経(じんけい)と関係が深く、腎は冷えに弱いため、冬場のぎっくり腰のもう一つの原因になっています。

東洋医学では、腰は、主に膀胱経と督脈が循る所ですが。腎経も貫き、また、横を胆経が走っています。腰は腎の腑であり、腰は腎の都会であると言われる位に腎の病気の顕現するところです。


「鍼灸重宝記」には、腰は一身の大関、六経の懸るところ、


太陽(膀胱経)の腰痛は、項背尻に引きせなか重し。(項背部から臀部にかけて重苦しく痛みます)


陽明(胃経)の腰痛は、左右へかへりみられず強りかなしむ。(体を左右にひねることができないのが特徴)


少陽(胆経)の腰痛は針にて皮をさくがごとし俛仰ならず。(鍼でチクチク刺される様な痛み方が特徴で寝返りができない)


太陰(脾経)の腰痛は、熱して腰に横木あるが如く遺尿す。(腰の中に横木が入っているように重苦しく痛む)


少陰(腎経)の腰痛は、張弓のごとく、黙々として心わるし。(腰が突っ張ってまるで弓の弦の様です)

腎経による腰痛は背骨に近い所で、深部に痛みが出ます。

実際の臨床では、これらが複合して、ぎっくり腰の症状が出ますが、冷え、寝不足、過労、ストレスなどで、腎の気が虚に傾いた場合の、ぎっくり腰への影響は強いのです。

札幌や札幌近郊は、寒冷地のため冷えから来る腎虚によるぎっくり腰が多く、谷井治療室では独自の整体治療でこれら北国特有のぎっくり腰にも対応しています。

また、ぎっくり腰を繰り返している方の中には、自分専用のコルセットをお持ちの方がかなりいます。腰痛の有無にかかわらず、常にコルセットを装着している方がいますが、これでは腰椎を支える筋肉の弱体化が進行してしまうのでお勧めいたしません。コルセットに頼ると、脊柱起立筋や大腰筋、腹筋群などが弱くなり、かえってぎっくり腰を起こしやすくなってしまうのです。

適切な整体治療と、正しい姿勢と体の使い方、正しい筋力トレーニングとストレッチが、ぎっくり腰の予防には欠かせませんので、これらのアドバイスもさせていただきます。


011-261-7866
札幌整体ぎっくり腰専門治療院なら谷井治療室

ぎっくり腰の解剖 |札幌ぎっくり腰整体治療院 谷井治療室

ぎっくり腰で痛みが出る部位は、その名の通り腰部になります。その関連筋は背部では脊柱起立筋群や、その筋肉を包む筋膜などで、中でも臨床上重要な意味を持つのが、腰方形筋(ようほうけいきん)になります。(下図参照)

これらの筋肉や筋膜の損傷によってぎっくり腰になるケースがあると考えられています。筋肉は疲労が蓄積すると柔軟性が低下し、筋力が低下します。このような状態がぎっくり腰の素地になります。

また、ぎっくり腰になりやすい人は、特有の筋肉の緊張を持っています。腰の筋肉を触診するとすぐに判ります。これにより、ぎっくり腰になりやすい人はそうでない人に比べ、腰の筋肉の疲労が早く起きたり、脊柱の歪みが発生しやすく、結果的に身体バランスを崩してしまいます。

札幌ぎっくり腰整体治療院 谷井治療室 背部骨盤筋イラスト

腹部の筋肉で重要となるのが大腰筋と腸骨筋です。これらの筋肉に左右の緊張のアンバランスなどがあると腰椎が歪み、その結果として椎間板や椎間関節、背部の筋肉にも負担がかかります。これが様々な腰痛やぎっくり腰の誘因となっています。大腰筋は深部の筋肉で、通常の指圧・マッサージでは見逃してしまいがちな筋肉です。

札幌ぎっくり腰整体治療院 谷井治療室 大腰筋イラスト


腰椎の椎間関節の問題は、椎間関節を包む関節包が引き伸ばされ炎症を起こしていると考えられます。腰椎椎間関節とそれを包む関節包は、脊柱のS字カーブが正常に保たれている状態がニュートラルの状態です。

しかし、不良姿勢や腰方形筋、大腰筋の異常な緊張などにより脊柱の湾曲に異常をきたすと、関節包には無理な張力がかかり続け、関節包並びに椎間関節に捻挫や炎症を起こしやすくなり、その結果としてぎっくり腰になります。

札幌整体ぎっくり腰治療院 椎間関節画像



札幌ぎっくり腰整体治療院 谷井治療室 椎間板画像

上の図は、腰椎椎間板を示したものです。

腰椎椎間板の繊維輪に断裂が起きることによって、ぎっくり腰になる椎間板性疼痛の問題があります。以下のデータは日本腰痛学会誌からの抜粋になります。

ぎっくり腰で、椎間板内への局所麻酔剤の注入によってその痛みが取り除かれたものを椎間板性疼痛とし、その特徴と発症の仕組みを調べたそうです。その結果、ぎっくり腰で来院した23例の中で、椎間板性疼痛と診断されたのは16例 (70%) でした。平均年齢は36歳と比較的若く、日常の何気ない動作で発症した症例が10例 ( 63% ) と多かった。

椎間板造影像では後方線維輪までの放射状断裂が全例にみられたが,硬膜外腔への流出像は2例 ( 13% )にしかみられなかった。MRI 画像では椎間板の変性が全例にみられ、椎間板性 「ぎっくり腰」の多くは、放射状断裂を呈する中等度の変性椎間板において、椎間板後方線維輪の肉芽あるいは瘢痕組織に置換された無症候性断裂部位に、体動による再断裂が生じることで発症していると思われる. (出典:日本腰痛会誌より)

この様に、ぎっくり腰の原因として椎間板性疼痛が7割もあるという驚きの結果が出ています。また、ぎっくり腰を繰り返していると椎間板の繊維輪の断裂が広がり、髄核の脱出を招きます。その結果として腰椎椎間板ヘルニアに移行するケースもあります。

ただ、この椎間板性疼痛も、ある意味、結果であり、なぜ椎間板に断裂が起きたのかという更なる「ぎっくり腰」の原因は、以下に述べる仙腸関節の機能障害などが考えられます。

ぎっくり腰の患者様は、多くの場合、立位で腰が伸びない前傾姿勢や、左右への傾きである側彎を示します。身体は痛みが起こると、その痛みを軽減しようと無意識に防御的に反応するためです。ぎっくり腰の整体治療を適切に行うことで、これら脊柱の湾曲も正常に戻ります。

以上のようにぎっくり腰の原因についてまとめましたが、この他に臨床上最も重要な部分があります。それは仙腸関節です。仙腸関節については、以下ををご覧ください。

札幌ぎっくり腰整体治療院 谷井治療室 骨盤イラスト

特にぎっくり腰改善のキーになる部位が、骨盤の仙腸関節(せんちょうかんせつ)です。仙腸関節は以前は不動関節と考えられておりました。仙腸関節自体を動かすことを目的とした主動筋を有さないため、構造的には外力によって受動的に動かされる関節で、現在は数ミリ動く可動性のある関節と認識されています。上図の様に仙腸関節は上方から脊柱を通り仙骨にかかる自分の体重と、脚から股関節を通り抜けて骨盤にかかる圧力が交わる部分で別名、体重軸受部(Weight bearing)と呼ばれ、強い力のかかる関節なのです。そのため、仙腸関節の機能障害があるとその強い力によって、炎症が発生し、仙腸関節炎を起こしてしまいます。

骨盤は脊柱の土台です。仙腸関節の微細な動きは、ビルの土台の免震構造と同じような働きをしています。

上の動画はビルの耐震実験の様子です。左が免震構造の建物で、土台の部分が人の仙腸関節(仙骨と腸骨)に相当し、ビルの部分を脊柱とお考えください。

この様に仙腸関節に正常な機能や可動性があれば、脊柱、椎間関節、椎間板、ぎっくり腰関連筋群に無理がかかりません。逆に仙腸関節の動きが悪くなると、脊柱や椎間板などに無理がかかり結果として、ぎっくり腰が発生してしまいます。

ちょっと話が横道にそれますが、世界最古の木造建築といわれる法隆寺の五重塔にも心柱(しんばしら)という免震構造が存在し、人の仙腸関節の様な働きをしています。日本一の高さを誇る、京都の教王護国寺五重塔(東寺):54.84m(1644年)の心柱も同様で、東京のスカイツリーにもその原理が応用されています。


011-261-7866
ぎっくり腰専門整体治療院なら札幌 谷井治療室

ぎっくり腰の整体治療と予防|札幌ぎっくり腰整体治療院 谷井治療室

ぎっくり腰は安静にしていれば一週間くらいで痛みの大部分は軽快することが多いのですが、これは単に急性の炎症が治まっただけで根本的には治っておりません。

「何故ぎっくり腰が起きたのか?」 という本当の原因がまだ残ったままなのです。火事に例えると大火は消えたが、火種がくすぶっている状態です。そのため、ぎっくり腰は再発を繰り返しやすいのです。そして、ぎっくり腰の再発は、繰り返せば繰り返すほど椎間板などのダメージが蓄積し、その結果椎間板ヘルニアなどに移行してしまう場合もあるのです。

実際に、ぎっくり腰でご来院した患者様の中にも、椎間板ヘルニアへの移行期の方もいます。

また、脊柱管狭窄症などの腰椎変性疾患も、ぎっくり腰の起こりやすい状態が長期に放置された結果として発症することもあるのです。火事はボヤのうちに消火するのが決め手ですが、それはぎっくり腰にも当てはまります。

谷井治療室では、ぎっくり腰の専門治療を体系化しております。ぎっくり腰の様な急性腰痛症は、慢性の腰痛症とは違う治療法が必要になります。何故ならば、ぎっくり腰はある意味で組織の破壊をともない、強い炎症反応を示しているからです。簡単に言えばケガをしている状態なのです。

治療ポイントは仙腸関節をはじめ、腰椎、頸椎、大腰筋、腰方形筋などすべての関連個所をキネシオロジーで調べ調整いたします。施術用のトムソンテーブルも電動昇降式ですので、ぎっくり腰の方も楽に、そして安全に施術が受けられます。

過去に何度もぎっくり腰を起している方に聞くと、ぎっくり腰を起こす前に腰の張りや痛み、違和感などの前兆があったという方が多いのです。この段階を放置していると、ある日突然ぎっくり腰になり、痛みで動けなくなるのです。この様なことからも、ぎっくり腰の前兆を見逃さずに治療をすることが大切なのです。

一度ぎっくり腰になってしまうと、治癒するのに時間がかかりますし、何より痛い経験をしなくてはなりません。壊れてから治すよりも、壊れる前に整体治療で体のバランスをとることが最良の方法なのです!

ぎっくり腰の整体治療に際し、指圧やマッサージはどうかと、お考えになると思いますが、腰部の筋肉や筋膜の緊張が強いものは、ある程度の効果を示します。

しかし、仙腸関節など肝心な部位が機能不全を起こしているままだと、またすぐに元の状態に戻ってしまいます。仙腸関節を中心とした根本的な整体治療が、ぎっくり腰治療の鍵となります。

また、ぎっくり腰に対し整体、カイロプラクティック、接骨院などで行われる、腰椎や仙腸関節に対して行われる骨をボキボキ鳴らす荒治療(スラスト法)は、かえって炎症を増加させる場合もありますのでお勧めできません。

消炎鎮痛剤は、確かにぎっくり腰に伴う痛みの軽減に役立ちます。けれども痛みがなくなると無理をして動いてしまう人がいます。この様な方は患部の炎症がまた悪化してしまいます。これは鎮痛剤で一時的に痛みを抑えているだけで、ぎっくり腰の患部の傷はまだ癒えていないからです。また、胃腸の弱い方は飲み薬による粘膜の荒れを起こす場合もありますのでご注意を!

湿布薬も痛みの軽減には効果がありますが、飲み薬と同じく、ぎっくり腰の痛みが減ったからといって動きすぎると、かえって回復を遅らせてしまいます。

椎間板ヘルニアやそれに伴う坐骨神経痛でもそうですが、少し症状が良くなると急に元の生活の様に仕事量を増やしてしまう方がいます。この様な方は再発のリスクが高く、なかなか改善しないものです。ぎっくり腰の急性期は激しい痛みでほとんど動けないこともありますが、回復期になると体を動かせるようになるため、やはり無理をする方がいます。ぎっくり腰の回復のためには、適切な治療と安静が必要で、動けるようになっても徐々に活動量を増やすことです。

頻繁に再発を繰り返したり、治りづらいぎっくり腰、下肢への痛み痺れを伴うぎっくり腰は、腰椎椎間板ヘルニアもしくは、椎間板ヘルニアへの移行期の状態が考えられます。「札幌|谷井治療室」では、問診、触診、整形外科テスト、キネシオロジー等の検査法によって、ぎっくり腰の状態を鑑別し、適切に整体治療を行います。いずれにしてもこのようなケースでは、同じぎっくり腰でも重症度が高いため、慎重かつ段階的な施術を必要とします。

ぎっくり腰の炎症が強い時は、入浴により炎症が増して痛みが強くなることもありますが、殆どのぎっくり腰は、逆にお風呂に入った方が血行が良くなり、回復が早まります。

アルコールに関しては、ぎっくり腰の痛みが強い間は控えた方がいいでしょう。アルコール以外でも冷たい飲み物でお腹を冷やすことは、ぎっくり腰の回復に大切な血流を悪くするので禁物です!

最後に腰痛治療の項でもお伝えしたように、ぎっくり腰の整体治療は、仙腸関節を抜きにして腰痛治療の目的は達せられないでしょう。仙腸関節は関節包内運動と関節包外運動の両面の機能が回復しないと、ぎっくり腰だけでなく、椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛など腰痛関連の疾患は改善いたしません。ぎっくり腰も含め「全ての道はローマに通ず」の如く、「全てのぎっくり腰は仙腸関節に通ず」なのです。

ぎっくり腰は、再発があることを前提にして整体治療を考える必要があります。椎間板の変性など、腰椎変性疾患は、腰椎が加齢変化を進める中で発生する病気ですので、ほおっておいても老化、退化は進行していきます。

整体治療で、ぎっくり腰や、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などの腰痛関連症状が治癒し楽になっても、当然ながら、これが生涯に渡って安泰となることはありません。

整体治療で大切なことは、ぎっくり腰の症状を根本的に改善する治療のサイクルと、一度良くなったものを維持管理する、予防のサイクルです。せっかく良くなったのに、整体治療を受けに来られなくなり、しばらくしてから再発し、また治療に来る方もおります。大概は、以前よりも悪い状態になっているのです。ぎっくり腰は再発を繰り返すほど、瘢痕化などが進み、難治性になって、腰椎椎間板ヘルニアに移行してしまいます。

自分だけは大丈夫だと、高を括ることなく、定期的に整体治療を受けることを、お勧め致します。その理由は上記した通りです。

札幌の谷井治療室に、ぎっくり腰の整体治療に行って良かったと思っていただけますよう誠心誠意、施術させていただきます。


011-261-7866
札幌の整体で ぎっくり腰専門治療院なら谷井治療室

ぎっくり腰の治療例|札幌ぎっくり腰整体治療院 谷井治療室

● 札幌市在住30代男性|営業|毎年ぎっくり腰を起こし、営業で北海道内を広範囲に車で回るため、長距離運転に伴う腰痛が慢性化。

腰部の筋肉の緊張が強く、それとともに腰椎の側屈と捻転をともなう典型的なぎっくり腰タイプの状態でした。これでは腰に疲労がたまりやすく、腰部の筋肉が疲労すると、すぐにぎっくり腰を発症してしまうため、まずは仙腸関節の歪みを治しました。
そして、腰椎の歪みも治し全身の重心バランスを調整することで、ぎっくり腰の頻度が激減。過去のぎっくり腰への恐怖心もあり、ご本人様の希望で月に数回の定期的な施術を実施しています。

● 札幌市在住60代女性|美容師|立ち仕事から来る腰への負担によって腰痛になり、ひどい時はぎっくり腰になってしまう。

美容師というお仕事柄、無理な姿勢を長時間強いられ、着付けなど力を使う仕事も入るため、腰部の疲労がかなり溜まっていました。キネシオロジーで問題の箇所を調べ、仙腸関節、腰仙関節などの歪みを治し、重力に対するバランスの回復を図った結果、腰痛ならびに、ぎっくり腰が改善しました。

● 札幌市在住20代女性|エアロビクスインストラクター|過去に何度も、ぎっくり腰を起こしている。

レッスン中にぎっくり腰になる。骨盤と腰椎の歪みが強く、カイロプラクティックのSOT骨盤ブロックにて、仙腸関節を中心とした歪みを調整。年齢的に若く、筋肉もしっかりして体幹部を支える力も強かったため、その後の定期的な施術によって、ぎっくり腰は一度も起こさなくなった。

● 札幌市在住30代女性|事務員|学生時代から現在まで数度のぎっくり腰を繰り返す。

仕事中にぎっくり腰になり、歩行も困難で杖を突いて来院。立位で体が大きく右に傾き、立っているのもやっとの状態。キネシオロジーテストで調べると、右の仙腸関節に強い反応があり、この部位と頚椎を中心に施術。一回目の施術で重心バランスがかなり改善し、立位の姿勢と歩行も改善される。その後3度の施術で完治。ぎっくり腰の再発予防のため定期的に通院中。

● 札幌市在住40代男性|会社員|朝食後に椅子から立ち上がろうとしたら、ぎっくり腰になった。

数日前から腰の張りがあり、以前にも何回かぎっくり腰を起こしていたため注意していたそうです。その日の朝も何となく腰の違和感を感じていて、朝食後椅子方立ち上がろうとしたら突然ぎっくり腰になり動けなくなりました。来院時、立位での姿勢も大きく歪み、腰部脊柱起立筋の緊張も強い状態でした。仙腸関節を中心とした施術を行い、3回の施術でぎっくり腰は、ほぼ完治しました。



011-261-7866
札幌でぎっくり腰整体治療院なら谷井治療室


症状別の解説と整体治療のポイント|札幌ぎっくり腰整体治療院 谷井治療室